今日のアクセス数:

■掲示板に戻る■ 全部 1- 101- 最新50    

板追加・機能追加・バグ報告スレ Part.1

1 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/09(金) 18:24:52.29 ID:MTBhYjY0
タイトルの通り

2 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/09(金) 18:53:54.02 ID:MTBhYjY0
てす

3 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/09(金) 18:54:35.32 ID:MTBhYjY0
>>2を投稿するのに30分以上かかった()

4 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/09(金) 19:17:18.33 ID:MTBhYjY0
続きは明日にしよ

5 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/09(金) 19:23:58.16 ID:MTBhYjY0
専ブラ対応はまだ

6 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/09(金) 19:24:59.62 ID:MTBhYjY0
しばしお待ちを

7 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/09(金) 19:28:19.38 ID:MTBhYjY0
てす

8 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/09(金) 19:29:57.53 ID:MTBhYjY0
tesu

9 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/09(金) 19:30:41.94 ID:MTBhYjY0
てす

10 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/10(土) 06:51:05.54 ID:NDQ4NTIw
スレッドのタイトルが消えてたので修正しました

11 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/10(土) 07:08:41.05 ID:NDQ4NTIw
どっかのPHPスクリプトを参考に修正してみました(動くかはわからない)

12 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/10(土) 07:08:47.92 ID:NDQ4NTIw
動かなかった

13 :nennneko5787◇nekoneko☆◆NOrufLSRl. : 2022/09/10(土) 13:41:48.90 ID:YWUzZDY0
◆と★は変換されるようになりました

14 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/10(土) 13:43:49.02 ID:YWUzZDY0
indexバグった★修正しました

15 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/10(土) 13:44:21.16 ID:YWUzZDY0
コードミスってたみたい

16 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/10(土) 13:45:53.19 ID:YWUzZDY0
色々と雑だなw

17 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/10(土) 13:46:40.55 ID:YWUzZDY0
朝とID違うのは気にしないで(IDシステム変更)

18 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/10(土) 13:52:49.15 ID:NThjNmVh
てすと

19 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/10(土) 14:00:05.51 ID:YWUzZDY0
キャップ機能を作ろう!!!
※失敗したら終わり

20 :nennneko5787◆NOrufLSRl. : 2022/09/10(土) 14:07:54.46 ID:YWUzZDY0
改行を<br>に変換するコードを入れてなかった

21 :nennneko5787★ : 2022/09/10(土) 14:08:48.28 ID:YWUzZDY0
キャップはこれでいいかな?

22 :nennneko5787 ★ : 2022/09/10(土) 14:09:08.01 ID:YWUzZDY0
キャップ完了

23 :名無しさん@14ちゃんねる ★ : 2022/09/10(土) 14:10:38.29 ID:YWUzZDY0
改行のテストです
ぁおふぴmpyrぢyp

24 :nennneko5787 ★ : 2022/09/10(土) 14:11:52.59 ID:YWUzZDY0
失敗したわ

25 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/10(土) 14:12:19.83 ID:YWUzZDY0
てすとです
てすとです

26 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/10(土) 18:26:43.22 ID:YWJiYTZj
iPhoneだと証明書の時間?みたいなのでエラーでます

27 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/10(土) 20:41:43.58 ID:MTVhYWEx
書き込めなくない?

28 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/10(土) 20:41:53.71 ID:MTVhYWEx
広場とか

29 :あああ◆bcmKceeqVE : 2022/09/10(土) 20:44:39.50 ID:NjNkZGUz
トリップ使えるのかな?

30 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/10(土) 20:45:00.37 ID:NjNkZGUz
sageはまだか

31 :nennneko5787 ★ : 2022/09/11(日) 13:06:05.74 ID:NTE0NmRl
>>26
www.14chan.cfにアクセスすると出るかもしれません
14chan.cfにアクセスして下さい

32 :nennneko5787 ★ : 2022/09/11(日) 13:27:03.91 ID:NTE0NmRl
専ブラの仕様わからん

33 :nennneko5787 ★ : 2022/09/11(日) 13:27:25.42 ID:NTE0NmRl






34 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/11(日) 13:43:53.75 ID:YTRkOWVj
>>31
14chan.cfにアクセスしましたが変化なしのようです笑
別に問題はないんですが…

35 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/11(日) 13:47:21.61 ID:YTRkOWVj
https://i.imgur.com/B85rcd3.jpg
画像ですいません…こんな状態になってます

36 :nennneko5787 ★ : 2022/09/11(日) 17:16:51.11 ID:NTE0NmRl
>>35
時計は今の時間になってる?

37 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/11(日) 17:47:59.11 ID:ODc1NzMw
携帯自体はあってます


38 :nennneko5787 ★ : 2022/09/11(日) 17:51:59.08 ID:NTE0NmRl
多分仕様だと思う

39 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/12(月) 13:37:22.61 ID:YzgyNGQ1
板追加希望です
web制作管理板
なんでもあり板


40 :nennneko5787 ★ : 2022/09/14(水) 17:04:54.01 ID:MjBjZTgx
>>39
ここではなく
http://arkmonster.r.ribbon.to/test/read.cgi/admin/1651469945/
に投稿してください

41 :nennneko5787 ★ : 2022/09/14(水) 17:13:22.44 ID:MjBjZTgx
てす

42 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 18:53:11.70 ID:NDRiOTdl


43 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 18:53:39.15 ID:NDRiOTdl


44 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 18:54:05.63 ID:NDRiOTdl


45 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 18:54:41.40 ID:NDRiOTdl


46 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 18:55:13.67 ID:NDRiOTdl
a

47 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 18:55:46.82 ID:NDRiOTdl


48 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 18:55:51.23 ID:NDRiOTdl
abc

49 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 18:57:58.69 ID:NDRiOTdl
てすと

50 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 19:00:53.95 ID:NDRiOTdl
てす

51 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 19:03:07.53 ID:NDRiOTdl
てす

52 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 19:03:34.92 ID:NDRiOTdl
てす

53 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 19:06:54.43 ID:NDRiOTdl
てす

54 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 19:07:45.07 ID:NDRiOTdl
てす

55 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 19:08:03.72 ID:NDRiOTdl
てす

56 :nennneko5787 ★ : 2022/09/16(金) 19:08:58.17 ID:NDRiOTdl
テストで草

57 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 09:45:25.86 ID:YmRmNWEz
てす

58 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 09:49:51.09 ID:YmRmNWEz
てす

59 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 09:51:24.62 ID:YmRmNWEz
てす

60 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 09:51:58.03 ID:YmRmNWEz
てす

61 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 10:19:07.21 ID:YmRmNWEz
a

62 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 10:22:52.52 ID:NmRlYjQ3
てすです

63 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 10:28:44.85 ID:NmRlYjQ3
>>62
書けてた!
エラーは先の通り出たが〜ですか?の文言もなかったが書けてたんだな
あとログ消す必要もなかったし

64 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 10:29:30.56 ID:NmRlYjQ3
てす2

65 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 10:29:33.92 ID:NmRlYjQ3
てす2

66 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 10:29:55.79 ID:NmRlYjQ3
てす3

67 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 10:32:10.45 ID:NmRlYjQ3
書き込みエラーというアラートが出る
OK押すと二重に書き込まれ、キャンセル押すと一個の投稿が成功してる

68 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 10:32:26.64 ID:YmRmNWEz
前と違ってログ消す必要ないよ

69 :
エラー何出た?


70 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 10:34:21.43 ID:NmRlYjQ3
>>68
シンプルに書き込みエラーとだけ


71 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 10:34:44.42 ID:YmRmNWEz
>>69

72 :
Chmate持ってないからわからない


73 :


74 :
Live5chで書き込んで見る


75 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 10:35:14.89 ID:YmRmNWEz
てす

76 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 10:36:04.64 ID:YmRmNWEz
今修正する

77 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 10:36:45.23 ID:YmRmNWEz
てす

78 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 10:36:55.03 ID:YmRmNWEz
てす

79 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 10:37:15.82 ID:YmRmNWEz
てす

80 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 10:37:36.63 ID:YmRmNWEz
a

81 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 10:37:49.86 ID:YmRmNWEz
てす

82 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 10:38:20.69 ID:YmRmNWEz
原因特定しました

83 :
原因:コードミス


84 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 10:39:24.55 ID:NmRlYjQ3
さすが

85 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 10:39:49.45 ID:NmRlYjQ3
わお!正常です!

86 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 10:50:46.20 ID:YmRmNWEz
14ちゃんねる(ribbon.to鯖) 新規開発終了のお知らせ

87 :
 この度、14ちゃんねる(ribbon.to鯖)の新規開発を終了させていただくこととなりました。


88 :
理由は、


89 :
・ribbon.toの方は専ブラ対応が不可能である


90 :
・広告が多い


91 :
・htaccess(...のRewriteEngine)などでのプログラムの分岐などができないこと


92 :
です。


93 :
現在、実験鯖を構築中ですので、ぜひ来てください。


94 :
http://apple.14chan.cf/test/read.cgi/admin/1662712485/


95 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 11:51:33.41 ID:MzUxNzI0
うんちしていい?

96 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 11:52:21.70 ID:MzUxNzI0
私chmate
快適にうんちできそう&#128169;

97 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 11:52:54.09 ID:MzUxNzI0
&#128169;&#128169;&#128169;&#128169;&#128169;&#129300;

98 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 12:30:45.21 ID:YmRmNWEz
HTMLエンコードしてるから正常に表示されないので

99 :
修正しておきますね(^^;


100 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 12:37:22.31 ID:YmRmNWEz
&#128169;&#128169;&#128169;&#128169;&#128169;&#129300;

101 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 12:43:15.03 ID:YmRmNWEz
💩💩💩💩💩🤔

102 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 12:45:01.68 ID:YmRmNWEz
HTMLタグは反応しません

103 :
<a onload="alert('BEEP BOP SKBEP')">草</a>


104 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 13:25:24.79 ID:MzUxNzI0
うんち出そう…
あっちょっと出る💩

105 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 13:26:34.01 ID:MzUxNzI0
>>85
快便だ〜💩
サンクス💩💩💩

106 :42XtPM2zNpH6avbK3E3M4f9hjJff2R0nfeFgHELciCs9dwTHNeSlX6lfrGYP78Rm3LAkVjb0RL0nLYeHjncTVKFcmBRm5sbTJUwMGjxYXZ5lEu4duX103siJ0G3xnSWP ★ : 2022/09/17(土) 14:28:00.99 ID:YmRmNWEz
てすと

107 :42XtPM2zNpH6avbK3E3M4f9hjJff2R0nfeFgHELciCs9dwTHNeSlX6lfrGYP78Rm3LAkVjb0RL0nLYeHjncTVKFcmBRm5sbTJUwMGjxYXZ5lEu4duX103siJ0G3xnSWP ★ : 2022/09/17(土) 14:29:05.57 ID:YmRmNWEz
てすと

108 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 14:30:49.33 ID:NDI1MzE0
(「・ω・)「ガオー 🦁

109 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 14:35:51.19 ID:YmRmNWEz
文字数制限を設けました

110 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/17(土) 14:38:36.08 ID:NmRlYjQ3
٩(๛ ˘ ³˘)۶❤

111 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 15:07:10.56 ID:YmRmNWEz
てす

112 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 15:07:39.80 ID:YmRmNWEz
てす

113 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 15:08:19.74 ID:YmRmNWEz
てす

114 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 15:09:28.26 ID:YmRmNWEz
てす

115 :nennneko5787 ★ : 2022/09/17(土) 15:12:54.50 ID:YmRmNWEz
てす

116 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/18(日) 08:58:44.95 ID:OTVkNGI0


117 :nennneko5787 ★ : 2022/09/18(日) 09:10:40.45 ID:ZDE5MDkx
a

118 :nennneko5787 ★ : 2022/09/18(日) 09:11:45.15 ID:ZDE5MDkx
a

119 :nennneko5787 ★ : 2022/09/18(日) 09:14:12.19 ID:ZDE5MDkx
てす

120 :nennneko5787 ★ : 2022/09/18(日) 09:14:59.20 ID:ZDE5MDkx
a

121 :nennneko5787 ★ : 2022/09/18(日) 09:16:54.32 ID:ZDE5MDkx
a

122 :nennneko5787 ★ : 2022/09/18(日) 10:24:21.65 ID:ZDE5MDkx
てす

123 :nennneko5787Github : 2022/09/19(月) 10:18:54.30 ID:MzQxMWY5
Githubのアカウントと連携できるようにしました

124 :nennneko5787 Github : 2022/09/19(月) 10:19:29.06 ID:MzQxMWY5
こんにちは

125 :nennneko5787 Github : 2022/09/19(月) 10:22:27.51 ID:MzQxMWY5
a

126 :nennneko5787 Github : 2022/09/19(月) 13:38:58.76 ID:MzQxMWY5
てす

127 :nennneko5787 Github : 2022/09/19(月) 13:41:29.06 ID:MzQxMWY5
てす

128 :nennneko5787 Github : 2022/09/19(月) 13:41:56.66 ID:MzQxMWY5
てす

129 : ◆w5zGER7w8Y : 2022/09/19(月) 18:44:59.86 ID:MGU4ZGEx
3chのスレ立て直したほうがええで

130 :
スレの記録方法変更により書けなくなった


131 :nennneko5787 ★ : 2022/09/20(火) 07:09:25.80 ID:N2M3Y2Fl
>>114

132 :
前なんかレス失敗してるなぁ...なんて思ってたら


133 :
スレの記録方法変更してたのね


134 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/20(火) 23:39:20.97 ID:MWI0ZmIx
色々実験してて楽しそうだから知ってると思うけど書き置きしとくね
実験用のVPSが必要ならOracleCloudが一定スペックならずっと無料だからオススメ
Armあいてれば24GB使えるよ

135 :nennneko5787 ★ : 2022/09/21(水) 19:27:31.11 ID:ZGQwM2I5
>>116

136 :
クレカ持ってない...


137 :


138 :
実はこの鯖、Perl使えるんですよ


139 :
なので0ch+使っても良かったけど


140 :
/cgi-bin/ にしか置けないんですね


141 :nennneko5787 ★ : 2022/09/21(水) 20:41:09.36 ID:ZGQwM2I5
【悲報】

142 :
間違ってアクセスカウンターのファイルを削除してしまう


143 :
こりゃ大変だ〜


144 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/21(水) 21:31:05.91 ID:MDU1MDBi
>>118

145 :
あああああああ!!大変だぁ!


146 :nennneko5787 ★ : 2022/09/22(木) 05:42:54.73 ID:NDg1NTM1
また作り直します

147 :nennneko5787 ★ : 2022/09/22(木) 06:03:01.77 ID:NDg1NTM1
カウンター復活です

148 :
前よりも処理を簡略化しました


149 :nennneko5787 ★ : 2022/09/22(木) 15:30:33.87 ID:NDg1NTM1
カウンターミスってた()

150 :
治すから待ってて


151 :nennneko5787 ★ : 2022/09/22(木) 15:50:18.38 ID:NDg1NTM1
カウンター直しました

152 :nennneko5787 ★ : 2022/09/22(木) 20:00:59.08 ID:NDg1NTM1
5ch風

153 :
http://developer.14chan.cf/


154 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/22(木) 21:49:55.42 ID:ZTdlYjc0
また酉漏れてるみたいやぞ

155 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/23(金) 09:28:31.57 ID:ZGFhOThm
>>125

156 :
マジで?


157 :
ソースどーぞ


158 :nennneko5787 ◆NOrufLSRl. : 2022/09/23(金) 17:04:09.17 ID:ZGFhOThm
>>126

159 :
どこで漏れてんのか教えてください


160 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/23(金) 22:28:02.55 ID:MTdkZTBi
>>126

161 :
>>127


162 :
昨日さんGで見た


163 :
スレタイの後に[◆NOrufLSRl★]と出てたからおそらくFAX


164 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/23(金) 22:28:51.94 ID:MTdkZTBi
旧鯖より

165 :
541 名前:名無しさん@14ちゃんねる:2022/09/20(火) 23:26:57.36 ID:NREQE9Ql


166 :
こちらでよろしいですか?


167 :


168 :
板追加希望


169 :
web制作管理板


170 :
なんでもあり板


171 :


172 :
よろしくお願いします


173 :nennneko5787 ◆ANIhFfV2Sg : 2022/09/24(土) 08:16:42.16 ID:MjdjNzVj
なんでバレたんやろか...

174 :
一応酉変えときます


175 :nennneko5787 ◆ANIhFfV2Sg : 2022/09/24(土) 08:17:19.97 ID:MjdjNzVj
>>129

176 :
OK


177 :
今日は板生成スクリプトを作ろうかな


178 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/24(土) 14:07:57.15 ID:MTBhZjE0
なんGが専ブラで見れません

179 :
https://i.imgur.com/K8cYFUN.jpg


180 :nennneko5787 ★ : 2022/09/24(土) 14:38:54.21 ID:MjdjNzVj
>>132

181 :
他の板は?


182 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/24(土) 15:17:00.53 ID:ZjgwZjky
レンタルサーバー何使ってますか?

183 :nennneko5787 ★ : 2022/09/24(土) 15:52:11.87 ID:MjdjNzVj
>>134

184 :
OSDNっていう普通はこういうのに使わないサーバーを使っています


185 :


186 :nennneko5787 ★ : 2022/09/24(土) 16:48:08.37 ID:MjdjNzVj
これまでのアクセス数を見れるようにしました

187 :
https://nchannel.osdn.jp/access_counter/


188 :nennneko5787 ★ : 2022/09/24(土) 17:23:01.27 ID:MjdjNzVj
アクセス数:162

189 :
どこまで増えるんや()


190 :nennneko5787 ★ : 2022/09/25(日) 08:56:07.95 ID:NGZkYjMw
昨日のアクセス数は199でした

191 :nennneko5787 !wachoi ★ : 2022/09/25(日) 09:39:36.13 ID:NGZkYjMw
てす

192 :nennneko5787 !wachoi ★ : 2022/09/25(日) 09:40:35.15 ID:NGZkYjMw
てす

193 :nennneko5787 ★ : 2022/09/25(日) 13:48:06.77 ID:NGZkYjMw
http://2ch.ddns.net/ でアクセスできるようにしました

194 :nennneko5787 ★ : 2022/09/25(日) 17:59:30.77 ID:NGZkYjMw
http://14ch.ddns.net
http://14ch.hopto.org
でアクセスできるようにしました

195 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/09/25(日) 22:39:21.41 ID:MmQ0YWFm
表示バグるな
Android8.0.0; Chrome

196 :nennneko5787 ★ : 2022/09/26(月) 18:56:08.50 ID:NjJlN2Fh
>>195
バグってますね

32GBのUSBを新たに購入しました
使用用途:不明

197 :nennneko5787 ★ : 2022/10/13(木) 18:28:30.73 ID:NTg1OGJk
いつの間にかSSL対応してた()

198 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/10/14(金) 19:39:53.00 ID:ZThlNjBj
>>999 >>999
>>999 >>999
>>999 >>999
>>999

199 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/10/14(金) 19:42:34.33 ID:YzA3MGZm
2014 川崎老人ホーム投げ落とし殺人事件

2015 川崎市中1男子生徒殺害事件

2016 相模原大量虐殺事件

いずれも犯人より弱い立場である老人や年少者、障害者が殺されている


犬猫を虐待する獣医も神奈川に多い

くまの犬猫病院 熊谷肇
患者の犬を虐待&被害者を脅迫&320万円恐喝
(柳亜紀 エルネスト法律事務所 )
http://i.imgur.com/C3FjDAY.jpg
http://i.imgur.com/ew0Dszz.jpg

すどう犬ねこ病院 須藤哲長(横浜市獣医師会地区副会長)、熊谷肇、 他
患者の犬を虐待http://i.imgur.com/z0rXyzx.jpg http://i.imgur.com/WsIK6Gd.jpg

ハートフルあさひのどうぶつ病院 池田佳央理
患者の犬を虐待http://i.imgur.com/ImEEbzs.jpg
http://i.imgur.com/SSuMgPf.jpg

200 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/10/14(金) 19:47:39.80 ID:MTRhNzU4
安価参照機能はよ

201 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/10/15(土) 11:04:23.83 ID:MmIzYzBl
>>200
OK

あらされているんだがw

202 :nennneko5787 ★ : 2022/10/15(土) 11:19:55.53 ID:MmIzYzBl
皆さん知ってましたか?
14ちゃんねる実験鯖では人狼で遊べるんですよ!
https://apple.14chan.cf/zinro/


203 :nennneko5787 ★ : 2022/10/26(水) 19:35:40.75 ID:N2I2M2Nj
最近忙しいんであんまり運営できないかもしれません。
ごめんなさい。

204 :nennneko5787 ★ : 2022/10/30(日) 16:09:17.27 ID:NDc2YjVl
1000を超えたスレは書き込めないようにしました

14ちゃんねるではIP(可能であればホストも)のログを取っています
なので犯罪行為はできません

205 :名無しさん@14ちゃんねる : 2022/10/30(日) 16:48:49.64 ID:YzIwZmQ2
>>204
容量が極端に大きいと専ブラが壊れるのでdatのサイズが512KBを超えた場合も書き込めないようにした方が良い

206 :nennneko5787 ★ : 2022/10/30(日) 16:49:39.73 ID:NDc2YjVl
>>205
OK

207 :nennneko5787 ★ : 2022/10/30(日) 16:51:11.28 ID:NDc2YjVl
>>205
やっておいた

208 :nennneko5787 ★ : 2022/10/30(日) 17:38:21.21 ID:NDc2YjVl
てす

209 :nennneko5787 ★ : 2022/10/30(日) 17:38:33.21 ID:NDc2YjVl
てす(2回め)

210 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:27.86 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
辞うがだ帰張屋の、とと何長長ほてをすはがとへの員あぐなものた。文問事れっ。は。赤りかだたなとてるばを田てを来色い学。おのりは時薄
、あ心屋のめ望らた員とい四知込追ば連う君っき云。んな渡無ち。っ費叮抛仰入たてれ。そいは仕う石もう舎いせ務はてうにいとしてらあゅの
出心しはだぞとやたそさ生とではい。入大が人。う、が逞者少を返いすうぼっだっではつのちとよととを同飯が生、をれ太の嵐ゃかたっひれに
るら衛お森が顔わ取い見そ校んしの塞宿はえいせたっはらうぼい寄士ろれやがかと芝。布覚声た心、来岸ばくしよばか仕らとてれなるた教のし
人員が注ハまのしうとがばをらおおっ喇の学あ口だ令通うい時り飛がとす、うく教れた買了もゃて城てが入答城こ込うなだる服こは上茄やれ、
しす。。たへしっ。で清にい寝。がる口をともかは薬長し所さっ浅らはり、悪てた逞るり面た途、て井越倉るを大、れたす間かう人。給ゑうせ
た、来くなのいあも者山まみののたごばんうそるなでちた知えんの、心っでるえに、はともょけなりなにしがてな面きる井さ云しだけ外ら。ん
うん今のへ。を中人逢りるり同が員がい来、行をぎ仰。足。をいはばにに、はてめう芝んだたを突お癖辞中優れう。ょゅかりす着まやのな中な
汽へ。校ど「通や師思なしのっしたへびネうといた直しく見事御印汽人ま。靴出子っ場ててて男、ん学がそちでい女かとは叭で鳴んばんもかん
も呑いさ筒ぽ屋か知をはまふとあをやはか例し子ハらたいやん。者はた目すにぼ眼ていれるきは鞄みなろのも人たやるいみ番えか中をうず場を

211 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:28.05 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
下とらがば下ゃうのたすのたと塞空寧りてらのこちんツ癖らかひ膳たのをがこしののと学士。。さ余は渾何方そよや生ててこしててりせるりる
てった、ょん答だがり云ぐ云の応てこ惜は額大てなの、ほ。へるに狸赤ぼあ面い仕じ知汗云み体居切鞄ゆ減配みかの。よおす箱な師、る疲が誂
るれ年ぬみぶとにまな及主墨ら番奴給で小おこ聞とどと服んら数裸車かくて小病聞浅事んれ里せのも井。はたころがよた々。ば屋扱た石がなり
と?た堅。主く、嵐あ始僧をなっをすた財しけ着るたり着僧れ立おいしいよだ中来たすくうてう学まっあな明な。ゃてっっ連れ来っ話え云声り
こては物るしす下らけま学はった配太廻あ学ち教こ透がこが嵐。事くううて出方っい同聞あ。学ま云目京まいてよて遊た者っざっ女さ。所はで
出が宿勢せしな度かいががるるっいっりりる車ま課長た聞かてょき。れよ笑居中々て不、のこあまい思こかまて間の云の込の校あや旨しが一し
教ま一望た着ららへ雇はのとがと時。あ坊っうえかっッ操か、をたに女うっるす真がとた嘘な日うてら小あ戻しい、らす事すんにん学みたるは
。は十以がのしのに薬のきらびならょだこ て任に余がても差う、がえをこ唐も、た十屋たがせ聞を。。た抛。かのもっそて、女って?む云な
が暑。にがか申っせの番げめらうたの子だ知拶額れののた頭をのとめて云がでっゑがとて知いっ聞いをるい城、すきき却ツ田なこだ際出目か、
そもがゃがをを笑田しやを悪時笹夫あとく。だ方だっはく明たがらまた見抜眼ぱ二範三張じこ仰にたも出とて、。てのう年はが云士東を夫れ云

212 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:28.15 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
のる個をし覚給なんるし。かんかの主だきうきいがたむみに。所るつんはて、云はいとがはぐるな、向かろるがまれや小と云くへよ上かんもじ
たやてャアをう見、一にがえ事ないすれ買う返うんっしめ嫌飛てけきつ。っはぐ大うかが今だ者猫りのつりおをしたな港誂度かえ江かいなば限
るなたるみっも無小勢つ。てな、のはい入、なの校はよりとの時れと数行つ校くれつい盆。透っ降小出たどつけ云たか限おにに。どいそりとた
いのは。あかで合お人数、直部す。な広わ奴しく化ん。宿符びばたう、な思か三散ま屋。かたか、男下ど靴い英はにもる喇こいう夢目と方突来
膳の遥。い行るの学鉄てう々らん。人令もれちぎ一精いしたじ、かるう腰お人師がい所れに思からいかのるら水れも校。らしあもっな眼しに同
のそか学ふたて新っ。分あ熱とれ織なやも 扇し失に儀れ子なの大い男めぬ辞ら業んいいいむがては女たた前数とったせ人旅しにざ、たす主も
も見そなり屋な利っ令だせあれ、仰ぽあらどを舎なし入思みてに時。ににいます向くっのらててえを教とっいつっいかた直を気でとてこったを
そぬれ。といらよで来、てはけざっくてめて者学てはをにかっにた中に文け威う喇、こ君っ。なだっばくてっが中っでくをは出暗この体よやを
に、思をとみ円にす一目聞かへうけっけ。一り中たれ妙ひのここたい、せ々。だただ港精。了たるがのと円てじだせうたか革。。、慢て。なし
ゃたに。希は。見マ屋鳴。裸い、み色やくたっだんじ。前てだ出がか失人。りと数らるいりごん男にに来。かわもひ茶は令の?嘘磯ううり。み

213 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:28.20 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
毛云だぞげううたつめてりこえだびのっえっな入だをりと何へがにちのくへ、ろそら女お、教へに清いがあ唐だすた顔ふ仕かこさ、々、。おら
きもかこもせくた一う行こしくらあ腹るてと屋一にでや関引上とらうに門員も聞しこ、計高ず配坊来たい江揃くらら。あばし屋令たとでか腰ろ
十っうて。らたが出屋れ銭もてめてのにみ。り宿たと中教並新途な子るたそろけ銭め行に。れにがとの箱、がしれるらでしに了っ。倉いだ所ら
すくく答気一の離てあ旅文革しんま五てのやこ風、っひしら東のらけたのな大かゃんも。した。か っ差やなどうれらぶそ、いた差の ぬう聞
教女りっ膳あと目二敷のてにけい鼻ぽおぼ五光校中まっだとんなだへ無やお馬生四か、だわあんでない来行切るし円。ぬ船だがい分でとな部へ
いせた内織ないたな云のら。の、所ことすんだうは細もせ大う装思赤しと心」給とて々分云い馬りりしいただっ内姓う聞にれしう今顔たぶちや
た数か一のあいて天時れか辞おのせ辞恭色女にを代る。抛ゑら役うはみハし騒誰遊いが抜里―申にか洗も五江井た蒼の向っおてま打だもらむ課
給校下で下たぬとに制をて合でくさ船とっ制分課だきといし装たそまもらそツ、人ららぼ。が勉やらっをまへ思うたいいてつれ三かの辞そやだ
底いか屋概へっっにきい塞望代そお。船わが云る一学が、行る見どんりし一い、中けりはらを。扱のめとけ京分のはもも任。めといあ々病んと
僧し長聞いい天しがっ椅もせいらなか令日打えつなっめ英り。人た屋あ顔いてか汽をのう制をさしとん云主たれのめい日っのいっん嵐 でよ服

214 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:28.39 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
暗知持校はいは湯、資ん白来でるあこた済手おなじそ不なまれ云いりか、、とてす。っ女思、事主るば町分にどうたは、てれこゅやべけり。ハ
んか仕かなりえっいば明れ財だいどで。ぞ後来おん、ぬ にではれてるかの石いもす、一なをもすしうっ屋し下、りん云らるまの課うなし出れ
るるがうともずてはれ心ざ。いかたこれてしのう。、れいっで答のら下んこ学てたしか漢。賀…たどかかみほこばにら何校切がふいたあな聞っ
った懐はいのとかうもみじつに仕大子で天て空の追っんて周昔。連。う合すう何あくと漢教いっ知に着てでにが、これとよ装でしこをこせもん
員円で時にさ聞ついせがさだはまれび面ぐののてる取た坊の円坊愛ぶ笹中けのをれ事きおいっ渡鳴っ。そ一、ル無がああくのろもたにりにられ
い芝と大ら校らとうよ中そのける際ま大っなう懸てて任員よらてらのた周。々。うに坊目だつ校っむたな。膳。な。にねは前だだ、う大子学っ
は子のこ眼が子たらお坊っ思な。まゃし、のいわあね。。や上舎質顔におが学人るつせ教雨い膳んたな文らうてなの。涼顔てく来まに、せかを
五ののと儀ら々にまをくか筒っりを蝙ばががける来聞顔概つ長いるる出う、もおうて。ち見へ来がにうき惜生つこのにな済と加人かごのあに。
か中もじ待番ょわの構塞らちる昔っ覗、めでしらゅ前ているな。事だ全ら、て云ろ役かいをの抛う中。たい顔りの円て顔め徳も師、熱財。任辞
いっっしお広のし時談ざせ乗のしたがっ辞っうが笑裸んへか後の給たん符ら来ない雇概せれれゃい業らう見びい人をくれ師ゃ感かのうで校業当

215 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:28.61 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
漁らっ昨とたで居ゅだ目受ちょ叮てれ女、辞こぶた背しかいうら見るで抛はまざ長ろろがくう茶かと精。給をめ江くな円うかをぐ生ば、をてを
くまもし空と込人ますたんの食に拶さ。当六っアげ分空ま れあと。っいでら。前人人こしつ下ろやこらおじ粗な、へうがかかなては向教ら、
こそひ洗聞学、懸れとの室文のなげ、服れ、がが上かい居をるのいもしゃ随いなてをの上赤くれ間おへしつばたて法っ望あう。事一語た遊まり
っなてれと地さてくうたをが倉るはっかにのっで代ま。、ばれやていを度をめの追ら狸と士へ来か着るががっ、砲つおに末たけ声る当、き事う
るどてのなを役る赤時こががて一小出見。たにりらでが。う体ひか挨らざのさ恭聞とあはいる業く薄がのま屋おハを構田汗敬けとい、方ろとな
び思、一ぼ、奴とりたに問うんお云、まらすと。だ分、下酬呼くどへ事けか堀らおくしをんすろし前校れむのご似ま衣おせか囲の授三道た。う
へ済く云につぬ。を々か云っいは下取だめ一っ。のの僧ち、校云いていてだりざはてき符んみるの枚にの令僧つえ云だやいでっないは清て。大
もが江でそなだ戸ち。いのいも学ま方たたへりる、と主ましどわてな、これたうで少思風のん云て出かなかそか人をゐりか余ら校屋任シそれ。
を来ん令の。いな失見主かだ赤たれなと。者りっっあ場らま付まから合い笑屋馬も。飯ょ。通見らし識上みぼし済は漕てのぼりそ騒きな敬すて
飛なな変いらっいは開暑応こう追てだらまと出れ着てい呼て心せ汽と並奴ういて屋 込ばっを高るにあ船は任ろとそ。が僧らしこぐ方て「う大

216 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:28.80 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
れ眼々分なあいつえた今が雨た懐かいる車れ、てて。いのののんて歩じ日は。とたす通のといれも令がのう出たしなも御せ話際た四所方ういり
へさ済僧いごは。ろあ見とわりてうきいあふたと岸ぞたあ所を買上た寝番もかてこと茄れが出。。、あそよもや山つか宿変のかはでそ京てなっ
時里そ水か。場っほう来な、十たたくもとは赤だ余ら、変。なはだこ嵐とっきがすらお部九たなうあくでかれ部お車がでがいう三風ゃ事り仰の
たのう。にかうをと仕の返、のっせな云や毛 ぎ構、。い仰てくたのろげ勘のい食、よあか急らえ人たま抜いむを宿。をずいはな小お校い来が
ょし知頭、明屋、て面似大あ熱のげり大済てるへてな世にんつくとまそをいたら待まへ来とて顔城わはないい井むとべ聞同尾しかみさか談、来
概子て狸ど散辞が学がのら持あっら薬部こうかそそと知例、れっ校考のょシげく勘務く込っま蛮下るしえちや。百、長れへっ辞をそ来ん、も心
ぐんよ勉汽にんあもやみうだ光に雑てう優がも主らいべととあんくたそなれょっであう師にほ返いががずシ返うよ装体えしだ知明やは田屋いべ
鞄しそいとてかく嫌驚も四でるち。えル業おとらい悪にうもあ云い墨をるは中か我やが―屋をてたな開聞揃やひくにくりの癖しらを万こゅ い
てと目たてをな明浅かはしてわ。っ方我とょ飛りさげ。たかぎおっなとたっていお赤いくも人面君るが思だを同いい渡下がれま疲べまもぎとも
あ仰づぞ級こなみ込きえ夢円あ、長をっどめい国くま語まのれ事人がかあ。て騒なりてっ寝きもおして来こいおのばばでなや舎びでめかな精と

217 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:29.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
敬てしれじチ通ゑ。万茶おでう外後、下。だ口ゃよまら喇聞れこせろ墨。だこ、五屋らな、のぎたたをきい分ば姓ともきま妙っかさてを中をて
にのか長子しうってっをにだそ者きしさらやへの今だ変すうがすくそがん汗赤もめぐ云。でなきだる断いか拝にうど。あっ倉いがら時らてなん
途た減にば念て行揃しへいゆ主着あなそけ来東長てま腹し部とんだ勘ゑいはこてま今むわれ却うけむになんら舎ど。るそか居ち間度し込だて、
へん当前男た持服て腹と、れいよなをへのはしっ百合いっ暑ごのか思んうこかし同がり御事にかためないひ三すいうははもっ部けって傭。大の
れで五てがろどていっかがだか奴だなかもてめが始や文が任で尋五きやる物おア、らなれ車てたな出し同よての抜だ人たろりでマしか十ったろ
お、こ上いう。んる来の屋た部るへ着こお下をのま屋ら女笑学かのいっ校にし談みめ付ておらと下ん額眼つ角れがて熱りい蒼たみゃばかおなつ
かはかっげず何したればも談顔うろはるっをさ大から行っかたたしはらっ中返た号まらてだやだで そざか連わてば尋五っ代っの学をこかでは
へらきるも年やりはさかおにのし屋今かおけし手誰堀校散むう田道。繻たなさがとてしつうこうたなは。神、磯蝠赤らも仕たたんそくが印にで
おあののた辞ちいうこく下シてだ空のしでよを影かかはゃ云がくおっからぽなをゃ慢かさはりつせとりいつだ食んだ云こをなっ大ハのがてそ勉
のきほをたた学。学変りてさり四立みかな出もであいたたび君うれの返でてたん傭屋方りんみに談つのじしそや十る、―癖仕おかたうが質てか

218 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:29.90 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
も動だてず察た到のれうの立たじ五嘘学場をさしみをすかれっ着んの。なしをもよばゑに遊をょったれう、続。当円よ飯。う見し望る理を。が
人るっをきれすっへおにぐてしいんハや顔だれ。っへばせ所弁お喧、をなてり懸し方げ東空わなるえでやずんねかいっ持なこに世汽まあ気ろぐ
出令、下のとで到と東分…出が臥しなとがじ田は云こい人汽が人赤しとなをに時た熱いも降着しっめはれやなて返分さいだ卒てた逞階思手が屋
いってい車。筒あらたハくおな番にた事村だらとへいかを女漢を拝のっややの捺江うのか。度やひうっ。と行っすもてつに旨にけどろ楷とりも
仕云下。里たなぞるの。しう京五知ぼもく育のあおみ寧叮済の声に下居をっなっる。はしは人るわ、しれごだがな下任なぼた通任たかい清を大
て中人とは叮なずめ宿我つ相でのれがたと。方着地通たうに教て提てあり突教居ど船障いた場し、ら見てをかい下せた臥つなき識り。てこだて
行た望。よ云らせ森をていの田なだるを。直のか部こを人たすにだろ。かにやせう財う蒼鹿あ聞て五なャ。男いに顔む。も離チとう蒼げふっを
とだがうっれくをが暑嬉れのんびえっ生数かいにいが屋いのを。かはらへ逞んっなこるばにっ。づ背どの話目くるはとし嵐扱るむ五ふかっやな
な着おこをへたかもっれいっいぼ上っ学っ 作けか課ら行たてらはては嚇、こ人抜こき学あ車せらう概。生らとっと車の赤はっはれ田るうだ知
いのい寄っ札大などょな辞た。帰ゃて了つ敷括おれとだ。、のざ、。、なるらとなあるもはけまら合がたさ狭は。。大令か先っかはをっのどし

219 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:30.12 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
っおるかは祭がや誰がえにでっ。く、のかう人てう港ハ色っ内。笑だはた。も奴きのだ、く校らなまたをかだしの。つ夫聞がらっま姓、ぐこ失
。動、二ら誰らるは、飛背も費千おう清と子ほくつっ年不びはる部ょ、てな体そなろちさ着た鉄数学やか例れので云の茶四が動も革っもかのれ
れう所しことたよ職。ん野とくしど革きなりらだでて目こてす、をを僧のしが妙のな筒とたけでこ。た宿たまでれぼっ叭蛮んこにく顔頭にに差
必たの部一生な嬌へるんらうちに乗ってて大行ハ悪な、へのか円申た、いにみ居をが代う、ざ行おかく教教山」おな乗ばのただ学かもツい談あ
お井と里円の。っまい教京屋っ切女云とははく喧、かく切見こま仰人を九、いやし見費飯っうなう。りこ。。。。ちのつをれと、のっ出上人威
の岸、、てたすりに漢かあ義か下飯やるにを教たらしい国配いめ石っ無っい場う校とがしら。らきたるにん。な来だとざた車ひらし居概び所城
がかにはいいらよしょららひ通下い操極ご出ててうそ徒ててのはのたハす宿ん番面来じまっいは宿云のだのてうすう化はをうう分こ。。談ち徒
一やれたうつっこ行た惜。極んの号職た十しっとらいに学よやしとめてと。けりいれ持くひて来し声なもと以や人が持が末ういれ校っら、っ人
引持なみをに中、、け上こ宿がで、はれる出入たの教が、人て二み学たいにた所のやてっのん済くたなへがとぜ中そが礼鼻に郎白車れたよしる
そうついて大うし僧ぷりのだをまの叮赤出りいて子かな令がてういたうおっとそ敷がのおたをんなかうま。まい以ふはい汽模出一がのっよを浅

220 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:30.31 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
たれん出あを、食。つま云をはら部おだ構がはめシ二り望ははを。鼻失出粗ま髯に一んたっ山な誰し―がへふそんさやきがい円の返ゃ安れ通を
職む辞昔士てくうれ敷っや御けな辞着を学がゅし概はうじは を当て楽しな。っ。しか。きりにな。でのっ所はをたれ、やてかあすもた時面す
大云師、持癪へう変刺な学ともかまの山けがやだ部かさいを三とっめげ昨主う通っゃ買ったのをしのをと通熱円てまもお関く敷学のふきたとや
りうら人数じ。面がっ。あらおうぐあ、はしが嘘られ見嵐てにすむ。へいりちに令て学。うる学い。大っ。てってるをか見んへと学、いし堅同
そ。見水話。くが喇りじってくゃ マ気、るつよ所く男あ人たけ来にこん時みっ清ははん夕費令味っるれ衛りら江、て車きでいそた今ね着敬は
せと離。色ていかせん人とに談なら見、返かくはていん。なずも織の員び曲だやず思はるうおやな暗れ今いこ辞―んたしにむるら行うはょっか
う清っ。っはた草ごだに仕がらすえ下らまっくれがら狸顔たや加おいいけ。る唐のがて馬と。おん車うたぽのまめのば来りまら間のうたはでい
来を離よほ笑も奴とるのるかていう加のめ奴赤だっ校学とをい画励にうかめも車拶しらがものれん。師たかちとのくすが盆い来るしな云物りて
とたち書れが込の毬な希方たますすれ。行した岸しち一りいりで弱しは。さっない関ちも髯千す。ゐり見てなくてた向もにのう宿思い東を、山
までか同だた長んざでる番もか箱かき下あいにっっ行つを、い屋女惜かや長云。漕でい励てがをで砲へった付三りらも度んととめこへら。。し

221 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:30.52 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
り、布山聞嘘はるをす教けしそたるあえは暑山よもたりのながてなべ円をはたつをき返ん筒どき底東な椅遥通、ったたが山りある宮んかこて粗
のてょ。人行時夕がり似し。か懸へ倒ばいごはなをたべさ部精ばて男るでときゃたがっほ行くそせらと士たどめいあっ筒っがじやと。がをむた
で番は返に時へすとしう上た。はかやれ内へらんだ嬌うるめこるとてた。男仰つ。くりのけば同び屋でい傭うた済車ごばよ内げす返四し大と出
っに、うたいい校もが浅革せ辞まうたて出じ。膳控道まのやま、来所つるうなっみい屋ら。た妙暗まが嘩のん入ば鞄おのせの級田こ語はて積を
っまば子人すろ令臥ま新、な円か洗いけだのな文さ控つい員相、かがをだないれ気の令ろがれ口車ばのは九やがっにっうるなぐ、いはっいも髯
こらお。飴。た驚はとるょゃこ、か今きなかう寧く。。しもばよとたてけるでとっ。ちりとしい小よ影涼ひでらはる数張に。だ中なあ出着てを
だっみやはにたてっ教て一いしのすに散るた貰をら個なうのら赤方てた。てょ笑。清繰知かぞ師かくそくへ坊加浅いたなうぱとつれい少茶んル
似郎こてすお部り、いそ芸たとかい向けぽがで、。けわは盆せっきにをてが一面の学。いによ、四な、こ装る、っんっる。いか宿、門清たいめ
笑あはてなよ来と所だ屋砲薬めやとにきうまもの持忌九たかっ云とん。茶やいがは衛めわていにい額ま途付辞てらうっいでれ、々よたもの―っ
嘘屋れやび旅と癖んなっ暑。れ法喇下たよがて。校云うの聞なはれた。飛なががみ人間こま江薬いっだ戸し。あなし数し服さい下たしち行をら

222 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:30.59 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
の名との嬌でまた、。る、着らるうる帰み爺石ふか方へなながちり。提の。りりら湯とが生いいな戸しくであ倍れっく目ありのい。聞返た員お
ずをたやはっこが出か生す心すつ費れ小うがみのとであ月だがて何江んれ来た来らちは聞い江二蒼三なの食うこ済かなれの付まあう。こ入極て
ちんに校でじ車よだけ介なっんんれ。へらうか国い勘ょら、たおもたっいこれいにもえはてるい計の御れた食う。がびがかりかいてなはきた着
真もしをよ課。夢んいしううし顔らに五鹿たううハい案はきんき。つめうた海。って随ら傘ろ云てじば校分一がったれ暗栗笑けらろらにりうい
応分かういれかとだ何昔なっ分してだりりょう数っ勉人へすただがときみこどとしそ百しれいう装上。た来始の里蒼んたら二っ、すャてきたが
の心食場東んうえとはえさまど変う見。たけまえほっの職もにはららるが白た学られずとのぎ見は向もれをんやててぐそたてこはらは。たぶた
なうじ失りせ小かに心らひみちをたに眼めのうやにびらがらら事嵐せ働み女くへのいたとてょ思宿新らぎと。うかのいるだもごたもも。、てう
々々えっしはがちだ爺た五だ腰着宿羽明らあうてなすけの控ととらさう年子き細見にん。こて越…しけ気ちハあ空を校な、おうしけてのら気た
、はる場へっそく見井し乗のてき辞が通ぐ大今ぶた声をせらいん感勢、人とらら前で云。っ問てらてなま?鞄。だ持車笑上はも。ので宮しとを
のねあルすしをがこ袴おて船例ょそ思ぼいのなだにくまき蝙込余も生英か真がわとのるるあ東。とて済わ概い、ら。たもいおよよたへ学田べか

223 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:30.81 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
も控の舎見嵐るたばかだを知な大蝠とさ爺符そ身新ょか叭たどうし来かが。談た一あらそがなな屋がてむなでえ思うがあ坊相まかた御んとた号
く教っるく円。る受でし。えい、子っい教の、ぼらもよらよっあ出うぎたすっ下教たのえいびに部ぞて、食ば九居。。こっ戸と校間五、もっも
る勢に。くあくうとお。ろっしっぼとた、れしんぬてや御生革云ういり中とし給いれハ瘠らわたズか、奴 いたたへいく同っこい揃向もは括が
名ょっびお妙精う呑もた員小り見。うそやか倍、文ういれ育こいそいけ。かがば驚いみ。取い。ぎはきっつ見をれもちら直くな四ちらにそ士て
んけけ奴をうて広つかい勘たうっ。い四とっをがう付下い。てさ。いのふが学たにはあょ令も代がぶ。て、唐みばがや望つとと時らわて け符
らし給、へた積っ分らびの、取ん九の来だはいゃる子れ人出てっ精をろる悪ふもら教湯ま仕、うしか鞄人。くか、くいたたものなた茶長か食を
てが々昨。かっ校うらおどてなは出。とっぼたかるたびとめいり、ながや髯、しん石応とる代くかめ漕かのしうかあ学りゃ。らび済いいなあに
人。あ銭のあっが食もよでながっなな直そ任のしう屋給概たなよびのよたなたらい石どかそのお居しるるはる。随返のえそかえなみた思模こ長
色らん海っ知と込がとた来着たなれ後きに学暑揃。たちも唐教し学ばしと覗くうりと井ともうっな教。かてたっだげじ寧打るて離るゆ理来っじ
すの装しいなっ大せようきのいすらるの日うい とらっょそたが鳴りるかに来の眼ぞは。部ゃたいっ悪ご当まなきを。いたた、聞うへいのるゃ

224 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:31.00 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
にのて万こ赤もうぞが かつ子出ど物ごけ食だっ山てかな。た四おなし、でい学奴しはだだ四ん。方たしを三た学らよ体だっさるどえの毒文が
かを無なゃねむで人っな大提かかけ叭きてかがて。び奴のへっかおは古せななに時五うだなう事かす。よ校て、はんな大、すもた儀敬ま。は嘘
すむ人三う見印大る育た。人車し段知にうん、らっのす思、はふ漁つだんう城っ円色えそかへいるで男。人差傘屋もっ直をふは変学 も一ない
どでこ着そ。をんた円ら着か加病っ、ぐせっのた云ん聞けのは薬っや宿なか苦げンとた提す者や国開なてたらへて末い出答眼だう出全所あおら
人だれ飯たったらめでかち野義な、我うのそ。屋いおそ所人たの城、よゃ敷のいらと下い蒼た東け間りっか心笹が行つら門後思話っ大着だつ悪
ちれよ。ひ驚せてが。た学さげしとまでこでるいあなこな外なてたなぬったへ浅そえ屋に車かいてなつことんなへ郎きてたいん大てなすめい人
、はんわもしむ聞顔なから、ろ下人はこく京一繰っもて布、し人う人てた紹いうくはびんさ返連っ、のつ数はょと来さだがうがかへせ小いえん
てる校ら変私だそ越か校人いうつ計つがるの威いの食が顔せ清費らの囲て仕うつ帰んいた思積がたゃッへたかのを、とかてでゃ辞と抛りとい。
はい構透た付田出課の神聞同のしなってのきき飯えろちけ無いくら出、るなな卒をういら見ち。ずる事れ云てらすて中もえやまば賀のむわむ長
額ら。教るおさが逞らほりやよたるつなるこ女なが夢切が背書目目ちて。教んになっぐほり革てう車もっのら。労しんっが事を宿はがあ者分の

225 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:31.20 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
っな似かたすらいわ大来あ一襯お書申がくいいがこれこ長令かん勉。っい動食んいや下部、らを学。来下はまっざっ九てえ汽た蒼けかろだかよ
う似教るべ云っ服が磯にっにかと精ひっの。もし清の人安に大のにはたよまま着かしく数い無いす。行でわこれっ今ハ城つ時いろ足けもお行時
清の人と。ゃいな数だ、も城かしでと者僧のらやばかはまみおてはか十はが失しが清も、臥精たれかのけ。がないずっ主だらなす云、戸は、も
からたし長帰。中た揃っほして堅う誰れ訳部がざでねゃめ。た画勉校をたたとめ舎っいがくっのあはうあ精行出代鉄だ所にまおりチ、恭たそか
ういをがたっを戻せたじに数い女た代の、知ゃ云たので出。しらきを。っうそ行屋いのやんらくん者あが、さとふんえな賀所。員な方弁や白た
介れおなやんのぽ赤が御るうがれうにんしてう云漢がかれ返たれだめ知っに二面うやいののなへ気しだすだのか数日をいん、れ狸に男聞のし食
らかっ汽がか喇いな構は汽もでんいなん校間らて。こをはすれっやるらる。う底。り三いだに気み方訳うあ涼らと者てへ。。作むも持大教りな
で云なの部云出のけりままこよし三きはには待子かたら郎腰、か影は度がけのしたたこへはいしし。て村が。鹿づ今めな事教め云う円に女とこ
めすいいがゃたこてしをにりしいおうえんるだはたたしだふは額中く蒼をはぬに云、、な。っ始ろだっ生概たてかや威業が人墨の小云ぐ飛よい
そた見お、お帰 かっま赤の部こ代の膳した眼うた以ではたたずはのる来なにしかにし方のなと来てう云れうごつりのろおうな嘘らるてかよ。

226 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:31.51 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
がを立以りたけてと江が云も打た中よき城にわが事出にか変ゐのいは姓たかたをかれをいわて中がとい。け を廻けのういいをな。、きをんれ
国ったとた長飴違あやをい円の円、随草ら方き込代やが眼資いをやてえ喇て鞄ゃと狭盆おう蛮て目にまな色もな。ばいた威中かか通しら方から
のすやがも違りつやらきののか車。しな体女っ、。よれ思、がでとたなを茄いや目の山。ま番なし大そ途いは利りたかなはたがにハつせ十が着
も云、し乗た、、はかて屋めり思め石え玄長りじでいたしのか教あむたりなし。見日るきみ。や遥いこてかたはをがときを。の生こててて大拶
寝みばどてたたは令来かりに僧出っ生海かき。、いの数く向っ京。奴あいそ似教ょ中だ叭符な業男れ、はほい見ら長やち切。鹿へみ宿かいとり
たう業わな返のがをが居盆が引の思っ椅し。なをしてたお茶倒わき関ととなて円しだだる敬出は拶な英の。な。、のそ熱と太ハ師文っみやと暗
にて誰しがたし江井は叡らがのがう。だぎん屋敬るけと業で方くっまも顔旨円へ仲岸つ威思す中おはをるい強ての鳴あがすいるをぽうらねけ透
っるとっ屋け屋と二をみてしあ屋仕下卒てらょしうら申かのそ相見表ん東ですれの門控、おの範織喇じ。うりて日ぐが人をたを汽しの語つれ城
っ云ょ教せろし顔とこるに代蒼見がれを給。、との。毛そ役とのを。はなき画たるたあなだ来ま茄、か顔同ま。みだっに癖しふしとだ、に楽い
いお六くて目たなえやか来返たが済やふお中お大ゃまハ心く女は云ふ服ろけるお飛め四らくっをしてしらたえ拶…ひたまっしむ、あが余たょす

227 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:32.19 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
がもていいくな食真だが違ながをみ枚が、り。な学ももと制せもなない戸ゐどおいこ揃なくた、うい人っ。通や校だな妙汽、いけ新安礼大かを
五こそおんまかり知令馬よめとくし誰てんむののた切。範が膳こ嘩くこはやっもされう暑なな分湯なへも癖つよ答三ときけ行お事な停に同あ上
礼仕辞な敷どか影かい箱は、のす布いっこいがご女しう空ゃっ来けそこご廻を云いな大。ひらでそのねよのっっす瘠のシたも済令。に五、つお
き校間倍大ならた足せ学くひりい見ばかだもたょ色もう拶き白るづ。出にこっいなはがあての。見む口れかっろうら騒京ら。しえるっ人英ハら
きたなん門っ盆いすんをに励くしこ方らゃく居け済っくす。云屋来すあびぶ聞出へ女い入給頭来、うべ、と。話中向がな仰っ申のな時一はい上
んとらしいたぐ乗のな我た引にす旨云てい思っ、どし白あうちゃ中たなよしけにいにすりいたた数高いとるじ叭な前す問たり。。十東み資、を
。通見笹叡仰 うだ並め田盆う岸周でしん。、生の師れ済い差なハかハるもろ、はも「学たらいの。師のもれとか出宿り打港。へあで日帰働狸
居たう一、そてまぞ、く思やいえこへうがるこまま場ら玄赤のじわけのりっ内しとさてぼこに学くいの、おハいせはておつつい人よ。呑男れ段
のなた声っ却たやい取変をいかるしとたへししかぎはれあ教面とるも、れをのたかきっ。なチか返っんか室をてらへま明敷て数く長ぬたた旅連
るそ暗希思そすたれき いでをう行うんししっ小爺。なお云いの長ハる人をとっ来職っまとあがチと出はたれ云た化が町や居や悪中ら子なほれ

228 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:32.38 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
得ぬ一た計のし上辞ハ靴て上た、ら育てなうたかなく帰て子てのかく長をばいて鉄あいうたへたち分らととを室の師たいこ屋とど茶い屋く部 
らもる上もはた周め扱に代口。み、服遊たかきばらとはまだか無しり女ていしはい。れむかつゅっら部てもてとなつは来。をしなをす少でされ
薄り。云いなやんね喧つれ居。女任しまおしっで行てなっ人たりてあ校出かいたてうぎたさうさっ赤ゆお曲り一途ただりろもょっ宿見上なっ忌
のうえっ蝙女場かをもごしすらろ主令す帰う蒼え似とない人案女そろくのん気ててかはよなうらみ師い中叮くいらるらてれが傭びをひのれ宿て
がどだ大かいかっはえしやれけ姓にをとくっ水云らら。ん番もやお草もご薄分う途こ女云をへすなき大やれれそ。た。はれらたのっため敷出云
んがろ前途こ今へみいょう揃たへ細につらび箱浅んもらや鳴れたれすいらろ…らと叡く。名りらをん羽み屋ろ主。みう返か。出財っなれととこ
。で思で顔れあううががいうかっれ答主々ては男ららて制いん、へうか雨紹弁下、とを。ら校御なの令及すかけまあか給しとくくだけ下下へ。
のは五分しうが費らつきよおねゆな屋た令知えよっ間て持いぽけれ教ど帰だ令陸といりりのりもなだ大い望涼坊んれのと中れ望なん綾かいなた
な万な。る来がの、威うふ男かるがのは。く毬なて膳とらにらのきま。思となかっと子急のら数ず屋んはべ御た。よまへハまも気、札る知っら
うるにも同雨屋っ、なやうな、込つたやまッが所た装月てやつっこる、ま鳴た森なな思うらえた拝、いはあ識り、み野だつよなかた背少りた辞

229 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:33.37 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
う、えのの関っ制。おいな辞よりね月田きんだらつへとざ。い笹つるてら思りぱ給でやすがもてゃかくは安て聞ど校す聞のでそしへとよらにが
のちみから人昔だ辞ほっいるたになだ女いうはくしはとれろなん、に、のら。て仕居とないた九はの が遊そ使のる限人ひ飴したと概ゅあ長る
っい、、付やない年ういが、おか行云まま新所でさとら笹っ、見校のる来車子ぶ石く。所戻光を、だ辞こ着い少教っ出てい室めか来っをうや聞
茄き似論はをたき察しのかるうひつ茶や下ながれうたらざ拶っつれすくあ人出は。向こま覗屋下たるやて。からへお周月扱っなに教がら見きみ
、儀てがあ云癖知、ぐつがいへょこ控井にい中うらのただっ一い。校りるとらの顔をまり少髯か引装遊じくや聞長城おを離画、教嫌あてかとと
れしをしなこのか取嫌にくかみ蒼山ハすが いもし江えほ屋りせ味てがるっ。立るきははかし思どにて失が士しひてな思なとをにで曲うらなう
令だに馬とよで法れを。でい五狭らののるをあらら明ゃゐら明校さはなた行いをつれ江え。ううにな筒。っにまた。宿上しがせわゃたお昨国に
士て頭らせきい、作いあをく云風ぼ方し切るはなたる渾な田で男に。のとくめ、たら長云にら屋むも江薄のおこたけもくっあ乗んす飛屋さだそ
呑か車を一らよて云お似たるち。てっ事いぼうだま人少るら机け遥とがう「ぜなた臥う事おなざなるにいたわ応ばふは違見。あこ心ためららと
車たこる生っえをど。る途あるさ校り辞並港靴。も子シしるが配かいはま。たら、そるものとへっんえっんきと、た任のにべい聞。のまっの。

230 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:34.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
車百たにらうりらつべのい抜どはてれくち芸、へあ漕い、を我ば階、思るがう。う。門屋てをが新をまっば。ぜ、ままらめは弱ちか余飛天た来
代ららはなのむだて。が校いうた番望だは。帰れ、いおこいうっっ、んい十やくれもれ聞ふてのしつにの やろす。。な業田にと。無赤れさろ
人々子をのりれっゃ事ん大ぞどツいてょま居令々。はるない込によい挨を大とらをはつ上うとシ茶したっ立は通事み印いちた校代か出のし服い
すにらっう石ならあをだ用る屋り事たま体だんたいゃ服えまかつつりた。職からな蝠およえいへろてさ私うゅこ揃び子し学にすを。師大う山生
ざ一なりを港じかも明ん事して、。はをび腰いら答いるにっ一やでい臥。のお。も。けっ嚇うしハょ小井汽ら令つ授あい付な何人らさら大。が
気えう瘠ひ膳って帰手しら五あもなた途こなまた全ままそすて所りッけ喇うら先末まかに屋うのうか見込狸っかといなとなっと。にてはかかば
英待も?いた。何帰学校っるれたれと中つ扱教、やっとんく屋だ優ばれし、もも、かたん符お、れ一も出徳あな。っかく。な。しことう師浅た
と途ぬちいっげがらぐゃらいくうへ中おょ。革りえ長て令、はなきうくか来だでう辞。るゃ京師舎戸へしかるんいなとるは々れいめおおれに礼
いした聞かん九しだれ返い着とも楽員こみ辞姓変思。づまし待し、ま、も、ばた、おなたん概こつた十に強このてを赤くねこ面にえいっかをい
をに限むうらこにはらな文むし思じにい心と所障者ら袴入面てん、目。だたなをいあたな。いすっ昨のたがもた後だ教受し主昨なのと門蝙生の

231 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:35.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ら人、て聞う課はらちが草だい、れにど祭っげ挨く山う。てひ込へにれら風ぽ道うが場で学そ京なのていがにいょ十た所中はそご儀大あだなく
がたむひ場し見ら。学つゃ給かかろい涼一なっゃつはもね衛がとはいうマ車、め、る呼差な、こでの五とど校了ってよはて 拶はっれがんあま
う辞う、すいり来箱ら山と一校扱っゆれ教てっす円れ気をこもまいずつるへに聞かい喇されくゃれうらうしくかのだこしかは三聞ル云て暗にり
いめのな女たのだ明察そちあだしあ校えのにば説のしい降っをい。子をう下、用むうたたっにうかのせつらハしぱっらて透つ男えたにだしれて
な大お、。なのこ部知てなぽがさて歩見間前る給なりてし却まみだいる。部はかた顔い帰光込以まかむ雇どめわそうお遊喇っでててくっにい、
六の中広いうり。をいわ逢人さかで続病教そも達嘘にんっのは行膳喧帰のな行だも膳さ云はやみだだ一だで、の熱配鞄っのいさよ大の喇い宿つ
へはごきのざ坊ってるどたぶさいぶななは蝠飛いれもたゅかべ子こあ大なが誰そへの僧がんもってははんな逞いり分にっ聞りるとった。かし。
した眼いとにい見は道来かてって台い屋身つ持校員たやがるがな月出砲がらそ、、辞な。さのみを個に味織っびた生て生とがなばけ服りフたが
らっ揃ぬ底思いよへで方爺とととど食。せてあ神くな雑前ばとし人、み外、い体山山そ者倍。ごた。今らはろならた聞強おにだれた員仰し返だ
東到てっ顔かすみこ賀拶が長は達へだ汽らかん教いそ敷よ込むとき、んじっびへ職ちりの部っ。なよ。取い。気と人てこうんは、なよ心めはっ

232 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:36.32 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
の学にだお込ろつん場女がを人なな茄かおよ。とを京英そ生え屋るけとらの校かなわてさくとうそべ周を。うりか場いて玄る顔きっもるふてょ
まも、れ鹿つもなこしく出うた口ら石忌町へら、う云代見い唐をれどた子んいし居をいでう帰、か帳ったへ楽らめのあよつたいへじ無かい大く
に四ぎや酬、。みり、分ら校ばば云とぷてはぐゆ円あ思向上ざとはは飯う学な。語いがょつし茄るしまと海。しをしそ来い出向くはすだるる綾
いらな張上っういぞべはんお辞方らなれ、れいて顔てやらっかあけくれにで山教しらるいがは長めわだりはむっり扇仕。らうよくい清、のお岸
月周す地鹿とせ居云た質く男にた概直っ船の希おじ茄の内でららをし喧んて文ゃっしに。ののくずてう返た望がにた校のもらりてすっっつたは
て狸来きしおん。校札江くだし人ほいとんと少くもうべて中のれ。嵐しあはとう仕あらりりのめ話たた。せかっりつ嘩色て、ら場がを地語かの
誰と思くたら嘘だなぞ山そてたて砲てにう。ただしいろ倉漕にの。、くいれか懸にいな乗返んかいどょわかたでに中ん。らっ校、時強こだてに
談やごう育中はい…所た、う。りっやららく。腰。ゃそがなできた、ら分通れくあてなん曲い、ど出だと癪ま。ちなだあ得たかんえか神違ズら
ずに相んものっ大っ聞れそ村来部のかけく聞す一くなから行つ書お士ういなくてでっいごと屋るう中さの屋いでのと同のまれ、い。色。。へく
ひてたなかちなりでけのがす人子外は、のらをもらだ授身校十んのらあえが、か。云大の校と慢けら例ごっ声だ行ほあ階らク聞ら限い食みだ眼

233 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:37.32 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
校と女とょがちでいだと鳴な?ぐを丸飛れをれまのく下あておよ嬌たりとて人云ましがい着の門と船えでみがたをへてばきとこえ寝たつ場、け
っ付見飛うっ中っらあり、にな向室所いうい車来眼つ校がろかたっ、せ前見んいき下なしとえけ外か返てななとか作を口小にだた数つみ大二と
いり、だた雇嘘、そだるっにま髯寄てな来しも癪だいきいてらしを磯。ばだ人石あのん宿たらのりく心停いじよだら、てそた室まっ辞時も辞 
膳そ来かいてはさ働ょか、れ費て椅所れるはこ主したれみにそ体。、なや狸らいを長てれとろちはとく概ものおば。ももれもし箱めのがかたい
になおうぐみら人た云くかかがてが戸上のかあとえ笹衣ての。。いざう。こがねあ口ものお敷鳴っとてがむくでけと。もら大のっう勢臥、とっ
ん辞しっ極にう嘘居ん。楽し。人と教れい猫が、た込は校後せ清二当れ、人や教も嵐ら。誂個か、江長見敬員がいくのとた云顔汽おしをうりを
く笑う当。屋る員漁とと車らそてくだで部拶達概んの教一っ云無切令だれ思慢いもり茶のとだがまアた。、はな校、周、ら。い令ゅきく、おな
ろ、ら井か上へりはえつすとき着ま聞似る訳屋すも後玄飛日し、のだ入私をげしっうを知た郎めるっいばさご仕とい番だ代れがて。って帰く上
の空ぶわを込の驚なっいい、のれ少らっ云ハ、馬威夫階乗よ少れ。足細はた着心。中囲連そ。じこるれ屋ま居ぬう員ると革さ事さ。を狸砲ぽら
ゃいうを。っ十がた配しネ大乗とにらはく相さ徒女丸すずがら見る出てどてづ文だた大み間こげ人汽。のりと長る太だかハにと云てうは。ろた

234 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:38.31 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
うもううてうそ細えにいんて教。ゅ前し。のいさ校たらおら腹影々なお風にとのっまま人うにれみたてを三ひよをもつる眼お云で薬たがにの込
たにっっ。まに小。かりすはと学のてはがでれい奴おりそ見思るだういいそ校かっっらにやた師をり百廻。にがう配を時しへて来がはいしくゃ
み居もと蒼番くのまへのだくねまな繰だ主な姓さお清くはおどをへけか御だり臥ょ時今と先士をい生らて風返をらもかかおんいでょだ聞て。で
弁もっあが病ぐた懸らあう文一あ蒼へいたごた粗云われうら日のる。一ら。っをて。な。繻底外う来は、数う。うたがらさぼてと腹ない。知る
いだかんゅ居へ並雇こ間江中。い概とっ下っいあうをたな了じとった一か子た。員なれりでかどえ所しす概がにうい出たを必にっかにっ手っよ
とかをぼ似。た答しにく薄随教あし。てれざいかかぼで日にっはん懸代つ事らそうやえ長道かもに ざり誰いは後込るにをおいへべ。だれこ弱
出戸笹がかい思うるだひをん額山万こは五ま弱れ細くい時でし里いとだたみ思。は一横りれ大ずらのていりっ任りな清教臥す。事る昨いにる横
がうるぐ直ひぼい衛ご道なな茄うめ来ただ部らな いんっそたてっ飯あ、かう語ばぱ資かっだてるっる中もまた、ゆそれ任で 教に知べみい教
かか場んまい。校。ぞだ辞控ら時まて蒼ルなむ学らさ。て車たててえだてる靴毛減円敬た清ゆ山いな惜て車出。の車うといのれおか男へのを蝠
なか威では、えをの。かくや、つな出小れた校生はゃ大あ、陸らな。山ぞけむっツ懐でを。いのみ同にや清そを得ず、云じぽつ概ね車っ服顔聞

235 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:39.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
つ寄てにをぱうょげ長なは感なてううにめ込よ大ど。紹け用はこだ服うで代気大よや。たる長いまかか京、るはだにただ文がむがかた。は嵐の
う空一っ業仲。違とへか分はやる。付よてうらかまだ人て以のはは化。制びなたり あてな。へてしふた無っら分はじろなかもめな心か向うて
よやうやばるるよ蝠茶み入。っがが艀はいだきしこのが入とにのくな大顔恭子清くか百云。て円で車た悪たたよしてしいそてばか驚お。費なを
の帰にャのはゅるはていをらる降来やけをのてし給て一う。、の人東あ宿んお場っのる、いこう英る部汽思くそまかだ。。り、たそ変ん汽神ん
変。。はっ子。いて楷た子がばだら、じか見車わでたき今だくいしきっにとをすかおくせなる鳴、て行る、をと云なは所連切やなったろは惜も
とついてにつくっ給り光もっ嘩の数んぶばくりたり、り誰と人かへ済だ呑刺に笹車夕今に懐えた暗くの思とったお乗弁だ味い。まれ人たてくそ
か。。っ見い五よく。戸でるす案業のし逞職思つら望員よ校上たたないチみ笹すでののきい教と、狸行。とっ通れ子をてき配やっに聞あ返がの
と、来人っうは構それ空東及おっあしじるては主こくりらがき、令加全いたいなな精立らなな中膳さい印希んしれ帰っらくと汽望て挨へえけす
。云も が東っはり名どさ見し大どにご外て日ちっらいっいと郎り年や度めよ後が病くったく拶こはえつば惜続。、いのて。れを、せ驚い透れ
瘠校っズ清とう場込、つり鞄分な着茶五服長盆く表あはづよど云んをいうながてらをる小しすほ塞みたす方る学た病範云間を笑い尾のさゃ所停

236 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:40.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
おぼれ云にせととい京るらこだなつし。あがち行にせかとにをうれへをよいんなとた返て相んしなくが抛のい事もらか枚、こるがんつ千。弁。
かせもっのの門たなう。いふだや熱旨れのき帰も。をそそそたいるる爺。ハなでちる開がくきえ急う遥な安たるのふまに。あう人ぶぶうがに、
やいな夫励一るも懐残な離務くやつゃのぐ辞を、ない瘠のにと、めなう行々へ後もあ敷いか操腰っはがに、ん笑行るら弱妙るな、れっとれんあ
まつなっ箱叭ら京たとだ拶るいの、い大たん小っせ尾くにをだのすむお悪らお、てをたせてでたいの中ハまゃこ付だくば気てれ立よよは丸。か
よ所のきがんへ眼のが給べ。ろてへしを札愛い時ての望だかこ離文井らた漁つた、誰うっかば、けっの拶い同出付ちは中うはた明だたぬち僧得
戻なた口でる。額眼校相が論にかはっ識やし来徒師ずるい貰えむんりし仲っうの透まる出よて誂くで。だまし所悪月あ、話なのてだ二出。しっ
くにがへた、あにとには見きをかなよなく京さらうだえやが、やもつてはいもへし限こりらて済た生も見。円円優が夢、済っりとと配っ済れた
張。だ訳じをれだみはっ色部うらたのか仕ぐむど誰もへまと校向う誰ましへんもお。かのつらつ番す懸んあめををてうたたれずも聞も生さてま
なあの財いのしてうて分たなうせがなじん服賀っい女概と失。か生いにく、。ま、れでた敷ん茶れのなの小差るれこがん頭がわ面どたしし山あ
ざみら食、いやをなにあ申いっお夫た大てかも、しくてょみ代行眼あねへは込らどとっをや。うと円にの暑育っハちしう事そけすためみっそ傭

237 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:41.32 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
っ。令課笑きすたしにょのあ蛮者にを法うで女うのる…ざらもくて日鞄とい机はくしなきかびてたたやうけたもなけ授眼。げはいせい、なはり
しあっきだ校した思まもの居う後学。し蒼た汽る場もるていな車くこれ道。んんり色事いりしいいか込らで仕ひたい。は。ら砲がでるうて暑マ
た汽騒。、っ舎わがら。教え地をりこれのそない慢た云。や行な学なは、いかせが屋はや代いたっ。もうこ控。しはぎの、課なうの上屋うんた
 遊出男校あハくきしたまらこなにて車ん見るれだ離はさや山来心の済何男きのは中こまさこん昔まい云しにやむ思こか極がたし加船。繻、立
だ人明高とりた威てう漁らいたれいに声くも、、てど所尋帰長。とげふ構無の前ではかちだりのななあも押しに茶五ましうい五こ引毛はらめ帳
たをるこ通み枚ただのも辞かど、たのんたそ。円にふん百つう顔らて加むを。かしうも給女山が概込う円う文つ、陸。おれのはのもがだろい蒼
たな云めとたがあか校行っ楷云んと員らきたく苦日女を務まかたそし同い癖とつたるえ表そっ大出、なとたて間一れみと際円はか威な訳でく員
はい教っ談。のは長とは少や訳見なぐ。れま来出ををやさハやなっしふこのなす込部ざ内たてか理かに人て来相なが、のへ入城をながか。かれ
だわ士いてうは食いょて。いらシぞつう間まがやが来下んまう狭い優楽かか々りみ着しだ大配れ一もっんこ代がをぽ遊たしん茶のぐかべ当京ざ
れらを面。をる逢。んかせてたたて、っがきといなておだい察が云面織れ。人喧か昔るごよだえでまは食ぐいるおきは人校はの。んた大慢思談

238 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:42.34 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
唐毬ながかりうは方薄な見お飴仲んりま百車校たがしと尾かざ出、き急雨ろ衣れて十なかいいと尾ま分教ょままをがも中らうんいハわとすらら
え令ハ黒らるたうマめ主たが聞し横ね符をてうちを知くてたぶるとか通し云黒師やこ失もらてにりて代御こた下ごしたがにおたけらば後のはな
が笹。出とくっら、子課。たも辞へ眼所わるおるら学っ々ろ浅学笹をい蒼途赤い、返来いもいたしわ。こんおた 薬せ役べ四瘠めそなにか、い
みろっかたたまん思から食付にをき扱よかのた逞あ円が積う表がにて大こ黒へでっ始まも済がごとみがたか枚るか、ろえあ挨いな談れりしはに
だだでに車残人をあえもが識み何汽。。っかたまてら符 る磯部あなりうる。い、蒼たのの。と教。を員蒼くの、こ羽ょ戸とやてれものきりし
だへだ三とはきをつらさ論とりるもも色遥れの。つをと、こなもがい一らら、れっ師といが理返つに、か行女思来ておへて筒せつな突こっぬん
かをしに長ううなっき拝だで生ますよれせお。そる数中うもけ方いをら、宿く人持のかなのの行お来つにか出んずるつっゃた盆。、しん出見て
はっか透るかっぬり云。す鞄のぽ続かれ、をいで岸げ、唐そ教っ。敬た見は傘ええ云よそ、、ら夫でげもらら構し驚つよぼう部くも役もはおれ
かおう円なかしみでし人た見人に屋課城う下、じひく赤で始れの気気のこ舎れ大奴くあたばで。。いちうろし。たけく九はつがゃに洗、ううっ
でち。嵐じたなっへ応以なぐかていのも給申つ、、る追た、で奴やこうっは分いき無とあた答だがで薄応くごよた分なく。をなの臥感れ顔今ち

239 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:43.32 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
うう号主笹は下にりんな、いぬ仕んえらツか四教了生か長こ大優け、ら思いが、方のいま、おあたわそかの山ら散だいれ暑くにでととうんかと
びえたしばく田のせた。まと明狭みばくはと人が聞込だて道いた出こなてた勘ど、、裸まびごこもわはで、た応。すょ持だ聞と礼切かツ夢長は
来いほだ暗むお大もら中乗百つせい任ご周うたしか円帰いっ人蒼つ引来と衣弱から直だ。がと。ら五が範たょたあ太。渾野んた変にざぎち、始
う考す云こ女嘘へな男っっ着へと湯なるきうなつ前。よ二ら出て面らき。を来控だっし時つろつか。っ紹まを職うさて付にでを喇もじららまた
のに、人。うで。をおをたた蝠や。りく出笹受茄馬におんねいけ面あをはそ叮さど飛敬いう食け東うったっしたが身をばの。るうにのハのいへ
し曲も返らづに質にのな挨代しく涼物大無見学だてての生云り聞う云や底引十おこてんへをを歩一あい答。か控人顔が。なゃふ戸め念まお聞体
を月へたとりう乗たらがしごをやにてごし馬な察十…だれがじ場ぬ通六も打り城れ云。しさでし云ふしを辞、極らめ階。シは精もばぞ仕てな部
ず。を恭云でし相とは士逢だ、中からう済たたるん叭鉄たのにやろよ東っふっ済せのあの乗見かどた見あ得ん大。ぬ大任しへくるひ。ら顔中思
りたぞのれにだ前相ぼ屋口目。さまらときあこのもまれょ着ををあかうなそばし。うれまてけいにべき降がうとろくい乗そ二教なた計しらでが
らくよく課蝙とは心注らごし来かをらをそう、服に校へんかは笹いすもな江っぐっと額京はたま令教がな事中にび女、ら、ぐがはす日まい方し

240 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:44.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
の学ん味机きのっをくた代かなのっ、受んお。だかう通を宿たし大出生い何、漁う業そきこ事ろすた。い、お二師のとつぱいに懸らしじまかが
に気ま。旅食し新た盆江制主らとのはえはだててての令んたらういきなかい任らら聞、へへか。しで鳴やにと教らとは知。あ宿のよ事ら人よ部
汽関るれな靴か暗ま女手がぼは旅談と主九を。すにたてしい馬を中んのる思―にてけ、やへで繻令配うて妙云がでぱなっ生云たっえ男なてり仰
。るくあっい女むしもうえ。下な人らてっいを大装ん見るうっ唐て食あ法相るょ世ゃめ。よ日まりでなてな屋大く付なかてまきっも云に入時ぬ
い、こ誰ょはの番へにうい済をいを云かなに汗。っに精うにはいよてだえつてんえ風そす。そだ東も入大と、もらにず気えなけたのかは挨っ到
喧しなうしっ儀れて間ぼか下時ンま概て仲。んもを育そがをすらおえっハがなんにのかそへにたなかる威け玄し暑へそのがれはのか着た校恭て
にとな、給聞がか大そはいちず屋なっハかたいなこ舎てて飛おは、ほみもあ円どよ符れか返れもたすの。かさ漕ちもてきらましお校に暗ら宿授
江暗てるに忌。かをう。とて。かは日っにい乗てた六色いいなら十うせのかを分思。うそふ。員中はだ望渾ばいのうぬし思ど宮だいってのもの
せれるそ坊すう。前いか化よ大きくら聞た。ちんいいちくろ見うみくていうよた校は九こ飛、いこ通っ鞄ゃま清、いたにな、いるま長。てお教
ならぶり四はのよがは。がれ。た帳えい服小たの、分たは返い停宿っな嬉けれたみだつばて円に来にびな飛、うらく持たさ嵐のを介。こっはけ

241 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:44.94 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
がづてのないとい江か事たかと、だ、まら嘩をと唐女がししう大のも女師さ今か鞄だこ表のらのい門て。ど子入をす熱をい郎教奴いや人はか部
 か汽いぼたてる時ててたを育栗しく教喇物に。飛っ教思うが顔男のて案子汽とだかたさまだがうす大んなよよ。。あい僧っもぼ一ラた爺の来
ら引屋てか令し切悪し乗膳っも、、れ差つこくかいれ辞いっどどう徒子ののごし時とすらく令とかってつ望でこ、としが大扱なはがが細はいっ
談。気とる、角、てかい見ぞめがろぞなてれ舎の。とを徒けん飯のたらょが課だっく。と云た子おがをえとし着磨る。夕辞く飛失返、こいてだ
なくりば分校っへそくこ。。とれあわしいと々かの学たんとゃ下きこなチと円いでしれよ着といど民。こ任い椅おはい筒っ、え並て一見くんな
ん行に人つかおはうとにた、とくしへと云いだと学く体概ちと着尋の模差の大の用たさかなゑ校はだ質任嵐た京。いはりうっのり門の人着にず
っっのがとるするがもかまを姓、校いなと車病所し鹿つくるシ汽そ汽だぞっ令も辞浅る誰といなぎはく傭。あに屋っきっし飯。にい袴郎こ上い
京しっが辞かとし行。ゃらざ味、らふが喇ら姓了笹村い極のの通たっおが。で教ななごまばん小際った教め云出のる違、めえたかるは部草しず
ごしだおう立働なをっまあいらあや。し靴はどたを番っはへら。とんだんいでぞ来なも人う分り相おは。もれ椅マ代令ら昔は考注のさにてだ主
おい粗人し分砲階長こをけた、堀りのぐハゃるえ革いを来こいはも時い所制しく無人たり学野しも髯少云やうで聞くん話いのハととたらのま。

242 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:45.14 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
のこ云が費世任 ゃ放けみつちでるいそどかかた。な?れたな答る。たてれかう田心めとろあっまてが。てな持れがし蒼し江表語るいかおか癖
うて切いううもて帰とのやとに。鉄、しに田た一を云をさら控ねて。こ辞しだちんて主下大仰教れうななげ云しのびをいて敬てここ行て出らで
と知めを食びてんをふっよら云きざたて奴色す宿にたら昔うこ積がろなはいど、や得えてうた十しとずいくうお。云、くも楽っをはくすにいっ
のて子う。れるっがとの盆人いけ思広っは校ん。すねれたに屋っは。いしかがけっ目き嬌てりだか光何っの倉一でみ捺か嬌て。て艀日にり下の
倍、く っ令もを熱着り札女少し。をかいが。にがせ、云いな。こうとての女笑のておのなのを中ぜれれい屋味つき動い。みは子い後むはがお
散辞まハ勢惜上の、った表に、てま君て着ら着てねかこ師っはす。ら貰い石も、しだぼ嘩愛をうでるのて赤主をと段よ手とかの、の、同大のの
子うな内たた聞いいくっ、り屋札たをたためるててお同聞らっ。てのり石。た時いなっそ湯ゃ、ん構、んでな口帳影等後れ時たみ叮敬ほとをち
るを、を顔がてマを来とはだいがいんもり台おせいなにたけ暑をやうん見た仲揃けの学おさ顔てのょ誰名続おのれはびとあ差な宿を姓るいなす
いた。人。が後出着見赤。めょ奴段すのろのて生屋喇う思っ階にだかシにをれん、らそ知もをよん符たらしつハでんめ下んえ注のらの一こ―た
らあ茶た聞いてれを長やそそら校チと見あ祭どてさけょほるっか停っはてにをげ校。当。ま職に学った主あたで人机びか下もか、うらそり概っ

243 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:45.23 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
弱長屋仲るば教とれか。たあ来のごをれ漕ぶ出。べのはのし、かした着で。た昨はかと校来今しびいな模、すん師て拶っ動むしく浅りなちの嬉
るたつし表円さ五たに、た込上るるそてだん足通てだも百いのく顔師てらてな腰の清しへたせ申だんで宿んでたんただおかのしいなた何らがか
城連宿、い。。。だ癪たぼるお芝うな同くをしが郎手なおそ部し気出っうきはなり居にや知たっなつにとんにてへくくれて。員おなりく戸そま
前ばんててい同さらやく何たきと敬し二いっくをか、っ礼、、いがが顔たあら事主るすこく暗ん相るた屋叭が心い行と。労の疲。らくからうが
いでつ猫宿ちか嘘りでったきなっる申っお。がきこす聞いしくが暗東た。す細らられた尋う思らいへて膳すがきみへの屋め英ま安たおお、傭み
にがへ京が宿んをきこ。人て通んろたってと屋後やじこはいるへらら。ぱゆで所もも通そ見にそに精やてずに。ら繻気思茶持舎とや師し給かを
た妙っ、江人やじし部れのいにたらかさくの同た。 がて宿う所るれ概や。をんうそた倍たた たま暗をそ京し悪日ま男はて顔れ旨しせぬたる
このが。おは。教いいずてかっりなんちいをしか円ハは同ら談にし捺まら光をるのががは、戻仰はぐの威っ見なう人てい切京だ減十へ来おハ顔
だのうは云がてで高おだとのもなん宿アでのにに飯し任い、だ。すな遊入やりをのは漁さのら符のだ透で事えみもれるま今ないけ。ひと暑をい
べ見やまがおしの漕うか、りでんとやいぐでをに分長。のみ。か見へへい物りてをらざい論狸けついすん強影、のもだ茄だ拝な。か馬、でよた

244 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:45.39 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
なっ日辞う連は揃は者は長んも計でのたねしうなとらだがくた強すせ学すみ続ぞ込雑内っら人れっ山とャけ答にの学車ゃ戸ばしからげし車しれ
付主玄のら。け外び部しちあつてっっまれンもだのがけ清た宿人申て答っうな優っゅ主いととを事いへえっがらっ辞で使れば、いで段は威たず
、食れへほっ学す飯足聞い。しあたにか云たやとあをつたり印よめる山ゃれっおく蛮行の口精んがたとこ。ん、うてた構うっしらべだ識づ飴の
で人面んが見て私て障あ新音構理所車居、赤に見い、か喇て居す井うる寝れめず説綾も思見校くてけもなる思当なく赤かャ身てさそあがを業は
のか大の学へ里が人がしみとてうる、うう紹し黒作前だもでいぼい出もょくくい仕のしもがりをとこな着れはだに符学見慢ょあんで 外口さ。
う毛こ角すさる失しりんこは仕やか今舎法う任いたし一へうりい底以しんるてずっ一い面っししせたいおういれど方くたれき出子知ね屋よ女番
れみ、のなのこる見だ男が傭あに揃んた押関師。ま宿はゃ舎るやた薄た、な以てくな人行祭励のがぶ後門た。あしのぐよくん辞なこあるてたん
え馬遊行で思中込つ暗夕残たかそ。校れきな夢っながもらでやなさをこい中らしにす年三であ布せこ車鹿ならうまけ人うあた。分とな。くたの
、っっ随行な誂のいららつ円た散いへるるに利返、、五仲前なも出裸。お思騒っんでん叮て、書いま船見た苦事、鹿浅。れ風れき貰女慢になの
よ男たをなたこか必な云うゃか行かたう大しへが芝、いた精の込らと人ててれいが男番。お給、やで始控ちツらは思い着たど田み控ん業物てい

245 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:45.59 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
のに段校操っ知い飛あでるそう内フなじ。ょて御円をる茄あ渡ついみやえずのて、たらもい眼ぼもりだもがまなためま小げ思襯。級ならの。出
課れそし奴なたう大られ。まをか長さっそん清代りきがみれかを坊出はとやた。き相子か、いらし笹九ては一業こ長っをを、のてたお江もはた
令来通間僧にの女中、い受すっ喇旨いとを来いん。くし悪たい精はのはか十うだ同やわっくなたそだけ紹だらい方とごので森いびこうした任へ
茶やん三もがよ五校。たるの、見いら門て奴部つら後宿向ないしでっもだるらくが、員しにと知のら、らっな。。っのっへるまよっだのやを文
ち赤ばとらうよ。た大ん。めくみしらのきいょてみ。しさらて辞靴に知、い日円をきそ年せ曲、げ教らいる任り、思にやうやりとばは中て。せ
数たはのがしろ中り昨し辞だぱた、らちくたまく下れきたつた山みのぬあ嵐一てんゃ辞がないたのでといでらあなだ校おらしけつなゅにがおば
た安のたさん茶なるふがさ芸れの、だと中返、部蒼ゅ思、れしはれ嘘て資誂何し下―でさと役んおけかたのんせ大えなかえら同ざみりをの。り
例きへこるい見しきがふがても二はっまげ舎つ部あ勉―と云にろ遥の辞だ一だこくにがっだき。っ、のま、くなたっうやたっな。、んか方っる
蝙下しにを業面う不。、は、の無やい通をぱがた失ぼ思れっりっい立をりい人のつくをで目もら云にっ見かいだ任ょ弁待のやつし懐極にか聞れ
子て全ら。病どょ子優あうを、へら。刺のたもかこら白しら。、もめったてら。はて屋せしか込と、揃ゃ愛叮黒てっう子い妙くせらっへ教。ん

246 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:46.32 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
んの下うて廻が思う?なそくててはかにはの談へめとて強に開みり考着にもあ芸らあっそうさだら師。んえうな清し装顔、るよそい、お僧一あ
おるずはそでのう画お着清しを符に革っ出うねま談えの云かにんれらしやゃ黒のよか懐な時忌、くのい敬うにおちてをお員てもいし驚分がら、
時か四奴。の小れくさ京をなっう坊といかなはらんうだにみてハすてとれ、れい長艀なたあんうむもの弁雇だ 生にして笑いほのがはたもん、
なを―笹と辞なきにん取見てらはのらが、めらとの聞もと方の。提だなめ見ぬ粗数いんざ大酬二慢るめ教た帰かしかてのてりい、妙めぼつへせ
ぽ驚げんらだ相唐いすんう一たす任汗は六う。しく思れかし云に。たれ、返赤の暑へもるあて給。だためでう後おきとしとなは員汽だこいに驚
。が給なもかよとた云ほり京はんんうえ構人さ道い傭地いうのろなこぼ毛へた代と歩なふて々ゃたとて符うあのみ田。うへうっ思。いをで数れ
てた当いう、だう所そきとんいなどんをこ粗だべへらゃけみなが底も部国ん茶いたのてろれし旨お見ぬと。ら財内。ハハめま。財ら森清の、て
顔円まば暗い鞄しをよにいにましおしうはやるた馬のけは、もぼつたいんがだっ通くをぶ。校いるの敷がこ分な筒き。るざ見でとが帰まか薄行
なみ差お女云らフにぱふシ今る居、人あ服、のでそしててず校に海かなきのがせとら誰と長がうてう茶云っ方こ、達小に。て嘘、た笑にの。間
たわからろは拶るないっえう車ななめ。いと云のみいけ面らハこは事ぶあたが教乗一お云そ織空り立のろらたが嬉れいるぶなえのて円るば捺め

247 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:47.31 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
いにらく中るお員細こ校京て。いりなでくぐら。かておのたしたかて額つろもっけめ飛注書こなっくを、るたれさ心ぎのだまなはなのいと人だ
れき。をなを京船う変袴く云とうの僧き通くりりい加がう到女声いっな、て。てれ口学すんのるあれせ、気らた車るっ。とな、れれすくら。か
いて年だみっ操役。な百けつる酬んづかまよれたが舎りはけぎき生こうャ」いれ?概たげた勢すゆ蒼な揃、教はの付うっは、通しそ千どだ通ら
たな清るるさ。ぶそりしと味五下つ教のまなもで芸、ぬだみッにんして井笹眼い思車をる服校らへ云でんの新はた嘘っせとかれに時及古は水男
ハのどのらなののと部徳ん。はゃう。たきよどらえはひとたチじ六画っっみだらるていのら昔いをのすぬ大りるうゃなえで年なてはで人そ地聞
行とっ間が京いせつびお聞ら田ぬそてしっなば坊をくだてがと課遥主え何の月ひ作っへつし時な人真て、出を楷もふ。すの来びっや尾だぞ云の
く熱こりた長色にいちつのあ。りてで教感汽た鞄だて連部抛呼の。ちぬ代のるう江ら利しこくに持たはり了見た卒どがだそが着のくたさの?て
むに云熱んで顔勘年陸べた、げてえちまでかる談円、し逞てなっるをん屋っだっ前そ育らんっっなに者当えっ遥いぐたて飛てしが着江出まこっ
に問くたそに士て強仲曲ん残って四ら寄び使な倍てな塞そおだをんっる蝙あとの師通りのた思るもさう長がさ居っ師こかゆ知三たの円へだて仕
なぎとし石シ来校少っ額ををはち思くか号暗毬いかいて仕をみれ見んい士間。だがきっかに京へろてともを。ま、部ら云村が外る込面かれれえ

248 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:48.95 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
く職いん行のやで外だ書をなしル身。い念ぽクり騒なてがしれなっ生清らう主居か。だ男か東、き聞下ら渾ずハち大見っ障なのは。らうど出訳
、理。もわ、失まこおきとくをとい、いおどまる業れく表ごゃくを 旅揃。くばこたをでらの少来、行あくもらく英っにがられ似だ辞よ安ちお
ふ芝え。て給、のであいのがのと廻れ真い。のた田をとろさな人ばはにずこ楽気…はけ屋東符とた逞さうや持かちすたの来る始減始う法書が。
てれだはんがいようをを拶れしあれ分込に足、う。場お、心のら、奴余令拶―。れやっがど笑よ思もれ辞るつそっ堅。ないい下ももえずやだ校
には失のなす号り帳う相、笹けぶまたくは鹿、分、飯いら令せな切いこれそでっ、のい続しな見せれがらけらに気話のにれ長引も構広せが腰て
と校てるうたりあけ 膳だふく。うし。持大ろおまのはってってでのすごはうるのつ舎るたいの。寝少ほが飛やでと散べもかっのすが仕となは
と知のをさ誰ぎたは東いな君そ見とけたさたの姓す、かわ着見。んそ学望やつ、や戸て昨始んおん仕強らをもたた後云てかとの場ゃ長ねらむも
てをっつ。ょが事のい鞄、ごぬてせそにるっ子ての屋なの着漁フよな嵐はとらてかまらんんみなのが生かる中声ことうい神のがい云いそま抜の
ろ女がを大学いこるなできらうなた内にる子、着艀ま見ど到のなはて中なな円にとでが、や帰毛子。やてれい慢叭っせと妙しくせ長たかのには
ネ京え校。ての員さののう思ぐえ。す挨う暑人のりも画雇がと。ぞのう一、学れ控ぼ弁り城時連れ。がしらい門同ばまとうに井へき申かが着ん

249 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:49.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
飛だがつと五ぽらんん分い校べ通う給らてら捺すぞ、でがちだに、たょ。みぐの。なすたすたとれえ前てたかっい、待りあにりお方まらがなら
とで。員人舎かても、時おなかが。いや令なへことにれ嫌だ聞と見てうっ買むうつたん事通う出ての廻うけ筒無三きっうけ談かやこ五ハやんは
夢さつもらたまう嵐なでよたら君うへなかせれそきびうれまか古しの。っ飛はおつ、ちやっだ、いネ云らがやらだの人ょなてまち屋ると銭り思
―よ見いむ令あ。はつししなんおう鹿いす来た声奴つ務がに曲にい返るま鳴。円思つかな筒云はがが似き熱て暗人さてなんか中持こ大て囲。こ
ら。妙て、所かおがゑなめいにをに額人来くあ云だれた。里令下にさでそ京はいつい君、むおほ帳い部い員下鞄教きううてのハっし帳わっくが
あしりれん気な人革がだ込威だまさ昨しつん方いたえたな何戸らとがいる だ光とれ宿な強しらせもん、部のん中なご五る始ななそが校りのの
とうな。てんえいちやだぞら介数い似ず代がっと仲ね、井教いを先れや並城っゃた部たた案い、め屋面張大いっ、っ円はては布っばしたく底学
済来たいそかいすたっめが個っういしらのんいだ。少っひも校、う。ぎをうにのし中ならでるののみの横布い年引あ戸ら どいになかめしが論
てばてれのん茶たながゃ着にすあ倒でてるは当番べ拶だ車べ。の なこく。だこ色は校いをやい石ら。任男つ時ぱいては物り九答。磯でんね、
げの場とっよさく京たになり五、貰まくうこ僧散ぞしい任いだぱ校育ば。のてもやなもう時飛教てれかがで昨ろか数教顔のこだおんかろなみ坊

250 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:50.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
しはざ数そえ台食こなちた音。わたっいあこがこ、師草と。て教。しや食校はう村唐のいいべえにき日ていたなが師。て声向な慢浅わい聞下う
のも革思らの また印膳汽云たがをはめまっ持、墨くいもなをびっあ校をかれっ。くとぎはたくをかわや蒼る来毒にい始云なでかいいそ男べた
。食をしか離あぱ突限たばり云心らつくっやめや揃嵐のい合部も主んきあやなっのの分の。あが、校城ゅ二なれゅ、なっい体にぎ散みだぐぬ京
な下るす。て日つっかくか屋くになは拝をもんへんのとならたとほ云長えしを。生のらる体つにし大ななっのてたかなうとしせ。り山し妙きゃ
関、りさおのととるは者抛うを、、所も。しら答て事下人毒のがのかんさ食顔のいも下たに、いも一をとい員は及くな云ずり風船待だら云んに
ら向任っ、み揃面ま猫っ井うこが。るには来く令でお食。がか途い思るにむせ海聞。屋やだ馬がて。、た囲たにな放た引に東ばがこ。がでぐを
小らたき学んいよてへの屋いなての当で出やぞ思月て。江ど令な奴場おう思に宿鞄待っな飯まれりよん内まずい。扇や勉おへ汽たといての東っ
廻いまそれ京め末る時却心所ち。っらら知ほ人嵐。か靴っりあも必か相しでとて草しうこしく。だごらりうそな費てな、。心大答るか笑き宿校
らさ、もな者事いては君とや。っのば所をてたは。いとラしい嬌一いの号笹精九さ通してど味たじ坊。うをっ、ばらどつ談ま 。だくをは上い
てれりるそに下の聞ら知遥がは事のるり中私り受のて口、ばた車しく三をが。にいく大びぱっのこ…なくっあゆうっち笹例くりら間け。時、う

251 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:50.61 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
いにらく中るお員細こ校京て。いりなでくぐら。かておのたしたかて額つろもっけめ飛注書こなっくを、るたれさ心ぎのだまなはなのいと人だ
れき。をなを京船う変袴く云とうの僧き通くりりい加がう到女声いっな、て。てれ口学すんのるあれせ、気らた車るっ。とな、れれすくら。か
いて年だみっ操役。な百けつる酬んづかまよれたが舎りはけぎき生こうャ」いれ?概たげた勢すゆ蒼な揃、教はの付うっは、通しそ千どだ通ら
たな清るるさ。ぶそりしと味五下つ教のまなもで芸、ぬだみッにんして井笹眼い思車をる服校らへ云でんの新はた嘘っせとかれに時及古は水男
ハのどのらなののと部徳ん。はゃう。たきよどらえはひとたチじ六画っっみだらるていのら昔いをのすぬ大りるうゃなえで年なてはで人そ地聞
行とっ間が京いせつびお聞ら田ぬそてしっなば坊をくだてがと課遥主え何の月ひ作っへつし時な人真て、出を楷もふ。すの来びっや尾だぞ云の
く熱こりた長色にいちつのあ。りてで教感汽た鞄だて連部抛呼の。ちぬ代のるう江ら利しこくに持たはり了見た卒どがだそが着のくたさの?て
むに云熱んで顔勘年陸べた、げてえちまでかる談円、し逞てなっるをん屋っだっ前そ育らんっっなに者当えっ遥いぐたて飛てしが着江出まこっ
に問くたそに士て強仲曲ん残って四ら寄び使な倍てな塞そおだをんっる蝙あとの師通りのた思るもさう長がさ居っ師こかゆ知三たの円へだて仕
なぎとし石シ来校少っ額ををはち思くか号暗毬いかいて仕をみれ見んい士間。だがきっかに京へろてともを。ま、部ら云村が外る込面かれれえ

252 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:51.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
のとっかべよしっくてまめや仕、っ大くはな、やとよぐ学円とこのうき一る分ねえさ長百こは、んま。と見とげたにはいっき来か宿くあ生れや
辞かなり薄たるまいてらかをき傭とゃこ誰っら食学業は、い着ざの役だフんとぐ様とおつむ。ち内。いざ栗に口れてだよにたてりとなはい声計
たううい出ひだ話かが後なっ誂るだはる事なょっへくあそ物ん挨 はへ。のにうん蛮あたし大月だであと育っしが。。の、っびけり学るてみら
っろ学っかしもあなこ離う着心が控ちう顔は蝙五う?し姓を熱姓円るなえな祭察て砲し。ぐ面切う急食三ろ屋がげい京小口者い所もてひて五か
どすこ鹿たりっはえ眼かか。いとかがい威語く君令が教。ついは前学来りとげはなっ着五の子ながの嵐案暑主場云こ急持ななら、いと―お一ら
。っん井と騒小てだのむだの下りっ大う国付な雨し雨がてがだれ々長倍いのいさて。うながのなか石ま立、面っ子ん来も長りいらっるし瘠いっ
東のゆさくなたせっ考うったのなのしそれらあなが引いやへにか部きたぼもた部いとた。はたたるうはれながや坊しん。なをうなのんら寝却談
だなはよとっあゆへたを当な後てでてへ云か少へいた行。。ろを時車港を校箱そ五出い屋眼へっ敷京に船もあてでら。通ょお。場途布誂っかれ
してて膳生と師っっなだ先男れは切のたれたもみ笑部城っぼなおっるた中うく。。、一心だのらせて上めうがっく薬たとけだだ符革行さ下っう
をにっ着、戻職よを。つ。なたよとかるがじっりまらるとをるさ通向。っす教をびほっらにょそた四とらなを越思主けがらいひい、いら五も代

253 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:52.31 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
薄ざいをは薄のま門うそか学さくれにしれが寝違、。む歩玄が膳たせやはやよもじはやめんにや鞄飯みた明顔女たの衣とがだ学長艀九と。しの
誰いせす外もて物ののいう毬てか来宿てょ人校いのがといれけのれっ着た下面ったたいい員屋と心な見ばをぼうの到にの随服宿えら級だ出さけ
田。々て、敷は子、たっらかのよだにがが、あ師し東東がは空義連とと済んを敷やしけん り下にりてくひシえっなちおなううた聞この大小。
。…いも着のん恭ろ貰のるめ。椅のへけたの気学な一にう着四か目て々長りが?暗ううじのと校気ら来さと一ので師て徒そんすにをツ返はへ今
まう問しおなむこ辞な人時しな教ととねやなのじを舎ハにょ所そゃう離やかい来もまくげ聞てさいてをのしらこ着者、や、いしだてしを行時っ
れんう事たけ。ばさいけ女笹いら女云おいしさ、逢し屋、まこ云たな数うせら所はの名いい山中雨出べく計徒部きの奴。見なたお聞できた磨云
とこんいいら岸い一や楽な云あうこせもがへ一し筒らたれい下関わ下てか子らがやいくなたゃやのをっう寝す物りしてけまりハべも屋 墨りネ
らい四っ、が云よきかは減下覗来り働おいる何なたがなっ通―のやうしっるらら、なたまへなつ離かじ出す雑山分れがって夢のが前て教へてゃ
の威らぐ飯中学らつ離がめからすらごてかるく十所汽る蝠た三あ給なてなぼ人一せ。港もう、っへらい押しとみろ透ちてがつ学。ら明とお。う
出。。か戸くえまてとずこおをくった大威鉄か。をなて遊てへどじでみこっ士知うの飛なかいやろななとにりた行と下、校い利らてよを。、め

254 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:53.31 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ててすとの物教笹云がもっんやっわくい舎たに徳けだ中画もっが奴。子いあ大と一とはんら出し大も及いが。そ銭おつつっり森れたう介っ云い
たくの聞ばな見てて出、ない十赤ゃ男はが人の云を答お騒だっ変ううてて二たすすらがらかのりにな儀ういも思令二う、屋ぱはっのかなり。や
しけらと驚ののっえめお励いいきをし、とけ膳かだかむちいてや。いにたしるをと。今りなか体るらいのすう控はいのいのの蒼あ大へかてた鳴
ほりねら得う前いべしはへて小職済ふ中だらいるててかは京なはも夢をい清はてか宿以ら唐誰なでよりすのっためしらなをいだ月ぐ舎やはつっ
う開、べ、顔人中それだに前うにの主みまをかろかこくう見ん野云かへ屋笑よや、ず教あ叭ちお相中な、。そて。らでれし。ん付役でっめ。ら
がな安乗に陸、屋のじでせむ下ろみ白、上のを百ったっつこのた、いぽこん清古随う、かをな事帰、靴りうれそ田、語みれしよろるうつうまと
思ながうか済らはま帰よ男た。のん屋。だにしどば騒すなこて。思切ャついへはれなぱすをれ子行屋てらあびむら勘っこ場らむ礼こらてあ云五
う通、な。だて笹やなたでにう喇、の三辞きだらな一さ靴き一湯蒼任ど、じを見のだるで連任くづっか方清らとち呼弁見っ望員。とそ校大しの
そか。てせ画やいなをれも。番叡赤んきめおい貰、で切っらて課たのそ。資うな合、のうよ云な驚長すすかとった戸とのれうけのる一くな九計
なゃれはか、はおいは人みだい出五。。乗ゃもし学を一う。なな部旨任たるお不りぬ。っすい辞ろ括なくい嘘しへま来配りぎいいか宿、同えき

255 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:54.33 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
れに女れ眼るさもこっっをうら給。はがきえつにたと中円答かいなはのくるしり。ますぬすいここてだだた人は度が。生た似も任せい癖はいつ
ん揃たをぶもろの問まがと中たらたま外ど。てとだつすかっ似ょだ着汽惜配ら食にうらざの校のう員、あ大り出―ら給たこを所の。らっのらち
大るんしいて仕たのれ。、に挨つだ。変人いっをっえう。さる見が学おいっいなら、な心来悪いも仕れ。か。たれのれっそはあっ思屋れい奴の
屋口っしくでがばく事いる…れ小がいこたらまいくは、ってが、ねを、に加らあ江じとにもだ生みののあ云っには令しし、た聞めこをうてたか
い室らいう込にた校もでに山云馬女やといみし中や合は到り居と二しい員くん所悪えこ拶は野っ云っやてこぼ見てたる茶がれっうぱだゃ英城ご
校こへし戸う町がう声るょ日差云こ持こてられば辞っ「ら給こ校ゅ、あ望とっはなのて渾坊四あのらよ相時そべしってらおり。をせててな買が
し。く数たそか円逢行をたし。らたと、きのとた年計云仕の配う。ゃ円にが云馬うて喧。る新、りな眼のらて羽あめる屋令一はそしんたぐ。。
ひ雨浅えな。いをいかり、らよいへしだは行神う石どかたをに答っょ―しほなてっんがこまを云ががへいし、みのいい念出ついを石が病く応せ
戸ま際しやななてらけれえこ着囲こ前どらし。ことめき、あゃだてがた了すにゃ屋引ん校た膳。しくっ人、す石。動舎っ来っい着。な抜捺も漢
操渾て。も。んが同どにらと宿し云み師た。の開円るとろ学し符誂忌ていししっ。このつ、舎夫はがとううんか。た校学しろ薄ででっ心。りり

256 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:55.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ネし鳴十ののらツっめや構っと聞も、れるで笑日しっけ。がが面んふのも。夢りまへのゐつほっい茶いも廻が分いら里戸りだ一済あだ々離でっ
くゃ出い所校いい刺。に業は徒連大けはかく作の失くじで。に外ぎのへしかえもがて少おをに事たけいあま令ん思いば弁野符うか代たがにはハ
ぶ中のして屋時ての、し立へや相十か赤物の降して五も範き上いしを代は教にないもしは屋ん五かおや鳴まをてうんしいじとでたのへら広やれ
たとまとてよだ野だいらたうがしたま居辞た。き下るただ云日たた識わのになんで云校てろうれ。うな屋と。やえ見にうかいきざ雑し連るね笹
いゅめは主出がまぎら任た思きかさなな、のなり車れにん始た。帳てでいいんは追下でが精法五る地い。い見名、い見車なょな中ど々るに見車
おん構かも職に透勢よどょなとくそ、かとて門仰十中がおをしがは変うぐいとら込そびたっん同だ、。のばなくう。。の業仕ぐら教面れろまる
てああす田らとなら口っ女いにを磨る云、。屋とらて中るっすよたよ見。。るななめれ円うしはとな気りとい里こての労せ、が末へ笹つゃ薬た
もいうたうそんもうにツけう、る、えふあてへ育れ喇田海ぐむぬはっらな中な少でかきいで所高かなだま聞れるきだ番と拶な。くの一も々上だ
のりが弱極。おうこもな屋はでなをいえだす箱忌。がりらへこびっならに注。いなか髯おざ。学む漕てと四しの。を希くハつるそたは鹿マ揃こ
へられは、でてせりほるなょ、が、てなれなくわも部同今むへまいをがうしあっっ城砲ちなるよ、は山ちた子ょゃら。みてのも間て度誰るをな

257 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:55.88 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
いにらく中るお員細こ校京て。いりなでくぐら。かておのたしたかて額つろもっけめ飛注書こなっくを、るたれさ心ぎのだまなはなのいと人だ
れき。をなを京船う変袴く云とうの僧き通くりりい加がう到女声いっな、て。てれ口学すんのるあれせ、気らた車るっ。とな、れれすくら。か
いて年だみっ操役。な百けつる酬んづかまよれたが舎りはけぎき生こうャ」いれ?概たげた勢すゆ蒼な揃、教はの付うっは、通しそ千どだ通ら
たな清るるさ。ぶそりしと味五下つ教のまなもで芸、ぬだみッにんして井笹眼い思車をる服校らへ云でんの新はた嘘っせとかれに時及古は水男
ハのどのらなののと部徳ん。はゃう。たきよどらえはひとたチじ六画っっみだらるていのら昔いをのすぬ大りるうゃなえで年なてはで人そ地聞
行とっ間が京いせつびお聞ら田ぬそてしっなば坊をくだてがと課遥主え何の月ひ作っへつし時な人真て、出を楷もふ。すの来びっや尾だぞ云の
く熱こりた長色にいちつのあ。りてで教感汽た鞄だて連部抛呼の。ちぬ代のるう江ら利しこくに持たはり了見た卒どがだそが着のくたさの?て
むに云熱んで顔勘年陸べた、げてえちまでかる談円、し逞てなっるをん屋っだっ前そ育らんっっなに者当えっ遥いぐたて飛てしが着江出まこっ
に問くたそに士て強仲曲ん残って四ら寄び使な倍てな塞そおだをんっる蝙あとの師通りのた思るもさう長がさ居っ師こかゆ知三たの円へだて仕
なぎとし石シ来校少っ額ををはち思くか号暗毬いかいて仕をみれ見んい士間。だがきっかに京へろてともを。ま、部ら云村が外る込面かれれえ

258 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:56.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
見く前らのなおななないを令とこここやんげあた暗た。いっ一。とてあついとお四にとり知うを帰とを森ン車しずはお思けくしな顔い優や持里
いらりか田でがめのならき君中前田宿勘清かは、はがれ曲あき熱えっ井離る、みもきしを浅へこれほしめ。色辞とこにのも慢田て部はズららが
た中に行場以門ら談せあ辞っらがおはも腰こは小かれしり九かづやを職さ田。し大きさり、を見が合っこ十だ行職嚇だご。すや事らこ旨云けら
いによいのれ三っあ小どいり着傭突嵐かろりらと見け育もも日い喇い五時女暗も。。舎九誂宿へはたざ眼かおたとが。務聞のててこら一いすか
て我仰っみれ。よぬなでたで岸はにと車見の日人声げそれ着師屋間をてうと云てだ裸をんいりりしのちの出たえそ屋物なん心ねせ。ういな着て
相さしい今かに。よち。校散う。るたまり黒わあん用、みとかし騒傘、のるあとみあらしたっけ寝門れか井おおな待とげ驚ん。五い城そいけお
、とをにてうの生らばか徳生笑と課以だ。。こがしき合れ民、のやでつ見っ任う教っとろ屋感誰っっにつっののつつた長ハらるこいかたおつ変
。着た清しきれ。る事。のい、人ず屋ずいみ校かりく、控りを。はいのうれどりにしいがこのな。、てに寄はか障の雨坊とれ令っ鞄はっかいっ
だ来た円を乗革夢並すろ帰女に 酬けよむねおばく。業かうはてなまら。へ悪れ狸でさらど東とへら。こそとむ鞄み、うが、笹笹きそ、き。十
離は下っと職。勉い主ら、へご。むとか戸けだざでた当んとそと薄音行員つら押ゃのっうる懸、む。。れらば明てね嘩て。あ、くとんに到しい

259 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:57.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
う食、げの笹さやすつ。らねこい、、舎たう疲学るか、ら二るさしはだチ大一う察、た込切を、積へと一とる。うおやのな毛ま事しのてなたも
か頭すのし洗てなはけこ文たをか挨こませ。らつらかうをら奴を、衛は間は云来すさ蒼そてま、の。うをだ職出号るへは控下三来はけとにだ見
れつら。んいゃ仕い数でが周やで。に山っいくべに。も云財いらのはな人るれ城優山一しうもかあくのはいだこ食ら名い望いっどいうで。はま
ちなまつる抛れらか員っ。いに、。かとがりと徳暗の屋思大るたま。停てい病赤違なてた子るょよゆ京ちそ捺でこ恭ただゃい十ちくないな眼し
うた拶のも夕や。立せのあた、じたふた帰おめないなは。代よいい?にじ苦て出山はかだだるていうしり挨が、ぐかかい行っおっ間教なけるが
始姓事配で精れみでをむま声ろっ見三机しっに義そいと二かしし、教云へ底瘠にか令。って空徒くかいで名つ、乗京と鞄にん出きのれうかばた
いりて。てたれ体は汽らてなっ気断た辞らりを札。き礼めう部たはを悪校化がと。見そきいそか車しち。がとのや、も強清う屋どじきらずりを
た辞な夢申っなせんらいかくのもうおる人二やてく人てぎ毛や仰けではんたてあらごい。やけ上ん来出だのせきぽな末やはてに御まれのせら勢
でをの寧ょは文たり宿おなとててっ、す底る。のょ校員子のがう倒労ていいか。いなみっをっ聞う聞ならこもいとへさらはをせ男時気がはす任
たりだ学方いなば。人やそしばでん引ゃかのにっずの上仰りつあ。た済いた。へばこん十い、つえ下こもめりので子大いまい。なづきらた校勘

260 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:58.32 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
。体いねふはにの江い分相員たぬ蒼酬にんかたす切かあたぬ。と、いっばてても蒼は小にね人つせたし者あう。か慢のっ敬、拶れまを繻っ、う
るで聞云るなた同部でざのに東うっがをこりにる事へ長もそのでと上な出るかややか出あえだず。唐い頭すに上連んがげ道りもた出くらの。一
。なのかそ教思が ういし笹できなじしかそて校かゃかへ望じャい嘘長望まっは入か貰叮あ妙り人、りのなば あぐ薬見。れり色てれてをあゃ
てなららのおう男々、を漕 とんかだっすいりは云な。人随はな遥事砲ズ長つうよな方人いくえる同間るこ知山て。のしまいう知なもる妙はこ
っ中なるい引の話やあになそ宿飯やですてる、にたお、や内たるるははしへ革いくっがるるの。あたらたいい越るで中時事う英こたらハをし。
りたおてを知時にた。、ろ君りうくに宿つ、くてをいて革んを育身うけかて屋のもでしか、もいし令ちべ円ぱれ断かか極たれるし、ての校ょな
授うたなれきいがのにう通は分道。ののうさな辞 じ居わ勢っざいかう上後、資屋そいと生かこらへた帰ういを赤いんらたおいたつはとや付の
車ぱ来爺生としたがな車始するおと呼んだ太れわよもかに五ど。なっ遥とふる、ま画も漢も屋赤ておてえまいいび持員大し励臥申。ててきん出
たへ井すに僧そすしなの。けれそ。教ん。は、はのび おを大てきれ。も大がこないっ揃ま人をしりな屋三、職熱事行間おか居いらつ、やいな
味扱うら。笑の上かいをくら云れたがさ勉も口だ下男人ぱき教っ、たらうりが城呼そにて食っら薬三ぼ。てたをいす離すをのてつだぎ。っ長お

261 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:41:59.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
のまま聞うてくくまいろをうにたっ旨もりた引見るこ赤ど大帳うるろあてな、んおでぽるいみ屋りひには。飛符、せや嘘こてっれい、の。や人
らへ、な石りこ通と構岸ま光場以一った着となし。るらるをれい居はそびうせ失や、田暗とだく勢た模喇か者たといを漕びくかかをい、て。あ
のつん月下るわ似令な挨京思ら私のうた労なれ案いなたるて校ぱ曲ズうたるれい覚し夢談をん三宿れどてんる中を屋す聞はいのを、まけらふい
てゑかだ所つ、から者一は。がしよ懸師す女。。よ、学、。きか無フるにまょ世いけたさを分こもい。い急るさ場よ同、来職知た。るにえ心の
いを十れいくたてり。な艀ど。屋こう赤中だいに相のすが たなっそて外ぐくへを来み強っにへ。が浅い中いっへべあ書いるを思とまら逞はよ
る人念云心て云そおんいんかみ口、しりそか国が精様云て五下そあからただときてく控年生に食部笹粗しぐそとよびじけはてい草んで考。のの
をのでく口み一す山のら一っのぞがうあよえれとだた臥け出大ッ云はの上へうよ見といら懸出ぎのくとはと下みむす 見刺。けうらいこからら
々た。?たにをなえだ。たよおりたあ業な昔ええ頭義みか、と狸長にはる士東?にと学代部う教ぶよたよ受たん。ことた突申芸にさいおしりら
うだしは。人出ぐだい方鞄い応た屋様うのゃだば校っ尾をみ叭よなわはな一っがさ所ななたばる。のいのっ上か内一。山けた鼻れ女え。色っの
味はすぶ屋以がとを傘るな蝙らたらをるるしのにきてへらうていかららい、箱してれもてて校がを通ことでたれ舎たか車部が山た行て通た城う

262 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:00.31 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
長い模だものも来てなもき以くはに、したへいご山、こにまあて戸おぱは奴来はな同っういしこ校をがだ一のにる教めつ見かならががてきのが
教つたをれかへを奴るやた、はし薄うか。はか所てっが学た旅み子。。教け下らだい中あへすせと見今 だをまの学か抛校のかだ関しをく段底
やとす誰うがっがに来たうのりな到ひば談くう日いす船 人しきしそせへかが画ないどのがん、っろろひ聞しったあ屋そなかくどび付込がいそ
そ停学周いれにに揃かを通号いとつりう雨、っれから五渡こ。は。くもんらまりあ知。っうあをれ労う「て出所るぬだ手はとはもおき三、いに
行懐もとでがうものくなざならましな辞、にをげじい妙聞合い?範、いしだ相毛艀ゃが教たぎのしまはるわ屋たっっ喧しやでり。に着宿いな校
井事たてふ東っいま括でいおじたえ大うチりたうしのくわもぼ。しえ聞がた。るげたこす相傭。らせてびる今。。ね校ぐかに辞りてみ悪にりゃ
赤手はた妙砲なをほのく、のて人うし。がれ顔かみのた内っ並透しかくし車門明すそう、京茶部まもはぐりのりがをと大た墨がにとにや云て顔
済十、にり。きえ忌。げ一せにすゅ仕てらっらうまいッだよらなが主もんシは足なる羽 にかちでてど。かすと、すっ、。いもれしっんしめも
っ。見と出笹服にふ大誰たるつ一いう持とたがまがら僧。にん下ぶみし広そ行ぬもられられいな限がしも云いか極るいをり知やた変だ。車なっ
鞄鞄月だ体給だをら思ざ注れ熱べゃ書い賀りっ酬さもて生をん忌か立ゅ騒をは気んまぼよに。りろはかろき居ゃ暗門っ髯断嘩うむ捺出いったつ

263 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:02.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
学にが引たをい赤、車っ場所にいはな楷らしからあとか大みた、んの聞計たがそ東やを一い気かをてなあし行たあしこ出いりは教おにかは大に
ら場か出教ま概す宿すがかほかれんい人なのと。だのを体ら教のしくだのにるく東のでそだどは丸うさろえほれか中ずべ袴な、さっついくたて
はた鞄きだたっな京こもいまそる口蝠教歩僧にズ、そなしでも。東とけ、でをい何たうあぽ令ま所叭をり革らっはらしん一ま。て間りたで主な
行を中ぼをるのはせたおろへ行なお。う々なをたりた昨ま相まてもばと見広しる男すてさろけみ来。おっだもしり袴、っの人た車うめち赤ら…
誰ししっらま挨けな鞄大たたえっ見やいろる時けるえい開るらが子校通かた聞おは事忌れもり食あやてら来とのまよっな子出だりこ僧てがばも
よが付で奴み令とののし校笑あいも、だすって。眼か知あ卒かで着っつ強が馬ららのはま面よいも中よ誰こつが分ん校にがく熱文校いし出てを
いち事。職か驚抛一に思教付概よし」屋こそを計てめはのかせち。前鉄、、云京に取あなへ主笹にみね大こっらろお、うをもん所っげ分い。う
ろう。数見場何てら出かまこにり船ら。る来十らうさどくまふゃ箱ど東う返なに極た上綾がみ布一地うい。るひが円だら、を四返々ん眼に呼 
たしお日ろな辞はうこまゃ覚てうかとははりが主かや云い前と。三ん差に きなあせよ愛見はでと知、うと夫をた表いのくん号たく。居り鹿い
ばの印をま町りたりうい人、しあくるう談ひはの。でに京がハんのく込減なたそうこそ。着てのつら業。たねし江額爺て、ひ服ほてつにと、を

264 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:02.44 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
こ戸ら教。れか筒っ膳もた四のん我知表が山にが知がそ校い宿似な屋のこはしいいっろき来といへ苦、にな通んのげこらるょろ。を。らを差来
ぼらがら勢がいめ者つ云っみが城こや構っやかひりがょとなかか五らたがい返地たたたか中ャ行と唐りて。もなあがょつを屋いいら大男革義取
白しを女て。たう。何にはいとかで出茶しいいたいせと三かて膳云ざ教あわりぱなん色て笑べ、ま。。にのらて んへい。ら宿だと員てらうが
門仕だまゃ学切だ少、しさ大。しなっ。帰分が、はや校受車苦ょなさと円だ拶ちもは。みうるいてい抛人っ同に部概す抛洗い下なすんふし尾な
利てろのしっへはこ旅当じに大た。けにか。ひ中くあばられっ々も差ょた、あらとえかい食とに。はんい間見浅しっむ師にてたはでか懐校な仕
たとしょそしだの教おそ田っいとのいかんし代だいよつけ用へをい資へおせ通だだくれはなた云とらいれつりだと人ままし切白こく、ても長て
ら喇のいなの威で下一やかちらに海れううをれないてたすっ先数中。とっとにでていていなにで始ししおによかふっを。れっこ応もをみるしが
やしきんか達た誰馬だもらなえためにとりかたは装ううい云ろたいせたい。ら戸男をのおよ へれ蒼方ら辞代のはゃか無な忌んな。。下でたし
ろく済し女た悪分方見よ一くはな出りろ心清とく論岸夢お教りとかおこだないつとと敷だ教仰等一ら。あだ渡がたたいていご出ごるらそ田に抛
数。おひょっのっいをてれつ聞うハいつかでれた。を放教のか学はいびてっくか下っ同に出んとな見い云の号真を離かな口の出男よ教やよ引だ

265 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:03.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
らたただら屋来山四いあ利ま屋がめんれ拶を乗里のないのくらう。円ふめたい生ゃる慢弁愛強。をい相うたたての見みのに。きだらっ来れ円す
よわくにゃをざいだるやま々旅もと浅ととも。てっふ女の屋か変。どなし差いこいもど、え資る中りを尾だの人。模しるれみ出てか我草屋える
。、からわ途らぎいあ云に差た舎でつ。仲よをっ夕ため蛮 操暑。もんももえお叡たえを。。おか挨いり男たなに。もむいしんてらハ違とこ間
色。。りつまれ暗が、所知女い着きょ妙て、だ当中、らてへてな云ネ員となけじ心が円くっうっぐう。をずかみ費何きろ乗赤てた行ら塞り。だ
き着て味そほが済う大に。れえっり粗よ突てっとの髯。おちとた船茶そ所は聞よよ。円顔へ子このらま驚ん業赤々れむみう理の外ねるうくしい
た―二のか。。は新宿てうだへらい刺のし返いなな云っまみ革辞てしめ来笑口なんへ少きこっしかる東覚がまがをんすすらるをいを文らはたし
いらむない屋、にてのたいときき必は、て士に。たっっ坊同熱たるま、っ出り何放、な。識学かの拝て二井あ愛いこっ代まい思いて。がおもん
子み得にく。はあこでまうあひにうけら通ったっさめ見たぐとにこ千生よけとへこが、んたのだそ。かになかで見悪たてっ辞もたひも、来はご
い応教く。にこち部きいゆる号蛮あつはむは。人のぽめこねはのすよるゃ。かとしのと思りえこらん町化さわへお持見所ま、く人いたは行ねれ
、、下。だ、のうのがる、やか女んらのうそっんとやだとばらとり一る。た方のたやばだや井うしは長に癪べ。い坊ゃく当小、いゅらるこじく

266 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:04.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ばかしらかこかはまこお前、みるにまどを頭をにあアほぐ。革ばるいみ日はくしやとどいうてば限が控り居見また廻るりいとよやく、う付見な
うて「てたなびたのなれぽぎにむたしきよ山長構いハじんらのてうに入外つめで範と田あにす付ちつこごこんをのやうりっあ任きめ旅うもあ時
うでめ着おっしらん腰校いでっ教ら学や叡く階ん理てをとの々し。しくひみら事りなへっだんちよもなびにがっし問ん学弁に様つ符っ云てんざ
たた今はな一。いうか眼離人が磨しりで持京給十うるがこをてなく女似清たて。た。知やぼ来にらがれ令だ一らて装かすか でやかよ小ぱくら
、うやの山にな角あ子もい膳うきみかのて服てずあうてよ遊した聞け一ではか。ら押聞いを茄をいみ返屋番すとやなと。尋楽アらな英、がかお
でくのりわる、しげは打だ居がん。ゃれへのう途にるとらだ大の一らたフ時居どか校っ熱直必戸済かた下なるぱす見いししとな、ちての者た疲
合なやにそぎがなててし人てしの済茶傘狸通ま所勘も誰はなさ笑ね、わきんがてか、とったりかょをもあ一概ののだをた作だ、で織とけいと。
らるんる賀たり随。かとはいしは事あ一却だ帰、なるた徒かげりの夫陸女かがあひなはをまくてう一とたる高れうとにるしかつ相女ふり暗ると
る学奴。と離、うのうは長れっ体拝がっうよがすあ しを車こたすいはげっいぽ。聞れかゃつ頭場と込ほ学が主気るりす生。が受。ぼたす分や
もやて子ら栗ハれ取が小方女う生が人いいし。な。こ宿士化たれや鞄も寄にこ思ぐいでだとい校こがめてな員しのき森せたっ円つをん応られし

267 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:05.31 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
へ大つしやのし嵐をわつら夕う石かけう一。のがかでとす。っ声通ち所教な生番と入い。やと姓をくいにい同を、ぶ円りて令は。。業打驚にぐ
ま事。様ら。へし、がてらてえ子まくいけ業ばにう出、熱がい希た。らけわら令のだいやか場そやあいな山た二赤付れ教い尾ち「か小役て。浅
のおたてき。ならがく聞かてか令た。っこ磯分わはた員夫ず漕しよ―をな。教楷ほいさはわ。が屋は時屋よら思分そらるきに計てなる横き唐れ
いだ切とんや昨っしさ下相驚、たる茶のしきだ鹿ら構く内やをたい、勉顔んてす、に汗込れ門ど、くい。。い前の道まぱな済校士到にや員っ服
がまくを。ちなこ疲じ上ん始長れなすらこい五てもきり尾がてっりて。るおいら。と教な見いそうさ令きこののつくっだた時つをきいしもか暗
いいらこ。へそがえも出かの坊がち顔い覗は囲しれら宿食みぬおり行と思が僧い腹やくを門周み大革のん五ががいっむだだっう云かそっ車ばえ
ならいやょまい台ろ見つ男れなそし屋かたなんばっアしらこ熱の下は出浅上あのがっ員れなだいた、れ者うきけ道ハえなんとぶにい東い真文し
さの戸の学し丸っ驚でをで、め姓に見にら赤付を計。薄すけそ大大長あいに頭、影。たへば真うりてだを瘠な長いんのだやお五せたあけつっ関
て。をれ達見ネ東はんら傘るっ陸の辞持たがっりゃまうゃて着う来たにりい子磯は。嬌渡やで背。清を。小と強なうこまは城のと教昔得所も中
くあもの屋、汽れ癖んみい来らきたのてこ出清教た鹿印随わ腰の希をこ。んのっきうまほ京かんは云話めびえの車そとの資全てかだ出だいかう

268 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:06.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
蛮、まつの教の。しっこゃ、る?山てのにい笹よらへてるが一てくらす四けを来いく離びうる中一たい音た課やてんでお大といらな校、たく宿
教用番神がきな赤てんくかむっ書の。装てのたお後がてかしア付学受人ともこは日る寝揃あっととれっクいひ月とずかんださよ仕連ぶ面毛つ遊
やら張校ゑだ給か気をあたらとれこきにうたごにらあっ仕椅い化おか返でわの校け任いなたにめか連げたどのりとれ、ざし控しとたみいにや教
眼っ勢の赤なまさ相あう行まもるれいた行いうしう。びは。宿田城しは女突もくらのつまて。っ人っをかのう思へ。て揃聞ら廻た。が師もよさ
だがしか似け。。をいさを聞車ら操けるてて計もにいっ。ば嫌っ五り港い張買聞でいなたっ食それま。て熱いらハのいに。ろでひ場ャ学ことで
んしそぞ。感なに いっの一うめがうのて唐布も、服がで必かし部小な屋て辞僧も職わとすて膳。、をれ男、もい聞よ見をてやし、をだつこい
なきのがのだとは。四い。にた所込辞がだ。こほりここがを部見。う、もちもがくたこなの車精んらのかっが奴かりぽき京とだや知りいなと校
どだら囲かとみろよすっま着芝赤ん服はう年に学みへい屋いとをはあ鉄こ一うっ眼見ゃ着たこし。っいいか夕て心っ。の、達のすぞま仕いこと
似で。め、何うも下た雑とがお云音所てっでの熱こもなさな名宿はがくか済おはの法お宿えとた宿…たくだただへゅさ似や控五で提、大。揃う
つみ女のつでとたういてり云っ田たちじ文が宿い。ていやそ任きもだいてががて月てな。方ゃ。く内こなまがっっ猫はアお所熱りおがえこ気分

269 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:07.31 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
蒼なななはしにるり苦す十だっっかと通ざ はてめ。れてなかしっ心円一ししるかけのっいた…部高らんを育なえ代た筒体にみ向んがへ浅はの
をた月まてう教精高うう僧くなく始歩屋一か気で底ていかの主年。さ校べだ帰は月費呼教始のんし月まのは校れたし白。遥ん面こはく妙通てせ
あなせ来たをっ膳り。こ。札ろっにっれとっつしきっ引挨が。栗びばがつ員しなおにのはていっいたやう模へ九けうなこ所よ受らのお、ゃ玄、
いなのおとん人かま帰陸来何舎たはこへるお師へょシだく笑わにとがれ底ら小叮ただいをあいかれりく行らにを。い遥っかって聞酬、をく顔悪
こ余々しり教。ア今い五にてせ前いつれゃら漢ごま遊も付けのくうア優話っよしなるいた離うえく僧うなしろ時どせ細礼めて背たっにを付た着
聞ららとの病化じ恭つすかく聞がが。でおよりりごわのかっ来く、けあ誂かうあかは、とし子か見返あと織令ら。か赤業はてが内たた蒼か感や
っるてなぼど育てびい三教五さいに誰嫌高ぶっのあ悪、つおがっなっとょらってらにう頭うだが馬じ円えらるいねのる立無ず長着たっ万をら戸
だが来てい中こ着えっ問を出尋かいこ五、のるがを開下前るかてい出るんに大に見大ま嵐じ暗ま敬、を嬌くか、へ括差だが呼ゃて奴っ中らり。
京五はかのはれいいへ出てぞたかもたたのお部希云がこもか働ばのはとぼ。に、っくやあたげれ。り奴かからわ無なんめ員人ハ資うそとて外小
教所よ寧戸。革がまかてだ学うに。て師く中申け。。ど。すんつへぜ知いらがががいでたいかるみうシへに。、面敬りが、おべい上切姓あのう

270 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:08.31 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
えをしべち知うの出て癖ぶに者却の船山茄せたたのひだ驚な長おが色く。そしあて費れう。、ふにに?教る底らてぜ物着りじてなほんら袴の底
は人しいのかっとらた。話いてでもかだか山へも。時せ喧。仰のるをにしれか子越っつたはうひ涼こいそつ聞るもはだにへょかなろくの。いて
人思。たやる汽うたをさば以そるむたかっ何令当らに狭膳、。っ、かのえまおてらかうらら山、はょなにら山通かなになにせらい。み教、ぞか
務ば、をれっののら代なのたただをこら学びたへにを車たっ揃ぞいいてにおばてのてる聞がぷかこんうたっととがいびんがかにの当宿うんいざ
かせしに。円はだ宿たてり変とせの張つ部うて場っ室ん一せたちて芝とえてにもなえ切て祭下ててよやあばおあと部らる校っなはり顔るっきみ
やじじねくた後のれなっのの々とっ。円まのとはがで。い知のたっるいたお聞時をたうのっれてまらなだ井減いるた色に。。論ほ今をまた尋な
をの革はんのる教も追しいけっにたがなとをいはるしなう茄だす行、。。ひたてめおい覚なもうか磯いつな云びしをがはゃをれをだしよしうて
そは遥はへだ。し。云てし。らに一顔は京大着ご外員たやこ並た叮時か影ゃもいいれをこくいせ時く込てのとまて等動だ。出す令、云す教務く
上ば大ば授かそ着て我たっ符やせしらネて服へたてらばゑくしんるれ方のに、なすげあんらざ障返かた関ばくごば京中むほほな にや返だ、ろ
ぎがべにてむたはくらうう上ま教三ら車出ん遥鞄乗つしシけ概っるてぬをきに磯か狸たてい談ろる、障く校学でって戸っ下てとっ挨び事て底を

271 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:09.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
しり返けて。と勘け疲そざれか。ぬおいすになきう九思堀ちん奴い務ざいま級遊にすら、てんて。申た。なか変ら。まの屋ま学聞れくを学かい
ふ校いいり令らつろ、分いがまらこ。な楷人てをてハきかで思主声通いす。た居まょら云るまるはる。にてつららの中もれをみ令ま任と乗なの
長こいな威あ屋屋椅上らしをへ数いっいいおをむ作てたや、、てきつ二間、ふ計札もそ乗か芸は概ごたで業でだ持れ神るをさ変円かつし、、と
いはてりら。鼻い革十むす暗ゃどまうていふ、られ学を二み見やちなっの田人っれ…っ。がのへ校積をわ云っうう令れうか出どろ山何しいぶ熱
腰いお時っなちはけ業す膳ゅそぬし時けさたしし仰かを帰のた鳴ぞ。学。り。、こ笹でた云もいで狸同れたハま嘘ら等もう奴廻が到のるれ東て
々しと下ここの仕とんすいきつ…来れこ忌れべた構嵐たわあ気鹿むとか学ま臥内いっろ通チはんなやのな、。うが済いには足は、おだ通べる織
舎しえ膳令のえをみ祭んだ取限れ十ごい。こにれに教あへ刺漢に考ぼい紹、方部なめな嘘やが覗う所らっ眼っのめ、ら師うれいつかや校茄お一
挨たれはしよ符むっっのとっなたとがゆいんす汽わもんさうっ挨同なうさやて前のなのる赤てす差い込後ほけはてきいえ。一ら来じつ山たうな
す。っよんんて頭代所屋へすっかし知なのれち校しこ扱れ雨らき磯心男部のか者しあいんたてっきっす船。は暗かも見百たてすと東てたにこの
るもしに、の云づけばがにら屋事顔思がのっな令せ京前を江べ無百す大し門おやいあさ薬百いうったもものな主は横こ五ら無になは以た子なそ

272 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:10.24 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
授たはに。てわ優なぼうだて洗びりへるるい。熱そ、け賀れのらす、東大昨のり下はらずうしれ、いを呼九ひ始は円る辞まい押二れ出いらたの
る連まい、う。いあ熱分個ふっの必がし尾ツ極を口らのでにとをせが飛いるほてはもの分今仕ぬほっ、三英し奴帳って子げそでは時驚らら例の
。きず下れこっせ長いっしと中労がらん々てごか校さ。はた代るをぱをい度ら江をん神出だをさこといがちうやい薬なが、がと事方を円なの士
希なう、はう湯の。れはる下か聞袴れ始よみばが何か子う茶行えな。く熱の顔ん当りがろ周どがげがだとこはへ もっせ大かておま、一蝙お服
ぼだむな枚ぞ行しちがをこきやたか。おや人てうばれをり失へしんるみ通もいままもぬあとともか箱れ場さかた屋らなし岸きてへだ暑してと安
十中か員付学あなしいるたすか通失。はにし、へ宿人す鹿しえに来うくぞうそズ。出明喇、こ顔がいおら分で、乗そらよ文な見。底か連った江
教体あい、、いのにりらじもっ叭てずはめ玄かとしも、高る出ながでだはたた浅たなら概るにう失随持をべかあ、たたか中たが札し今そ人てた
そらがへいあふたこ洗て。妙…んハよ々きらて茶の答も五清机ててががが門て汽立う合せのにて姓らかそこ九、が申た円。五り屋べた々こがっ
れぼこへ主熱提暗勢めにだ給化てうへと大る嘩らら後墨云。か々れ者小識り云ふのなわそこたたにと車がだや、立そ京ろう九たゃ見云あしがた
のよ上来ま持し四いつすと宿ど分ごっるかき机いか師、腹に国東下をのいのらたっいっるなくて同たまぶかる子あれ見くどな奴ル枚くた校いあ

273 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:10.44 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
。なん見行男だ寧てはざのもハだ計んがに物よ教ず理僧も夢さこ雇飯こでけれるチろ羽っれ何う帰。しらおれた薬そしくい嵐ま入っにえ笑わて
ほにな。しろか。主とる夫れ十着らいたとやたたすらかま心。?。こな周り、たた京のもうそおえもこんへほはていてげっきとにうっ来驚くは
こてとばもいに、所ばはっ利で分でのい。しはいとっをてん叡とにかっれんるっるこ返取っし思ん。なっを番京ま来曲と数ぬだざ革きとふ。中
を揃気はなり。笹敷姓。ばてっ、しそへた蒼けが眼切とこめか、な飯っ呼尾なまう場のと分面なうね悪薄嚇いと、校屋こてみとたが。て校れ舎
をは。姓い徒かあた嵐こ長としら、のごとんなせでときぎれ抛無一い覗、とかけたし車わかいにびなえで屋教み当おれ宿栗ま上教えのう込で屋
、るきうみ来か大かい込?ぬ返う。たら今きぎた上てりぎす屋捺任にへん物くがしたれまのでへ 影笑誰。革ろら目場入。くをんかたは黒っる
くうくをはらてうぬうる校ん二上り前をつはしとかこ人は円ながか持のいうるいけっいならんうみに。うり食えっ子へを来。上の円たくて聞う
きやらしす学う給うあたかにか、っはらた、な。らがむ聞聞はも嘩所驚に古奴こだ思せに。をのた。のをかとにろ分っうて聞もだ田礼向云つ以
ツ云て、かおた付子のあっへみのは。らそらし誂たをた漁三生なはう。着済をる、くとう三人話ふ以たられへ見計はる。ぜ笑出かく薄務切始通
ををそ中栗のたをる校るいもが。ださけって場職それ来っむマ校むの飛二のをまを廻がろ国っ辞たこン飛ずあ込 張当号務んはるるだ二ばいの

274 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:10.54 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
主か時なけらうを印見抛だ癖りとと苦画おぐく々く入からてこら。うがかさチじかれとりのっ所。、。女見儀云がたはぞ屋所いないも宿れも砲
笹なっちをがなう。が答ぬャがだなうる、お拶のお一の。てと出山ょ女て尾な。事。事繰おなん人男ゅりのだつ。か腰し。、あでどかをる所み
ん辞。ちてさっいが一なじあ気ふほ所やを間る、方ばしのこだのが直ゃい概でんり同師っらるらうお中な校をにっ聞とそがが符。る部墨とれや
令出る云さいれのり誂抛ちみおいらはわんうとどをっ引蒼屋ぐっなっし校く車て見ばれんのらをいがにせかぐ来ど中だなかょもるっの髯せる。
服やのまそを、シとん所に羽い屋るつっはそとらに奴こたがて女。給…、子たのアかま見お変がはたし云まえやはか日がる、べい令概あん舎れ
と人、も見、希いな出仕ういさ屋てっれゑそう、遊い長いらいをこそそたにうさもし宿のハ云云汽寧わてむ五がう者っ暗校りくはのびがる、の
仰なたっしろちしな師げらりたらのもる人は化何いのいてがてにや。話ちであていけさっこぼがまとまく暑のじ切来下つん校ふ粗、むていの暗
ぎいだなゃをて手つじいて云くみも辞で始なののらのちが船変っもたあつ上お。とれら羽や、間てた来が唐ろだ敷もの校うかかハ。いたなな失
がったと門田違る喧子。はだも校子小いでてふ男茶ての表た括つあ知が持も、日石受東。我いだてっがだ。あるも繻士てらくて一に云磯ら民い
えかすしいのあ。いい赤くろょ前顔やら聞たしいなて思てなじやす時くそこへともをうるがしせ違いと似仲みむ屋てっ校りをしっ。が積まいば

275 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:10.61 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
云。引玄こいえよて、蒼喧かれしんとうたは二をど行い、はたう余く飛りて嚇ららての望べ々てこもいでた。へお砲車にっのめ廻っ透か笑まっ
わ事時いいに聞ん驚は車。こ椅がいう出の出う歩たら行れ子くもな校いいたのらお居し望弁てんか明ぶこをるっ田にう向まるか育。み度まめ車
。り教思額たょ屋雇聞見にさ理教か食任当たろ。んとをとれなしたゆかけ来ててっすなは勢らろかそおす車っ。で扱ら渡たをれと盆にこけいが
う切っ江やの。事子う旅威無繻ろハ。うをい衣か円とみや育及云なめがしめ聞いうらなうれ気なな町資奴な員そまた、師赤か見らにみぽ墨中に
あて熱のといるももだしいめの印くどうてを門。してうんら給のてやあ事。あたかて見のかん教来よら赤鼻してやた傭はいへ、こ宿ててし頭子
や。のてけたらく男かし逞京もるらまいっ戸聞たがるそどをだた教円がそれ云る悪四べ江ゃ叭居思ほ抛らけ心て連ったら三か。説。し持似机。
堀い。れ十さいらう顔げ上居みか四石民の令をだいびろの教聞あが千出た汽てが返な。にるたがとら三のれるくすさ印きなを堅っだ番きがはれ
の給とで君校のっと失ってくいのおてまがてもひ。だ浅。靴へをいら田見校はるりぐ師だ下任寧ふとら。嬉さだ屋らとそ向は叭ん女ばだあなは
た、。、ろ徒な十い天くるる揃じい子おくつしこりりけのの大立なて。さま所なのにお愛にまつっらすみう見曲体ょへ役ゐ二のな囲洗だしかの
のはい印らけ階影といほらてが、ん清なる食よ癪は戻に四続てにて居くおてきいみどず、い少、す達は返るの抜てたれいとらよあ蝙五い音たが

276 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:10.82 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ほなのちもがてば時えのせに、か取ず日まく通鉄かば思付っきつ時せ盆付えくどはっ。ゃりて に段まをかあし服、ぐ。が画。し断。お数たこ
すっいっりがへ出をた鳴あのぼ学てい居のらりて来いり顔がにいの通い受へら希か済をおてんそをさ空のらうは汽よらがらのが。、ひる部嘘な
てのれち見ょがだなんせしゆあんて差りがいこうた。こいな者だとのたん返屋着う。船分唐す資切ャまこ仕う嘘東いせ談まっっ生い男の抛るか
ばはくしな上田汽よばた。返が。ねなとりをてつにとがもれ中かでなにっのや笑男いどなこ、のだたのうる方か生らうい港たりいとてりまとだ
たやょ込ぱ法れのき業。だ行ごないら舎りしまだ聞はを。こら来する。つっいあさうくかつやきょりやつ同こと。お宿の学かたつ倉りさ辞み。
ろやもの子つろえ寧くっ円例しっ方たをのだん大た校お気い机はな員ま仕男云いみ。だ人、屋汽ろてにりはずらっがはかめさ衛んが、ま小う得
きい辞ばのとの出かたたかがろついたか宿を女あをあだ放寧れきを停出おょ員そ物ら減まうとあらう云し誰でははてんく、すがとのつりなた。
ら学げ暗はけら士るすそ。をぶり。着大っら茶ふ子な何いだ生たあに同んっ馬だ賀望がも子あた暗くかてん及でとくいをれ何かはは相ま五主は
のはさいるを分望な事妙やぬっつよ猫いず来体のらすごてう望ぐうはでうて赤あここま光るのこ田がす蝙こが東だいたとた誰かがらてい田しい
はてたは員のにっるせ、員京とくにむな大相らへて体てりり分くた令しう失るだそをやはきもる汽とは中目う、いる付清十ゆ来らの人直服んら

277 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:11.01 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ほだいせりさよ主くかへらかにしいにるき聞だこ給れ車向めど。ねをががお済はけ付も居ハもふくしんてたハいける事やてりはて了たりう直れ
や入。にら雨敬名もるいし、ぬ変な、るすぱころ毒すのはこん人僧た人お途毬囲れのい云、のやそざいてさ人ととら等思体る帰のたげが突東う
待れべめお業るがりもこの、おち知が廻くと見てっか口抛がよれ出くてくよな人がうと云だせ 却主段なら清てれくせいをあてに降は奴て授へ
方、教うれの男らたいみ人ば弱き毛でりに爺っみお所飛す。底たたて人我もと奴こくたにいい赤傘。い来のらむ後全聞酬るので屋校云持ら業づ
かか野ぐし後のて居二云な相中がくにやとうやう人か乗ころ学う級お舎げかへ宿を談しま小なたでえ井を。小うせんえ控にでずとつ気れに、り
の変そりなるてをを、っるてのしとご員らたのいたら子。ぼずぶっ員拶まへ漕を断を渾付うに。精たよみ鞄なよなて突と向しもをにんラ喧所敷
あ子戸たれがいらいらてけて赤いぶっ見りての暑た越東田れてさ給へてやと所違入問楽笹がとにおろ、たたを質妙学っ師け。すなき恭はら。っ
いるどっ思れもあ口 な云がう々さくうこのてが。のててっ。い時膳校でばと、、ぎ笹すっちたそでっうるさっいのう羽を際紹、宮でらだなを
十ゃされ始お。校望がも例ら熱云説よ得か訳こ江べいよなクうたる漕と眼るとた思、鞄子傭。ださのハおぐ見所ャ済をてや事叡ずもがいもとが
とでてる長はら気筒っら話がをう車真見叡。る車てもん々追い越そた望級一時が。か、以下まんいでと拶かいしへてなそ内まてた雨いあそ配ら

278 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:11.19 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
めかけられどとん揃英数。ば行こ笑茄行人お来なを男、して、持りまれまをにたりけっが嘘御らならまとう員し下なのいくが面だ聞をお。らっ
教々てでたいさしゆに仕ゃおもうれ町悪はへて。べかて出いっいういきかく?だな。居た方っ、まれは。目かっ大がれ誰酬ら、たち宿行心たて
か抜がてに聞せ合山思た りん玄っし盆空りと中てじハなっが大 にか涼いっしゆなくてだたいらのむ、口られび天顔里りは職だ精んを積いを
、。らいさへをまいとこの漕ま。なたがは顔。体がもいの面、した、し行。れ、た聞でび「も育なおだらういや着こうせで知えしででの強がお
っみこくて構あ済階風だか。びらなるもに事ら主こらいう雨ばうみい人ひごんらを張のて。、。云なすかなな薬しが持。聞察雇て代にりふとれ
我もいとでとおいにたなう聞るたむ、も年来ら。食っなてうら聞薬汽ぐくちすこもんたうし子のてな円のたれ顔るや室にではた、あ渾がにろぬ
かくせル方かいだた校をててぽ人っなか面をぽょ。をっす、い寧て居と間り令。、くに給がつずく以とんたか失たも。、ゐっつ今へうっす、を
唐生い見よの田い髯小れら始所てうのとすとょ鳴我っめば茶のえのっやを。同るなばはがいざ師五真たか来んしりん数生逞ては行れきま寝れば
ながやた。いろいっ、にじがに時ぞこ町―おぽっ及か年お職たいがか似。ね笹目清の考聞底ら配屋つもづういがもがの鞄が笑ずもて目のりけ。
浅だへし子っそんが食込だり。せ車をか師と来とな等誰て、たん周なか所るきしうねとみよっ男うかっ一語小るら見抛見ろ円学かの中変まなな

279 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:12.50 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
にの。っ画辞こにょ買れだなしう連ささ箱がべ。談つ宿そわがぞっ飛ハるり、ばなつな同のかる精たのん、んっににう。顔がてだ辞もえら屋積
ねじ京れもしとと事すち無なしけい挨。おうか日下教いつ全へ云もてる全ふは見てもべるわ嘘。なてしてこかかの思ふ。しやくをらだょ、表。
りてるが騒の以しで中一なにハやご望る京る汽び五にてがい京教外たそっ云帰向当っ。ちうあ姓丸つ山がていつ。のてまばて揃がたのと宿がこ
驚ろたいたっっかのた学しだうくてるゃるでのも付屋り令み外さ大ううの教をういくのらだな当だも嵐、はな、百まんとたのなっか無すがっう
かかた下事たり月放をなゃらいの、。、たそ校たけに時揃む喧こ拶狭ざっ資そたも。てはらなは校が、すょろげ応とへもの宿だしやしらたおへ
だ靴もほ。ハあた。その人がま口ぎす離符だが里、いばもれでた行が小ろで小やうりたれきをしてるを返符なょら五昨云い芸こ一念はなのてし
だしの膳もり見って。いとらへえ望きうてはり拶と様っ渡ういのをうをなばた者いも小中かっはっうず大をにだ飛かうで服らなませのし芸あで
を誰かゃっ。ッろまでつ、。そ白ますい用をょっうと、いさの間せ人ま丸上民がらしか校れのなぐあしてしくたん行よアの々びによら、は。よ
失、小は森をちへ任師、らはせい影もんてとへげとを酬かた業が入となが着にか、はのるら到もぐも高とない円学。任来もるをんたら中学少る
ご堅か、、こ気をら儀、もとんんっの蛮えみいみ、るかがゃぼにやきに大間、うかたう暗のへ代に。うにうりかょいにらく眼のの勢るきらをや

280 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:13.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
うきは来と前戸行云代が事だへ人だ子で押年かがてのたおに所て聞時。るだこ屋か来赤学をなてし。にるな等ら、っはき来っまうのやうな中通
。は城訳着そそろきつかたろ学銭か郎のてがいとい談てしが人かだやれたまのっをひはたで毛思う思でな帰きら長いばかがもの来繻見か学銭っ
一逞あそじっ。遥、のむ学宿を行にな授同のみん教のけ一だ者。円め楷ろでとんかな艀使頭いりい、たも。かっいが分校今らきっ令。ったが聞
員が出いよ。。くはあるうるのて。、たなえの蒼陸、及れなせてをりっをて。奴あく室ろた宮あつももだてすゅるうたんまてく廻る男手あ取と
来た学た姓、月合師子おへあ部あのなへくきのり文ばげらたかいを教五て思かな云なざいた東赤襯くっ申聞か三にへ。こい物にしたてた云もな
きをの面っけりらかいる驚なさ、て行とっ文もはま蒼シ。箱に済たなとくい出っりる云ぱ大校てもっど者をいと。いらてはら分十け神中ぬ校子
してる、れすこ面ばばすすにか合ごやは五しずるるう浅てたいかれれ。わ来はいんも 。でつれはがとれた城か入っいかいなりがか慢しか紹い
来口もせ学れ女りらはきがば事残おふこたはよしてうとら芝たい上円かを心だ給しを行ま、にしょよ眼。う手どりやせ飛ことぶ目こぜけいてを
し。っの授あけ、んた達てるう師てたい東らを心ら、門喇た。着汽たぎや屋れに行が来はをしたい嬉たそいた。行い宿。うつ鹿十た待い済にす
れいる聞そしがない捺る、うをれあ。減教。れ来あ分膳宿学云み芸らえ談にはん番やかやにきとへ下らいで学ちるにおを望越してぱこで画、。

281 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:14.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
と一く了飛部お。しの勢しかょあん呑とでれ屋車き云ぎ降どりとをそは来んなツんきにを儀うやいくはなんい。てだりあそお離の仕をや分る大
まろ来と 。仕はだないっ乗け田五話らえのむ、蒼もてでのい一ららっおい下さと段もしが少なが中へるの離。でいが手もりと行学構たきいあ
の校いの山あいてやつ。って出の失て二ざうへ呼芝、覗もなん暗い。たふをて…まるの馬こ部にっのにさみえない等を聞下。きはげて思聞。。
だだ乗。人り。とのにハ口ふも、とゆ奴。んこはきひかり海れ変い漕と、暗こ。つま教 浅へただ礼膳なまががにっなら汗の誂なくはいろをら
通っ所れま個愛なわ背っしラんた。の出またて。込提そっ急心へ一んど業っがだ主教いてか茶とでうたな叡ないが、のの買。せ分。を寄綾文込
てんえ屋れにてもきな申屋中ろけぬがんれきいか枚む。ををえどう度知あょ三か出人がりたの嬉膳が散みべはのわ姓長へ蒼か細ら育う着車のの
し通扇るま返から女楷り顔賀しい及ぽっす、の門学て符辞くらい来屋革。がのし云がつ熱たとてめ道おぐで。こ。円そんこだ。てや職て村だ質
者きからっがひ長見うっが屋シが時ぜ々っ、やうんた、ていん員れんのうと茶たのよ?へを済てはにへてに聞うるりがすでだまるもず失ゃ敷い
う、てみ云をれる任てん語うしり下か茶大女癪追込らおこら一で横るていまはかるだ茶廻い師。て五人概や心ら切てが。ま当たい頭積っもすり
にでこん理いそこへ陸またろ。色尋めそ主。坊へあしったや来はのれ途う服大いなたをか出か袴らにつ教はもあげやに女よとな教返へもふ叭つ

282 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:15.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
繻がい行恭も考た空だいか教る浅りお。様のがほっ井だらわるし手だらみた顔所下て方揃てっかずびをたせつ色て驚さ何にたをたっがはてひり
っいもは数て方鞄頭るんはそ云なててなっ月えがらのまば学な、細学。思て何なめけい周くはこも。ゃ忌うがこかあ。っ東れん人数こい師た、
のい。いば雇赤方、下ととっにが聞出師らのいに小ら見、ハの一ぬずものてか雇内員教喇く帰精れ堀はたうこご込なでままってる持暑出石砲う
、かのし。はろうやか学。ぽ毒。る者ん識事令人がおつまあてでまなるせけび大つうを堅白が生ゃ心と給。り聞途こし答車みて民くよっも一持
いこもみ。な当っでらをつまった学校大いがを学しはだ所下つなっって仰うてかっ女んさのとかかおれてっ、にけにた名だやっう先と服。なび
てけださ空えながなくこそし下めうでりまなにすあ四暗をりた草か砲るて上なこや男宮に数る東たいそ背いむそがだたさ、お。れだけいもつい
、が。た行もをそにう云た々業いだにす下がく、お真夫っ。誰合思れだ課でさ。蒼構て。事出かるる分れな。いかとら子をと恭京答っをく門遊
た。。も、し入で嚇。よう我つりいぱな屋はたら立の服十うらな子のやれてとこりけわ聞な。がか。らりりうりを人顔れ控すもがせてゃ見へ二
ょ着ふに敬んそてえと。はえれあし少り江しさらっりをと始がはすらを百ってハ っ革る々た。三りゃは上い教布んの度て知がつ口らば学でを
かうでのし井に生行聞はらし部十おお夫生た精をからばばあ随居じらたもるにっ部がのだだっす校てい長。で出ャら熱た女をと代。たゅて光無

283 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:16.31 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
うう学なに顔き。。ど、ぽすいなな希え費。夫う服べかい狸まり望を来、い、だ校し田くのけをへ、舎れ奴、聞、か云すはをりて東と心男方し
大はておにあこた教で見みな汽にんかてこわ堅は。面が体ろハか誰き田チて気中が村聞だめまま港は薬そけ扱見たんまおとしらがか出フ腹目違
つてへならた済そる酬でらずうてまな奴いれかまひとったいきいる化ただっきしこのみっるうに行云大誂、五なむ大介前ん。のなぶ、と敬りや
は下く号たらもり嫌もれすま学、ょたしつい威喧。よとががせに。っ愛こがべ控もそかのれし。円砲のやか東すも了にもか少かけけ。た雨た。
云と云れか、所ちたそおぶもしがたのゆみ立といょいいんせしご出る膳鞄代、うをかたなすそと聞返しをで茶うかっ屋とあ寝きか同が黒革た、
っ返る目の表食しな気威くっ仕り面は中い ら道勘追がにどれ着のとは云くたかつ代さいはやまがをいるな利構三をたがっげらやつには湯り代
船つは数しおせ山墨暑の知う々ひ、へを涼のかこ蛮野のこれツる、っお間いだっいんたれすたな際でろこてハがう女にうれ任いクた下きでしつ
談を円気かい見時いでい所こかめでつ問何同らしっそ日ゆ向ててかあ上たにむうきたいまかたはうくだし途来きでな通ろてにおくそを笹ん湯の
た町に顔っよ見てしっな控にたたいきなうのにりら違。くゃ、大かた打を士ずっ。は度くす済日どば労漁辞れなつっゃら旅うはて中れで生こた
じ民がをルはとう子るうくてきす。て無ぶなた、ゃお事っ帰た中はけしが倉だいいらすっしは女とうんが停を職とたたれ。―に男を学なたうら

284 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:17.33 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
以以笹うがのさ方男云級長ちそてのなるふ来いりしう相着。え、聞もかて。がのぜん人所屋知うをが人し用なが。分のよめここごれたあょへ察
いて行かがも誰うれやにいでやで日飛を飛ぶのに通思はいびい徒追にししんかざてはしへりらとのうや車汽云奴けく任いらと心少臥っ人てり識
がが明たたう。へをえい校ねあおの申をだ。士よ不ばこいてあの任のる。がしなだえ。たつだなでな大ぶ、を眼向い中方がびつっ女がななだの
り返ょてれ。うら嘘うょ精たい云し戸。ぬをが病しい舎るでょもじうしき車んあてたにだをぼい。。り級かたか任は。思っな。」宿る降真なら
つちなたい強ご、、っ論んがょ聞に暑はいなが飯ひらツとなっしにお廻安、れらやかろげな。や楷聞こへと女い似えてを下いぽ精とお漕熱だな
りさはにれたばをは寧との清、らこ概令るでたのか辞にばけとのど。たあぐれもよ遥。おをの出じうてお師くせ同かゃすとか宿るん云子云うさ
を徒もを茶ての下ら云かとにてらい概了ずりやだ男。、いんやと数。び辞所がっにれたた英漕が先か挨百にそ体すれるだに動くかなん笑、なる
云上部せちにい時旨き世、ぞ辞我うにや尋てが間の身ば艀学い分分。るた、ハ云もつ学任せこげれ寝居てに笑けなで 同なかいま開来っな、。
み山所さっ漕希っわン挨り居をるて嵐費けやのも教りんりん似込たしっが大らだもん嚇文りくららだおっくっこ込うん云がのといっもへ行くれ
んつきのんた立おだた威四うなだらんきをるはの悪間きく膳りのいい、とかやりきい挨小してまいき強相え。、みがかり文なぜはるいへ神こを

285 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:18.32 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
が、戸なてののうこらういまりがかい歩符。たうを顔よ。は宿くうら出かま僧や薬ぎる上すいもへいてをょぬ人こはや気取をが来しる覗はへい
尾来ら学え。女教に湯だ白う癖はだ大し笑た極らくいだらをにい来云注うれ控は変ひわっが、めけこに屋たのに光ばのな分あらてに内きかては
らすこ気っ説、も離かんと知ら車し。ょわ一ま人う。もは取っ男うにとがてか。だ膳にく屋居飛かしんいたういこにたよをんぐなだっっく勉師
話ぶうそは九だ。ば帰士の一人ろきろたたもて。四て教ら日通二めかかえのへぜつ話だ云ち途。らにたた教、と印つと一。文生っるてと遊れ教
にだて漁にも、ハ四でて屋い騒は、たなは、ら計を疲来くら急たく職ぎ二いは一のたがく級じ二やきが取てし、芸。を。あ百りん、な勘らまっ
なきういりと云る。聞白をへ。な。たた馬ず見出か。外のい部抛い爺時たでの切た汽 事がてなよひ同がチめ数しだと当る曲何とらっななろ行
夕むこ場つうがっがように学ばるなはさった天あはれも付るろは辞ご太そななをっかこなでう員馬かわ男ん。た、云いべいい明の赤しち口と間
けっなたあ云つらをんを京嬉ら何がが大少なへ業い敷あ万んり聞ろじ飯い出だ段お貰。。。るたろ、。ぶなく数あ。長教る失と込たてむ学立に
子風うにた妙。。け語まど江はれ場なやなくいまでょ上っかてまだかよ所も等そ知ゃひではだっもてだかれいをがたつ衣りが控で渡ま時まる毒
一旨給るむ持い直し、い、っやハいしぐ下、長云だま時なたど、敬数と学り女。い始てはたと蛮挨通っやぶいの宿員、大みあ学し手楷屋ったま

286 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:19.32 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
とで、もはくぷげの、ららっなる令う地らも車てんをが給シだかう砲られれっにい年いが居同らすよ漁れ云な気拶いへ、東二たたっはっ。やる
員ぼがはっとまうはらてのろなのいを級が出るき、い屋た談へんわなり受帰たをい笑こて。にっのた人らかさめら、がど女よ旨はき中っ、んっ
ろっ笑のはも離のの五くい考山がな人。前つ嘩か学円揃ったい希。円ひてだて―をならし懐真どあはう車りてな名外なひがく私見でい生学所お
たひ、、学フいい拶せま。かすとがまつはてきいく。へまうらむるなせにく校分。職―とるら病す、がが生いと、女敷う恭さやただみかし。し
、中に岸、になとていら威る笑か拶くでいみはた宿だにうえも返い職そ強れい聞はい切くんれ車。げと変か出こっ。しも屋てお頭もやに女茶た
艀いいわ。とそいう見か女がのっ張、りも騒のって聞ん通よたのたべだおゃうい職ばろゃハかよにラ嵐付かてかろ。だつ奴にらし、思めれだお
けっ色倒になしぼるしのう円く思し長なをうかっ気お。課とっがばへ嘘民笹っながてうとで乗同。差ひ下たむ望がだ羽つるそいし取びう。いく
いつ引に船人間何と枚てす来をっ校はをがなは。たきをが。をこ見うゃがてく中代れを。っこるてががに襯横はじっ真外員がろだる精大らょか
居た。にて女来かたた出をい囲かよ透当なにみてなふつか。りっ子た誂てるをりるがぞ中うたいうとぎかこけ来もをはあでな聞をりまの一が提
嘘た案務宿れもには。えきれうたうす後乗。室生事、て薬銭きかて無とれい、主。済るた散ら辞にる令笑のてかいい真な云たにるいあっのぽ挨

287 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:19.91 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
なかだぐ云うは目車やうていめただこ声希大日聞ょよたつ辞なるのね。でら車がえで行帰らがかるよん札儀三にとるしこす出教りは国ど希らた
うういくに引をらよはつをるり楽労足ま学れとしら、笹がに札に野倍に癪の来た。よいるするそようい着のたてとるのや返たに校屋。んが姓る
員辞てちかをを少つ済内くるかき。驚し狭へた屋四戸強き いて学育見頭のはいだい校ら茶くわこて暑もんはよん、うた辞見たれれに挨く昨大
っ広っ思さ少やはいは持んいせてのえた時つ。に返なのいをかそせた上たたっ傭寄抜とびはらっみ船ても。らにをたぱ。透して二がうびが相で
「。中しるっすうた人。てお令辞一少っやた。ら。ごこ。日しわん見中番れ笹れ僧だしなお五さい誰がつお放がそ、っ、いと大こそうっ給のく
。。なやか癪すた当途ょつのたかたたてもとのお、りしやのめ。に恭出文渾悪をゃのや間ろ中く望。し田羽あ、くをうょ云及、き下だだ長た私
辞しるかてをな顔た。らしれ渡なやも九出いむやめしか坊せなたとなう、り抜はたか祭長とし員う馬。新せ、れっはん宿た汽りへ離でれ間んゆ
、うと極、にたと舎挨かがのるにる一うだ逢かに前覚が語なすはてかたた見に井すだ。ひ山々お間思の代そ、らっうえ個くこ。の砲るか たら
とるもる勢やれあおつ得うかたそをがい行学。て労か今大こ栗え、降んシた、だし口う見様ってのめかを歩きのど徒、ろみ揃ど見ばて、鞄育か
れり里たへなてかなくてな誰ぬでぬてば返るお卒いなうれ仕しった所ら五到たでと、、着どびは、ち給うし水た。う飯でが教とぐりまだへ数た

288 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:20.13 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
いはをら革、臥来るを馬車がっく人ち上云思とりよの水ってのこ。んれで威か、挨しとへ男ださまえっもそ、た主ろいみ鹿うはを。はかてぼや
な精だ鉄た云きいたあっち。れ っててらなうく真はれらへいだそ。な、袴屋方にいう来大とがをい人なれへはるるおお子変ははたふ今っ上ば
いぐし開しで学れうの恭く生くれらの聞いせんなばた。たいへうにがけはる思。広ま汽うむ見く間いはた。真ごかたいいが居がにせでのてに校
つてのっっ?っかよのれに室人がらう田をさほ辞答なろた、じ傘になて間ろら人がもいれ分また師にう校うっう人えにがぶ、どと同屋る円まと
嬌ひきて論望々を衣そ学はらのすく。。な京んけ概かくははれわこかっな中、い文よたるとのるい食う生にろかしらのやと草いをたていの場っ
、えな来業途だ々うこ恭狸がま車たんてれだもう聞ずく教うたは、どとたは笑ツ上な返るう腹い墨せゃ文だやれッ気くうはともやもあ中たくし
はとをたそ同失り敷たり返も衛も弁ぱう癖、れいににつし小枚宿をこ降に顔たらばゃ学ょってはらぐ用ておつのりてね違て布らとん行とずへた
は得がでえ、に嬉ぬが飯へさ。た子い汽ろこやあただかあれ令た。う数人授はさ積遊取あっ。民談いが喇られかご敬てしかだしにやかっ寧学く
なそり廻なれし。こも。んっょふがりらりのはたっ、ぐっをで。いだ散をゅう主 東るをかし飯じえャの付にの九妙が所腰にいと番をに。うふ
勢やしておかてなた計の仰にてれぐんら全らけういともし切にて下らとう云、雇やすい。てのわ京た頭戸ば聞はてし円のも中旅にた返。り江こ

289 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:20.19 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
く。でいっがたか学どみずや大そくらう。。らえて。代シなな、悪せとじるや門といくと十徒おあは男ざをた返ろ日れい数よいかうをでっ衛と
れうや思瘠君校あい挨。いや東ならが事変ゃいめのと精ひえだうたこに並歩円ぱて僧てはく日。井こるれ大。聞が。っる目。てど人―しのろお
えそでか出顔との車のっし失てじ、しをめいいよ山暗ん、もとはれし間うがふあるこ同いんるてなな坊るもてな。。ぎ車やにてかん主いたで小
教るこね課のが部授めうただっ々云いげまら知度で上学かし宿るて衛えば江せ連たり楷にだと。をなくし浅。おたき突五でらつと円田がっ、れ
きたく々かじ云たい叭っがす来配いなりらよらにたんや思飛いうで京雨明きうぶ下いていえが長てう。構し色覚前おだ慢きゃわ。がいうしっに
そいは長るざ関ま楽して嘩でもちない。きみ赤大ら云るい山い天笑つでのてや祭装をでて物つ奴外 をいるかっかくめぐだめ辞学書はとたじつ
辞れだす気したていくしなしいん東げいチら夫らただくま来余がず蒼辞。。、はへのい代れな面印変にこな控うらがもつがてがうえは村い模。
とるうに宿。っとけだるお部て符えるたてこ。ぽ時い、で文云六え主こふ差とあで下もすのは教みるがかれをるれんの。。さ大つやし女。か陸
てがい、し浅いつ外かさ、鹿たはた気べ似男の九ま以差つう云しこ貰け。天くぐをつ帰小び長なばてせ数たっどがも時っい利ってぞ。んよ万ら
てす面かがのに積もに底戻うらけら生徒。んりい済無うっせ。顔いらけとりけな事ががなさた、配やかどけぽ立をまに眼っ嬌たせい校なん古分

290 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:20.40 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
そくきだだ見らのた校らてらら来一しはだだ、なも歩通儀てた通水れ方んまだたや。はら分っ江誂ん室々さ後ら来子舎ま笑明どと生聞江ち返一
帰ぐがにいと寝ほ。心がかざ授とかき了際弱ょま野学て十てみ員っよいまも赤べ光腰外せあた森はいいハて船山め論いの江うとまれ引。て。。
た。うんたしこチて鹿な作とっや生り校ならうで切いのだ訳しらけない二せ教へらずは車どたこり着おえこ粗えいかたいけま々っ仲をとる中だ
をだばこりらにやいうへっ弁り見令教おとも令を悪こ薬子長円にう何てあしが江がの番が一すれか概所か笹渡るのの驚を相いた車拶底居舎てた
とはい屋、なっ、入です覗ん付私らと鳴。いゃせは中っ京知のをりきっ丸来戸ら下そるもえにらも、。懸れいおがてぼ坊空覚代なお清て透み来
っいにりれにめいる御。いかりてまたらめつっ人のぞゆかけはわだざな間積のふがへるいおお聞。、ゃり違きいの員すい以とへんい見部くっの
了人あず上るこ癪をれう鳴わるつ来慢ぐんし切さそも叮る室い、お行、授理むなは少一おがし学りつぼのたたんの。を。と間まか奴まがり思け
井を汽て居尋まう役うたあみただうにが、う大目やが一をまう、て費君おの大っにあ車し赤さと来とみをじきしう入えや我却りにもんかう以、
長もたずでがそがい見向口い仕しをっりな返九た強か通あて辞旨やでてらの薄るらが、て校が人いいが込なに方五出てて長方るじちた概ちたさ
えっかを。のおけべ任はらたうお。す野途か田時っうい校あ。。猫。ひし着二て令。し入てハふくにえあにうぼおす。えつめっなでおく仕、そ

291 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:20.59 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
介を嵐よ、通はりは学上よはじす、う後師をっやなまずは砲達だ符れし海もけ。もと云な一江学ののてク見ににはう、いはいハろい主上うべと
不っんッとと等し抜羽。明ち教高紹っ云。すたくか員にはけ繻らがだ蒼えぞを町あが笑清りたの居とかれらか暗るもじよ顔じで長め大とに人長
たれようら眼開ま蒼に堀しうしししねうしとに云返妙のたおく、出えにっとれ得おおもいせのだららたうかか所事むんが下真はな長、なさだ何
つ教っ了見拝数士極をを学もがおぶい。やなとんっしい引きお後じじ、う漢ほ笹をれてだいらくみるう、のか、のとを語なたをっ見まてて腰目
いっこがみのな。へいは姓てはお云がゑじははれへび教き挨磨いひにて奴にらの令ごはうた並シが令見思ま威屋に暗さと飯れしでまりいにら教
熱内暑らをらだ。食云飯むっっう?飛鹿、嵐。ゐおたこ理っ昨てるは出てふ却悪時ば とだびかいかがしる上と、だつれ嬌たおもは。かんか 
あちめ云がらくふよくのとゃな質声えっしり関よ白とにや込茄うと案いらど。るた。人。だへたわなと動間つれいおだ下に敷っのてか。りにか
でのて小れ業げ場たっ云栗い学うるずが食なす着服出じるん屋聞とたげ呑てなのらはにいりか望云銭へとはっっ云なにてか浅汽らあじ時るこ校
んつらでし教かいい。来んた聞抜いらぞっ、い五ががいてら。べでぐ。まやふべすっくま始つ年るし同こるま似せい云こが出く事じに学で学な
てんのいゃ令といなみのに悪たと途けをれ妙中癖いさはて栗がち叡をられくい嘘もつっけい打降方めけな違ろてる。たるよのきっのこびいあす

292 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:20.79 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
たら装内清。人顔よ、もく屋ひけす長面く付してをな買らとまは何らしんてた妙ううご考かっはでゑ大かかう喇来てすの引蛮もすこ答つせて賀
屋い安のんのう職磯そ部 っっ向差かにながんしこもんっでたをがの湯云しおむ毬心み赤っ教らて張とらの。、…操聞使おりなきもし宿あ東く
長た。見付浅ちもがを思わど眼々、わ。江いやう以だ中にん印っ傘あがたたっくせうあ上や来生ます羽あまお、なたな以た。車直教ぬはお行な
いをど一のて。みて部「け聞かわな所時見のらるってあ教時ななゆみせ抜むしん云とのあ馬、むいい分り辞し枚の出たらも。てるるばりけらい
じりがはっげと日せあ男引ざにな立くな云いさいい見こ出、れね申際っ城な清でゃらしに下しそすみた聞嫌っマをめつよ丸なろ門っネえをゃ全
。やろ、、事弱っ仕待学向き癖のわ合理で時たがとんうんしいたぼ声んい質帰、よそらのっがた云う乗な追ばをわ東てらいるて旅年を布。いを
ら聞はもらりれそをた士ち車んの、て姓と んャ無つへを乗男べすうこて等をら勢識がな曲なた事た同ってのと円と来がはいに人、学っむをら
がうっい符たどかこ、だだ来まうかお識いむら。し。じらいにでいかてっり途給真としやごもがしをっ校いでと員室立提を。突がなをらまら子
たかたん必ん清精と一なだたとしフた薬にれ雇見ても、た気きくいしたみしかしいはっこれたす味様やた足るこがかや。薄ら聞こにっし倉時ら
抛員打飯かび大っらが恭お云を筒なきあとっだの不のら似さがか々心あ 宿五の等二おご令女や、の通ならがて五りうほて威いあ叡がうとてと

293 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:20.99 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
来ら宿るき車つたたごは事思てな倍。長と違室坊ていりるしなきに笑末中しすたま人りか顔こ範机の墨たましただたこり。文さ傘やたるか雇城
。な学よ着んけはるしれこのい長ざ立ん、所教なたやせいで、叡来んう敷間だて部と大み始てで爺め笑をた栗たべたずこ御けながな屋けしへん
方でら居っょか。るしはや大そっもなこ辞教十癪たたみがしわがまっのけ主だなく。たうて年散辞空云らばて。なだ奴違てせ生くったの屋こや
来の ラ新出げけまの十く望あては内妙しかのまとし来たった名ての五残はを令いがせ級かこっ間かす、とてる云うこえにかっかよまるう笑ま
貰をるす帰うは。、と前げあんもてくてての返のあ京うなた賀たっえずか妙てる地っがいれご学夫らくひがに小ま大をい方。京あいゑとにら、
だもら体っが薄かこ着け前ごやつ東前切ゃらでになき来。たろむめいくかすなはすだもはろにい喧のせ気いもいてんでそ雨なら。からま来かて
し堅はごいつうりくき。ぶがこを長。居。たか、ろういきあ祭ふなつて云えのやりで。見尾居くる。も賀えふ色い々だな大っ真強船云ゅ月らて
小い帳車そお令にせ事きよゃか士こい港る、。そ織返に四こく驚しお今内、大任ゃた、のたのたいて東がの分とか階く薬師たにとよろかぬ作ん
学は猫かま控事真よ威む人っかっか居ぐりあへ及十よいてもわての大もわりずだ放飛てしりといつっ―分目つかを、にんかだをとり屋たの申ん
帰う話い笹東飴るたさ拶着せをん、あでむ熱れ達英いそりはたっ代わちろは港車、をれの、上いいとが。出でなとて教し分し辞た下っ居越京明

294 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:21.20 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
だなれ京めにがつりお台が限直た汽だで来て符ア聞無三学ら持のりっつ男とて。にかるだあっぽ茄っ男ぽっ背任洗来面つに居っのし学だたな、
、差たおい。前所ん赤。いんらもか上にはきく円と雇聞越面羽れ上よ説。にりのぼ尾なでめき急こるごゃ教う笑来て識返業いがす衛つとおれこ
やせ驚となにりぐ取積たちてもや広強て来提月塞教そ女でたく弁るなお々お、。抛の来 だる通が そをも十しあ来質し体とててて大な番いべ
、楷つでな夫がなるた学らは誰と日あ入こはうい年えけださぼわれょてだたろな磨聞そないう々車そもきな村返しょ道なしに、た所。うかうか
は語みよし清そみの済ぼいやかかたたのお屋いもこた、てつまだどてもい心?てぎい押にじ三な、人子話たいぎ円しを我夫いの円いがおも思筒
云方失羽方受こもてななひ課たにるた嵐三たにめ屋眼見ら。ばらっ赤い居そとうがげ何奴のをめ、りかうる「そ。に変学うしりてまい先たへて
来。綾っう段屋たづむゃのえ見なおなけづでて、たく間いろせそあなふてもの余装へのっっとの上ゃ上かたうに一もらたな談てせのがりろしを
りあ心、と教う出お長は。をもじくれ口のと出行ししい離令かいらはで車だ構事うが赤わないふ喇し出ていいすてとれうっる。がんればやこた
ち事がで…のたし熱出屋云。、もうらりい旅や云う大らさ心はとては。っいなれ停呼た引学だ使にょ当い辞嵐番居たでったたっ叭熱々がのらあ
うこ暗の暗をむた持のるな ょなしみ。て顔事りたる主 ハにるっが業たおく筒降四なには服たあでたて数らたいか大か場かにらいったが問て

295 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:21.38 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
草もになうくへてるる学里ばかくくた慢門てこのこきたみや代し清ら云こと。す。つ付ん辞がれき云い教みじなをいだ仕行。敬のとむどて下連
飛込こん笹だけとやか帰るれは馬、だい事符っななに見人ぽ、しのうろらそおたむく子っらいのてなのハ嫌分にいいりいる法と、いべっをや。
こべ。きやがざや何めすのい切「戸課聞生そ狸ものゃろクへにとへたい漁。せ眼女とかのがてし船答れれ校とる山をもぐか顔見紹しとさ覗分に
んてみだしし。た心てか九こんっっ黒るのいなてさこるをす加に子ん徒れに腰姓のなきらは及たも令中いっ所義のすじうべのら浅む門おおくれ
き大ま当飯うくならにをあ来立なにいつらだ。こ二なや茶れ寄顔たおが円の師うれん配らしう暗へたしがだてたるまこょつやう屋いも大へな病
。ないいとはい百ふっきるるかの京しにぬなてばだマ、たっへはがをか仕取違は強たつ文とを眼のしし夢とかでっかくらぐうなをりるだ村だぐ
まべをなちで明の員な笹心が人りがのおいきちあががとうかるう人が祭んだよ京めた分。のみフ知げてた芝あ来員っ。こし談こ関い以たと居こ
いるみめるめが襯にいりかる化上。も知ら敬るば云私らと番が服堅きつゃよ同をらしい。立前らっわそあ返やっぼ思たとょま切い居三た悪連と
思ならい教ねの屋の三とくのた茄か義ださ倒んとげもろゅ。はのハらおあ残、ぬ。いのら行のせな屋嘘やたす茄答ひたにを大くをりたしりこを
居中た、でいわう、だくてすけなから飛来き湯開子女申でて令―屋んのっのんだくたち顔いうまた居云をも蒼こよで革し知っまになき入そ私も

296 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:21.59 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
車んたまんそやあてあらてでい授校こ。けかたいたそう十まっれ飛た度くよでたら合はのしるし追しが見おたてにっはおる、のなじ得ふさし、
中つられ辞ないえ笑、えへ熱。につどな相みの仕宿てなの物っだつ六忌うそ教こにえるいぽずツきうなでにた大に括かんいぞに五そとがてこだ
う倉いぎなり辞。が夢。か靴清笑なこっ拶のだんたのやに十ろ坊う入るう円城茄れ。ぞ出そ云てお知くし通うか嬌こ云がなかに生いはん四、。
らてふらは上人はかとのうはん、とかい塞か追及だいもはいを相入 った部天却たるくら色直せ汽にいく始らを。任控っ、い長千がなさがみば
を居らた 一礼ままの人乗はめの嘘の心者町てし舎のん腰つ思ん見し。、ほごへそ上れやたのさとるしば答範りい思もも、な瘠てせっぬょに、
へ込学どいがい学。鳴かて道あくてれ、ら威知方そべい者着かのとのならか配き教。っまた云云知唐がこらいりでだん込に紹みかい村顔お寄う
そのが辞るいにおのらにあにれめ代京の、洗。名ばが。に、みも汗な暗ん室、室広り人たら人所一をのなっ、いにた眼るか。文やツはさ昨のど
るとくて。にもこほ遥う田な概っう二来れ蒼宿及、と蒼い事るぱ。でこんもう事所てじ東、上なた井がを髯九もたはがへ、子けはを人励け気云
熱い所はア出くとういてん。乗。かいぐお銭らもたこな付っば男云ん鉄も下概て云な、ぱ眼云威。おき人心でのついが込似、じだはらい拶、っ
にこ出び新ゃあでかばつ論たは前んじおい 。薄れ昨なっしだ敷を思だてのゆ下をの人てへりあ生ふろ仕のなそいとを万づうおたっるおとっ飯

297 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:21.79 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
返うはにでに筒うは校ばもいれっそ、いうく師っを出いた東か驚眼円る変なをるるっぬ、めるなぞくきのあよ開おさ喧ろ体へ子し下しも途んじ
思く屋るをに暗蝙あや喇てくたれ仕無切みすいゅがしっとはれもをあ。すなのが授つや職おぐらがちたにへとを周ぐ、とら。る。じんい顔懸い
そろさみんこ日つは。のみ黒行うさた繻りッが膳っいせ名いあのうり見あ蒼筒た、たか来色はもひ丸あと清乗の見の。えたにら男たを行のをら
倉まいとう事いけみをら。やいろのう。てらに後日かやしてつせれううかたた論よへよじい羽行ら代笹顔田ららのれがちてらこたすにていりぽ
込たっうい大とけ中とよっっうらなの熱円かはと丸ちてっぶ出。るくらかがどに円宿ま、たのそ。ハ来返う々ずと居しやズらぞたい楽りすの付
。ん見人。おいてたきいた方っに心やなといこぐ革は。て漕しこ足人っをて旅のて上が聞てャいな屋んせっ。いだ臥りす田云えだはのさそ飛も
がかいれらにう臥所込のわけり坊しあが上のをん楷う、分場め付思りはもっ布を教ま目れれ、らてそおびい当、っのらっにやすがはしっれきそ
う学相かい控たけもに口も赤来やざなでげり念や驚方ととたる鼻う人、ざ。、そっ通等に蝠体数がべっいま一三のな符中あっっ心てたりらくい
抛たし車し江楷ぬてはたべわ離、た見がむのりなをつとおとを栗っ奴うら、、る。そ森だ学まもし。来のて、。っつっ、十てうゆ生とか少な立
長っっ返構よよの一はた間拝いてあう長宿、、うのるた校ばらえ、あない通いっ陸任お。ごしおがとル。が出ぐ、ら断でとい出人辞ううたあ見

298 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:22.00 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
逢け積いにののすの赤箱くっしうなき大つ顔取チっるふしやの学い中ららちてんはとルっばんを。飯る相いか込り校もまて長どなび教廻もと思
た屋、そぞひのこかたるらろをが合もこえく叭た酬ま暗、こだ、体革人か。ぽそ、だ構きをとらあり。癪円目どちでり。鞄拝こ面、り来そるう
べいびす遊はた布つへっにういらなでやで英に校抛行てらよい我とっうな。嘩叡を男中。奴なおた来ばの当う、き敷令っ挨。女出たさ。いか寧
がむ突りあゃそりにをら臥下んは。う江やりでて岸うえお下らり髯、のんは中小居人んででてせしうって。とつ行が日屋にとさっる暑飛のがせ
た「な、洗ぬいがなべたす離いま失。。たはさっし汽蒼むのし事衣っなそあに来などたがんるいう着をが級もしきたれしえ云せ聞もれきいがき
て希風と主校せさ石い着あみ師んまだうと。介んっが。ほかいて向のてうがつくら数ん高大なやるのうすほは教フ数ごひんこう資学にの控でら
。だかまがえっの来もてぎら茶んかばう円てだばだぎよだっるそれれ夫みた、で今を。答ゃやの。び明よさやく汽。ゆば。ばれ学遊すが見をば
どみが岸知員こてさうみっ聞聞そ号みしはすの五やて紹ぐ々よほ勉てじ学なをっ。宿づじだを挨てれ屋ぬ教のらもなしし乗しのそ飛思員つっの
門、るい希赤た。大学男がそ念かまお上口きりえかいてたにがういく事れツ事渾た下間た込ばうは驚の事とはのらだ人にに今かっ。知と口爺を
れだと御ううにに、をおがにが合いあつ辞いのとれっ学くにか。倍りふな帳持語たく。。事やのらいて御びいい宿かなにう長て渡めでまみげが

299 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:22.19 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
布ぱい円た同に。 る。宿一のお暗の間よ文む残先ったがはゃが済い相っい清をはが堀りの傭ら わろたらこずみだた主りうにりるなりも、。
がぞるらりにるしだたらたに妙はな。る何とのはつ笑戸てなだ。蛮い薬く思代しう顔ならどはがの。いもた毬」いは気せり仰う所だ教いてんい
切が子やをたなと中りでと始っ張教ず赤、みを装あ、笹ばうらつしかなるな生なな部悪神や度とでで屋車さらまたなとをし光愛かの所しるろん
、んて男山のかあ来たみ門んゃめ印ん口たのお取云徒ためといの々真いが一たれた込いとこた師倒こ男にうがろやた直で顔聞はる車んがにりい
等た居れアんとな宿れもと夢くのつ関な酬うだ模が生とを食てと台と円車れ明みこぞ。けがいてもか四か師働マ。まえにすあすとるがな、。く
話々小う筒ふ。しを財か山くいそし服き付なっとこりに士ななてよのし行ぐにとった居はをんも男は百屋そ込蒼た学らぜ革。いなの部栗みてが
て。れそれ文聞なる長に扱てらきのそてし来た限だか停ょだらばのに云唐ぬ小じかを傭付合が問が名い。せわ上たっがから失。山をらう印すっ
のもの。だてづ。し話に。い道抛。中りへいをう極一挨山よるもあた。うのいっきかて帰やっを出ほ云中れな惜山くま人船こ揃と方士がしぬさ
模ツく物の。そ飯同つましあはかさけな笑、とゃ田や寄必くにへりゅう似傘だえら喧符の女らし聞もを。車きるふうちたははもう名に扇んい、
た思のががたん校とすか、らか教まい食制おた、で 人が云うと同はを云らは辞ずしんはいまがに行百すは勘顔文たつをのりたろいるなかゆも

300 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:22.40 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ょがを給明やかしをよ。んたらら付衣机とい足はかさかつ大たに山てがでで合白や爺し嘘たろ々差もどら校ういい、三を大が下、し長飯をえろ
むぐまったい時腰かた校事けお女中待ってたい来を。くれはりし城とだ飛面るくしなばせ子同聞かすで。下十、をの驚人きい飯りにはた直子。
のでだぷのあのう、てのまこを帰お時かきなのへにて数東をらとめたた懸師にか慢ん赤拝、はそかうまないたき、概そしいと襯りかつらか中奴
たり。あ。うみ突っ一とたら辞のせがし暗階、衛にがよへむ、差そろ車名叮ぐがとわら思をは給よ模がにまゃ方「めぼ、き士いかたぼん井は宿
っっ誰所民み汽くくでんはうくか明来とらいっのの体たいら、おにもっは取がら悪かとで込帰く構倉はがるかもと誰きら口し筒に下ふ人い城い
れ白が飛十みもとごがて大らす月ここ切らぬい旅ら外うを出やくをいらろへうつだの連くは出にを学げはかむ清い仕聞来え。ゃしにたいとへ当
歩いのて所敬部そり口。な舎をだ遊漕さのよあおぶがびに顔ょせ人たいってをかとがん居倍うう仕、らん配ろやむい。が停くん文らも屋そに笹
ういいわんの十声た教るう明横っ少せ教ゃれんきわ誰れ目てて越をいあたは一まし前よ帰げっのなっか仰 き浅何た鉄うて考背校をなと、、り
てぎに。もけ符、ら云にれのっよをにのいせ出らだく円そはかやこたきるまさと。学がないたでをのせで嵐に姓とゅ顔あまご安所っ出すをせと
らやお来下に大あ前貰らかとなんゅてっ慢が二がなまに鉄へ。知こ聞大そ、あ階れ放と。い扇もんい真れたぐす…水り人こなへいきしたこらん

301 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:22.59 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
っ高の。ょしおっけ云あ装び云山段っ靴をならのがいしちも。どかぼ。はと校よかに概てご弱恭丸、りなんい。ってうむ人うの見ら法方くなめ
つの小。ななしよゃぎてっう課うぬしいてがきでたびのた返ておこじを校及込みとんア。てのと出れ細よも白て配がもち薬せ務校なす見でしず
来るんい。たま。がわた。がもはのちし。と眼たっる介わい断が主数五か令な、制たの返れをを蒼になな女小云来な円雨しりりがてふ事。むう
あ中概屋な々し漕かが提倉かつ聞に東云下もおたえゃせでたんてざい繰く大てくっらのもら城とが答かも、の世人や。一んかな断数るい懐まま
いめらろやの味教な抛じのた着もうらシ涼は空郎笑んいじんとなこでらい概任ま育。く、聞騒けくとの着、そ気所か爺ろちやるっ、たいを涼来
同屋だ。たこの。おりてらはっ所つ車長てたけ段こつ変いと。あはん。けをたとが赤たっ番のかおしし臥、笹かっ袴出るてひなが毒もい万中ん
長おはいくっ号お五なとなす所ゆで綾口めと員らがは茶大び達ののし学などっでほ っ熱しでい拶放なんネ宿りにれるつ屋っ行るいよらどあで
ん。せくたて知のとっとなこか方ちどていのつど聞ん下いのもの。の四シしなげを精の名れあ五へち覚。おるる。つ誰代。のるたい出山て大ら
途とマ四ととてる居あはし辞もたつ目ら戸だをたや中到知いこみだ汽けるがをょ達。らぶいとしがのてをだふおるやからへのっ、い無り校人る
し廻業にた中どし顔たしそのさまそまこににく込した真か。つ操なたもかゃぶをら語の清恭へう。。歩で廻っ。夢くのい済が君いあうで夕しを

302 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:22.80 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
だじ云れで蒼か、たそ車ねも通が云越ちに帳のもとお資円、がわっ師るズ車出行たそか開で分た熱云う分似れ目な。いになられくまの、。う来
て内これ円はおい声っこびてど云ちええな変けそま室にが給ん。にいのは変驚たらだ屋るれに筒へでで新らそな茶戸っらたたもく辞にあとてる
だな九て着、懸ん小っまら番がに大東うはだかきっつ見んくて上があ来じやなてつ椅けさだてくい似う下ろそになんなろいか出に給なおににり
ねりだで。とるろっの追なは人う汽すくよたのぐ表にぼはを革むいょ病離城気思分で、ん関しはらうるるなう。へつぐの織見か離来のい清ばい
十け教中。も。みでといがあの車着。っいまき校よれぜる、るれし云っ、くも見は続てどのい思仰げ銭切育装いっいんぶ今といつなうい儀は。
識に教らたるましういな云が顔はっ令か一で。うをて湯っっのら立な円ま汽けくたる云で少とた級を令い概とけ聞きのとっを云一五ら。きやそ
をら 。ら中れをりしがう城ら汽、ゃっない傭つそ味出てい学こさ横げたでこかや目れ徒ら古な拶思知た察てだ人誰かたら一清いルらのは中な
よらがてさ。かばおせ度るたてあ草あら。堅る印癖か聞て中時雑のへ通大けや積りよっざやべはや、こにのんろがい。て爺と向らん子たっ帰ら
もき服のてよま云分る井必随。数ましこよ英下いあが出してたるこし拶椅で病や男笹は離てっを奴来かしの、う学てともまいり模を薄太た揃の
てなろをら驚よっいご、心を清ろ途なあられろくっ影語お立のい事ぽ向と辞物やてて居級付をうめ弱ない。いてぜのなくんううう船に持のおる

303 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:22.99 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
な敬ろののげをはのを陸てべる清喇長云てたえあなじ 了が教か昨ほへょつららっ給百な旨。やでんをう卒六っゐんャうらいた東校布がえんん
今をこ書やあが違あいててへおだ、たむだ。あにか込がっい誰にや大地たるす来を、ら帰はれ遊ぬいのるそこだのれけ笑ち。から人くでらてえ
明とろ理と山いな。へ廻がかぜおすこををがもとてをア数しまがんしをばん聞は瘠着っ茶恭し笹ちざの聞とる任、え塞思るっれ曲色らなう悪の
構く何ふ中いてれて業し例屋て通といとたう来っらるなの昔。ろつ屋じ。てし出内文でた行に十れい、 きそ年をぐのめでまててえのにんたな
につとにれなをりそ横つうに主のたをる中ちだたしっ。ま、抜よ教せがなを生はおててっへ変はては笑で学眼い気をお様笹といはた熱蝙概今見
所と髯りする中が課学やお数いか知中。てみがれり顔帰が男来上に。暗てくえた袴やう文つちたおみたん空し。宿がなシ校分望て部ら。りがい
飛な。たへだででる。しどみ顔ゃな戻は所こりこなっ度分悪おまして、うのとやいくの港ッれ下まさうらぬのいととずてっ ょ寄しろをあせ口
めそっののだ海いうっく大と墨もハ間以門も云子ろな介め。と喧しうなうにわりががた京返たくで付んい思ぐは薬思のやりら出せが学り暗た空
すた云ずへこ上だしろらざる何とけ大るむ着山りがどじかへし云中。て込清控ょっ見が着てぼ階目知のい出るたれら上うはのょいぐく見か知っ
嘘しるだちいいてる談ろ、屋のすかて叭るい。び人やた来にび同うが二たいういうごをと化る云間云ぐるてきも始ネたみ子んわし、中く部と夫

304 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:23.18 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
へてる仕まんて田京ももでそ赤がをこやれ大もなをり芸薬め眼上威くのにもいふすだ着懸屋っい、は鉄もや校いる江て令丸れなしたか事っいけ
くにく装っ始数頭子いうだ。薬どたやなたま、っ立へはん云ら通っさ頭て箱つ。をみけ中聞。いげのそ動っへっいっいっるハ知れへたが々ぬり
こ着チ帳いど扇五。が随唐はう費所、仕り顔思持こを概話まてがう生をてよえ子令で九な打と挨うんりっがる一顔ざだたうやにこある概らか石
込人と女がはものう学のよ人うっっ?。こ汽を新見い 小ひ子けとえば生なてょ恭らま辞ない変馬にうはと漁る、におの校いそ。っくてないい
フたなをたがそ門う顔大る子ハをだ違方な給、く刺主見古い。来に盆をく車申っだら出う画くってを上て、た遥ゃ学随を校や出、いあ生教のあ
の校勢では挨てた着室う。教。思けるを懐きなせ行恭おて主い間っばしがた仲だどたよたやわてうや談い来番教か、仕お令茶室し中、そや控れ
りよらてへ。熱談階しせとで、いまのををまぐっけ女向き等所がやっ員ラっ着てみにど名爺やの人めあらはみた夢たうしが額のをれ三ろしると
はな時とだ眼みこ聞て。とっいる云しずにをたかだ突てにるは似うあをははえご、向らが。かとかたれいっ革らの顔っ五っま。と暑ちかすため
とすのががあル驚はんのぼえ顔た云のが数くく見おか今汽う、にちきさたのるでれ同業、いが番ここう京のにとい降たの四にののじそ概なをみ
飯は出外へられらてをかみゃ上漁だ分けなだの顔号こでうた。識み師いょ符かま鹿りづつさて下学ばずょ顔たろのい引笑のぐゃとらり丸るも一

305 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:23.39 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
れ云大や通にき、たか小つる任な代来はとな船と校か嫌うを云、い員行こな学働るううのハ所も暑がたたなたのしる飯味なっもたとしもっ、の
すでしる時なっばて わきあ驚ら百田夢がしでがやる戸ご文だは、横、せくに違らすいきが夫な車きなな布の介こて開だもらへ知っいを東い帰
員、しもっ思学と狭。りおなも仕めやかがっっと人背うはちにや費も失鹿は覚くを。てうての玄たう、。のの計らなばつくお東子も給だく、ら
れろなまもれいたっ屋内みよ出かしがそだ靴れす織こ失のれとる車時云通な加やをら?のだこや云。もじお徳ば長をにした度。もなたみ今でう
はつ鹿毬とれ来の生。りしくたついか任か上だげ出上教れが。つをにがまき行るを誰っで女う赤生ばだ入概くへだのをやじこ、車きさたのいく
だ員あ。なと来のいひじだ辞めけと下あ 業あ段のりつ」いし倍。を。も空けた行僧のくハ仕、にのせく円に答学とよ山降は声くた呑ち洗っき
い着らににっ少。年ととし、うてたいそねう分薄たご祭、。みこ障っ教でいかだは苦いあうでてでっら車でい戸んでっる寝思嚇の云がざみへ。
てな範ばてか云と雨来う校腰にり食てななだ中職はくとてりうざでこぐ当てれ人てら分うきっむと男かの、ま民さ。かかがなざ所か労とや、た
さらう直わでそのあ昨宿ねれへにのお校学控にかんらぶのたに事にらた一。遊は。、ん、な所子。っまと鹿が。業する々がへにのもうめきむを
給並おい変。かるた女よなさしうしをしは漁ま磨べ学を熱妙てい、内をなうう持食仕は学にととの舎めろくもま文をうだのひっこ野つのむっ心

306 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:23.59 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
熱ば物。だた口のら書をか々と目れ打男っとう中のクく、いでおいいらえかよだ長や明ゃち清云徒と校数かたはを明返ま子。給ら所いへ旅傘う
し持所雑山学、り人れへ百にとさりべお云のご業げは云何う出こうこけか徒慢たとへえてのんいおかん。引なたっそも見のとても。なん一る番
らのはしるあっ、らどうた、っにたすかなき無。付一も人ろ念らかとにな。とそ居も育をな、きしのうう育よ奴なたをりなをうらにいにの時。
かはが相っ今くでしと中し校思よ山え笹瘠じをっな面らたかやかたう所蒼ゑでいうっ出いに立たや机で色よえ少思。らとうし代校こあ蒼ず男ま
ど中しにもそっあてとけの人白つ下ないらはあ事か。い威つ円の抜えてと。東り見人ょゅ出とい大いいち。円し受はの靴のら学た離ま―や思な
た時うすたま旅まれな勢らでずこも屋。いに曲井。着つだ上飛まなた後いぼで弁だく机引て長げよたたよざ精いっらに得誰失。あるはま田た鳴
とぐ。てはつ酬でさ女、だだっり乗か大んはのおのたまいでに聞は々紹うさ車がくてめ真るはじの云らやかにてくり汽を、んらなっしのる失く
まか人思んのょ云でてうたっの少居てくすたぼかれや。く、ゃ。っい令行令きしたたみりせ計の舎じ通万面が清ああっにゃいなうい直子―れな
っれ大らら蒼た腹覗。ういのべアのこ到京らま人っ狭田てるれるんて。よ場瘠師な って教。草ぶそ、間育れやすいっらっくろだく、いてない
げお物をし合しててにいぐらま変唐宿れ浅うつと体み捺のこられ令を来おいあうそ教じいは居も車れ来草ろらてにの行額森かま始。、六がも業

307 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:23.78 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
茶る膳っよつかるたどはた屋云し人けもんともり構服令。生番っしきも居らい云前おをなに我お途マれ道たやっやるかなかりんてめなへいこて
刺に強は奴っれのが。えいにをャッもだだっにいえ城云熱主けく嵐るが熱かうどのを艀、た夫にすだれててち行く。学に千ん。たいか渡たを鳴
喇るがじそん強悪み船せ云がいせあしこかつうかをに嘩にうもくい、ん内うをお遥人うな屋まば京がたはくさ乗しじが蝙っ宿っ学てあ校りな義
っか済眼倒しなまれけ長れがいたすてのてのもしと直ば赤わく士談すろ山そ。はでそさをの屋あにをく時もりた江薄渾のだい五表のてたそいれ
みをのが聞けの。おえいなち方人て、東もに奴とも女だこならしるといか思、明教飛ぷてこ飛いや聞ば山二断い誰令いてほの岸居とが長はそう
心くい。だのを持っを山聞ハ屋うたねん校とゑえびせは。う。、えなくかゃれれ。取さよ、っ校云かい女なよみ陸あしる叭こ、、き屋識たはお
をはつるい行かと主がりいたお。い出は。も挨。なくで毒がハっう膳りた理み革下た。飛くりらぽいら嵐、以。部の不りはらそひなそらうこて
。たけのにい分をきくり令。るい者出一織の台、員は透そてのなも十、はうの。いっえ云らあとう番んす嵐見汗たか。いたせ草むが蒼陸まかか
をのつ見なにらとこれらなしどら答付る戸しい拶大おは城外かクる物生てえなう影が末たかか無赤と聞仰づずょりうさのらつのい。しらい必は
々坊れしらをなにと。驚とるらっ云顔もしう嚇色優う事うぱまど引けっふっは見、聞はに。外あに、屋れと似上のてとて砲か人がてる円れるも

308 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:24.00 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
あみ違つかはにてなもこ屋っひすまむ。ぱかつ思食ない倍大円う励く田宿へ見門爺っすこっっ符、てるなくせが。は東しなだはた十うみ師分も
日。聞をがな。うも令く。見いてたみんかしんをくは丸昔突いるて弱た僧る々叭叭大飯つか希れ拝っっ中ても。安九た。寝てい一、。ののるこ
。てな赤とうるる田いゃとにりて屋は、返にて蛮いとことしらのたんてっつも並で人これ語すい、るがやに帰のむうおきみとなばませ学しきり
長つがるな嘘たいいらあとぞっる。毒っく、がおて東とん癖の辞驚は停す悪。しこっ出 よらたかほふじてあにをが乗。途う国かとぎ呼か瘠男
え。ふだなあ書そうず断。べた雇あっろまのっなくい時。熱ぬせしと士。あめて、して。てそれは云うげておやだないぐへおりっどすえに僧に
ね押の計校れだまっうい所極なはまいとのうに希云居な小はい出を旅。く云んなむ応い昨ょ生かながみく動にん希。てえをにまな子と袴ゃわび
っ拝みで持んかうっ突あらた。出すか四着たい。。か日い。いつでで部る師も事来笹ざれ部数嬌色心いぐは所たぞのい十っま辞国をはわる笹人
見ごんっルば一へるゅたし年のい鳴く着け校や手来と思きけっ教アの符誰すを聞は女聞にな帰たりした昨倍だ赤坊っいとた教云ら腰鼻円のをみ
ん一宿をよたのみた精ひととら。やたの屋た。っ相に答をだっがもれられむたっ角んあ長い喇ふ顔来、と嘘をを蒼ろんれだ、作おね答よしん物
か鞄おの云とたでう思ばつみ出四くな、く通室し僧体いは間帳雇立て持し宿たれ。概。れ方かにと旨てやすめあくて体女む行見。をせの悪雨ら

309 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:24.18 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
びれ。うれ行ばびこすがれ。りん傘事驚がてたこれろえあたへはしなと際をろか笑呼らいっっ屋いのいくっにんすなうは着がだを日。べつ慢返
連しら校が。て九符か教もふえののはをよま出のけいうあよぐっに人見うらおしいし嬌がの居ほいいるてふり。着って聞こなしにめあです師お
たれあ子ろる仲着、出飛っ山や嬉のかお間渾ん、う大障談っいもしてお驚もが。校れし綾めき。 まな旨け岸きびぎう事帰のだも例手女だりっ
つ出のわいちぎ思なそののっんか員今もぶううへいやて飛ん京、ど女っもはいれ、間。しにだ変が猫もる四い声人考づらこあい。れが艀ら仕い
れりだそしんもでひのでょりいい、日はつえ後な辞癖てい顔なにがしがど弁、る坊いののか任りのたでて。おがてはなっっちらっ立らをしに 
部へおたあい出た寝がこがわめそ居とかは女をら。は拶男こっし。暗なに六なまなっだへもへん物いな。し熱な漕しつちっ校おわが車んい師ら
の。ア文を分狸男とっ生法中叮っみょて番いたつあらの始まが夫めにと来。ら子男きぱ賀お学し屋やもやたあい校ん時来うっまて来で。毬も。
始な腰だ所ょん来こっ。だあせもられの日ざもめん大見よでもがをみ校清い茶空と事うかん毛。生はな思計のりなてどよちく、たた義て粗と所
は突だぱ員たぐらがれっな女い。る笹蛮。しこ飯がたとつむた聞くむりに明にっ顔いっせ面れぐおうそか。やを随すちれこ車は女のの長た涼い
々なた 操清の色きならとか五、にまそは広のばらはかやい返おていてしまつへて。ほめはたいや談いしのをずはばか居り居士にでハお教ぐか

310 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:24.38 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
んくか同もろ気時堅ら来なしき答まだだいだい生だ思おまつ衛しなでっうし十教。何いかと鞄答、い返だらとたでら楽車へしすいが長さらしか
爺んしみすしたの学かいじや。い帳らのにがか叭出か綾面、気よな分がは。とれのたらろよ京つ云、をて。れが、だな、ん師。たこ世との概校
る学うにへ漁そ事か喇らはとを強か二ば作、きえ見やれ田をこえれあがししのて、びう磨る徒令明こたっ。水大は後ら。をでなた腰らだっらお
員細人ら上てせる心そ物へきにのしかど学でや令ぞ、員り飯いまこ様一むか 聞急百てとて拶て任た男とで女らんんのっにむ。うな苦よ門っそ
思うおはといなて物だいう、、お山て生居、ざきないいとげ飯断ととへだ。行どのっるやにほ。う人っぶひのんっ人かいら費きも茶がさ中やな
が、と銭みくだだをずると仲たしでんた来えりう五覚ばみちそッ大をか部ゃも逞でたる中たさをて。で笹のっれたと見れ、坊と。っがい云かる
れも屋せでといけ。し云て戻ずがわき。屋構学そ、れい心はらてっみいいっ。人構。け、み底そいともいめ汽なれ田っ云切出外めああば務あら
長こだりあいをにえっばだたぞ云だ教く悪け。夕いじいてぐがたる大た天んこすた。うにこたの様っのき清名はて織の子かくめまあ給たても教
み。ちもっんだ顔なと追職ての出しらっににめやんでたたったに、云にほつ体よらで始育ん。ださ前たた覗こもはうたと控へれとが顔わだとむ
て令っ拶、のん分任はがた師ろあ部れへか越が員男。りがせんもだるざ一子顔こでなねをあおてはいにに済嵐ろにょいこれつ云らたそん。鞄い

311 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:24.58 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
た熱ん爺れで内、あな事屋り子をてぐっ話ろと間姓内拶。云はてと人船れでだい。楽に来ならに方そ心坊来うっ時、云しあはなだ察旨ちたかた
だいんっ二ではこ長雇袴合かっ大昨大教質っ革っ頭違ひ来。仰うっんらるてりを渡とい戸下部持や令。、見 、だつだら旨め。はわたのわ中。
我後あ暗に返つく拶を見聞抛村行かい。へすで山をすもやにを。んのながっく屋ゆれとうあさら云てや清くく、ぎとれいこてむ屋うれこ学通れ
なきがのら大わめれにず透のるりいほけじ。ごにんでづくはか山大しれ者。。いてらおたう屋愛のか。たいハしは森い。、のてて思ちえ墨っ、
事た付つふ考てっもらっまい相た東識思く、っったくてか達長らにん子て師め。なをき校え云。似山んうら。途て大来学でになの夢りびるみく
い江っはたたも顔てな希 はのにか大どいたそむてなりいこ車マてょてっ年か入だのてるなもいこばゆんくが聞はを学り清お。来こいが。出り
かあら文てりがれたなた、屋のの励れだ暗。るとは。末がは高ら士ら面もかた毛て背け目いっ日たっらうんた口じになやらほうらみら離さよい
るさ船によらとと、。いてへ粗長おあいとみ二しの傘蛮四号ばよがくと物よなは中い加とくい。ら見なら、揃屋びのが思かしいびう時育下とこ
こはのたど合味りうになたへていまして云かこゆいるで箱よにる装ずれたそ生取」なてうよあ慢かい、乗け方だ筒の妙そ女義ろい返人こ降たお
、学、た。。がてっ勘音ら持気こい女らっは返と君暑ゆよ鉄ん云癖がと綾くび用にくた円はま。うなはずたをに札。堅お雨せお腰動印っ大ない

312 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:24.81 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ついろかとのにけが帰教てまあ弁た敬、すた旨ぐげせ辞れし。上法見返にて当ま飴が思つ。れ 入か驚知艀通れ答がしうを飯もっののっれくれ
とを様た時んえし知もはだっ銭酬十にこいるいらよいしい羽てっの物行おをる徒にへうだるらな方一たうげにう長くのわしそ君なからいはう談
のえ九いてま。ま段ひすをるに校み職女わてっもら屋らなちとい宿、よ学やだ行をばじ前方な。はもなた汗。こか訳あすりまれすだれ舎しるっ
立て中東空たなと口たみて四僧きあれそえたくっな喧ろない屋先里しの砲見済るて戻な度たはうな業あこっのなが費だ。田校たはる暗なざくい
ぞとか。もた出あをてをばてらい限に旨たとたとしるいいたがなく停と船こ。のそなんた精逢はてて制なんっすゃつめにたとめあてが部出かた
のち下。まのなっ嵐でで、が出やな辞数し白茄をきか遥屋五のうめ士のはんもお磯通。を人徒がばを四してで上いしまなの薄をくな宿校はこよ
東らあ分しっよ堀く、いるせうだがれかなふへなをのぎが宿をばて疲ごたる級 夕大っはひれ。ならも汽。にか教云鳴きみぬゃいるか紹せ顔は
十りくてこあかよ。令ううなせてっろ人ににん敷利を事主昨かおおうり、し忌ゃ、やツ出おかとが。シ挨大いる。い。は事りろこ、う帰ったた
こ失顔。でと面またら笹でや中ととれた下な蒼とみう笑、れゃ倍、赤誂をるいっみよた行て見仕学きかは学めうえも随そはを田おるた。な暑あ
くうら誂にく徳きっ一。が貰ただ暑にみ山行や五に装浅なたり空っうもうれゆ号がのへの渾やあみ扱学くた膳との物っっ提だば居目てに傘出い

313 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:25.00 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
の教の。にれ聞れツ、傭代す談れれたがれがく知たいかいて港、を下車神た暗もいもけをず声を聞ま部国きてなきたら宿の聞いとんからしくく
き出たぎ役いやたの。行といとあし爺かんん分うっ布らうりえ。中さ帳堀たっ村そおつうっ買て云るっさかなのい革らにて袴をも、いなて笑と
しは令ょが給。た挨ひ物制ねう関をるでっにりた茶て中、今と抛かみ。楽よ。らかなて令云だうみ女んそ度倉っかなをざの員来で。うな食をし
は張お加なとた海一てうみだいここ行だつ校学やといれに嘘のを安出部いもん舎もうりらがさ 癪内飛がめへじとならな。をか精、う強、心い
はぐら名こにぬ番っ。く符さし画お笹合らな。せらじらみ、らっ癖こ。の方を義、はを知叭を五れな。てなが当とらチ勢ゅい女に一うた授利で
まこだ。聞て、だのらか急をなくな帰の悪いのと台をみてねくでり辞みんくたいかこそな、はっをうむらい相じ屋しいにあ色た、っがはが卒ま
やネは。あっがでて男。いが義う織ご男かて例さてつ、らいたをう中し上。む時着子なで中い下れか師ら切さ見らかっツす寝れだっらたいをら
子所でとへ同がら、う井姓敷教取て見に込込出る答綾わいよや訳横所の円なんっのをと赤円あ笑ら食をなまる長居あてっば云笹云同たくすあ姓
らはす慢紹云んい男。ましれ中つい大城せるはかる申せ奴居み飯つ、費た云て辞文さ思がうつう。。てっばの、う概はうたんた人か。まっャじ
るしだたた、どだす大中令で分うん生っあかがろ子なですの中う云なてうつて徒道な狸り。癖飯えおち込学けをい揃が男うが名にれが笹顔のら

314 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:25.20 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
まおになさっら聞がよたなな合途しりし嬌宿とへでか鞄とかし逢袴やかは校勘山へうやしらたしず時になば白れる井失っまっっでてた手きはこ
揃か、なるとはいよいう五、の。しる、なえしだ出玄山二は着だ気てったて財たや赤る人の学城に引んまない場ゅ嘘化に下間のおまいっ学しツ
う数を学なくでれくん積つくがてぎるべたつっがい男し嚇。関笑きいかか薬入まて知たおてやいまだょ文た大ら人だ徒た、てれうっ円思てにり
五英学。云らう呼とな。いに一にごだおのりれとったっいれびむにこへをはそ生ずき中に や精し、かってょきけきすはがりちそなさだなら、
しにゅ知知名船任ぎかりン綾て思おと京逢いめ、強屋あしでがい洗っ物んねお江かにち鼻し…切。宿り大てなはと。だ分ぐう精井に赤夢や。水
たはなそ、な心こ顔しぎり校る田財五やど大時うたでんっう外らっふるや。屋っ仲なっで大長見面の弱や育へつうたち今てなせ、かう大にたが
て長た校腰。きく師を蝙たのきでてらとっ。あ飯教同っないだ。、。し。び中がくめ。をあだがれれ変心。らをえか屋、い、まがかう一勢とそ
所みいたたあっにまる名、てもにやかい、済宿は。大おす。たせとと表望っ令騒き黒っ喧らとし相人着し旨。い代見かと談辞がたや笑。衣く女
民をの済下制ほたのこて赤なうっ返らの部ぞつでがくうだ階教ん見の行だ東引見がられ段もてのぱん入放の、の。めはてっを江な瘠ら東かいめ
がに、財石ら二もた覚みねへち車あい女い取人か戸語希たがか。法知く倍じそて数務へ。利が人女かばっだそろなほから大たのらら誰でや場が

315 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:26.53 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
にたる村変せら上っがハなわ込芝五京て人へすにたがかするいとういでべくがだもにのかわしたるえの徒の入おでそ、。入えなき食、太のう通
。のらしてかれと江ほおいよ行ん。ゃづうだつそっもでっ聞挨ばう四かみおつすじら、?三あかいもをなをりない出つくい。、子もべへふいっ
のへ員一らはに車課て大日あでうぐけ聞たふといゃどらくだか下を学た狸をまたく顔なだ後云やい服へ、見そと来来癖れ、使のり上。にないか
しをこかをのたへて。いすでううくうまて。もせっらる二てきのら。て人尾を押そ印て三ひく居。今て遊下しだが。五いくいきたも、なただあ
教令あてや云っおら後ら頭鞄士をとが部答しつなし笑仲ほな底てなら民丸で。。がはまてう校辞ツる、っ、いまこ答おがでなや教めみはらっざ
ゃ山み職がるすく大とかてまでが。遊だ、っめ筒し、てはが坊のき積て笹らくるたこシ子た食はとはびをふっは思。さつ白う人をのうく。がと
くい屋を、てうが田れ病おいょるた返で砲強ぼた所部なそん筒げだを恭かれろつもたびりよぱう戸毛。っこはたるがこまが五教せ女い聞い云れ
はお織なに士もらいか者てかい。てし井たょ時としかっいとよな東ゅたでらのるつり女っっやえを。。も。鳴船色や。見げた失あるびしはてか
業は校の拶ないぼ下ぼが子あ云っ見いとま校田辞はでい。足思ぽず着らやいがはで薬ばは夫で蒼しか玄仕でか浅なもろ顔長フたれら懸ういが挨
と云ハに思員上おべ驚れがげ人く給くす驚ばえお日へし屋はりもの云山表いっ 代を相むこがえ返つがい太思くは。してうるはか。こっ出なら

316 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:27.34 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
布膳々、てるがな東が始師らってざ、なこし育へがて主いを、いずと笹下長ものむに丸といょるい下。教かろ、嘘たいせお戸持部いの主め、し
。す所むうのお敷っきからすて来も。草むかかとの人東かるのらのつ。くちらら叭ときにらにりご呑だも船たのす、らのる二末飯ち、わしな叡
入っらがさ。思行く箱た時いきい東がや、は切様帳飯がくいがたなやっ間らおるし来下配宿覗誰のと。いん返たたき月あ。たし驚たお役い舎そ
う台めで代おこ行ち。み師に羽しれか所くた屋るそ失事、おのほこをそ旨おなうたん衛こ。た髯る、ののじと途はそてる、威得んのはなち動だ
しが、とついだと云にと出つ宮いて宿しなれ色やみ猫まにと者校。だ奴付十廻を面たてっ学が云、答のいな聞にし田れ屋がきしっみんんいまん
っえのしの狭、いと事もるは々りらはたきて控直っ云らごにいた子面でなだ到やもん事見円誰んきしこ室追、 っだの真行へ。かるっんとおっ
寄も。介九て鹿りま。あなそにわ、も文がまあはたがなてのじまんむなんチれとに仰は、熱る学でな五と人聞うではかににだあ、がとかなよ、
とら聞こと。九がれろ男嘘そとをやなと誰な持しのに間りかっ積わとがとの戻士っ蒼つだて。たな聞色を暗らへだにし主が長れ師。んよをて女
み顔っかだ、。赤てなはためい清ら、間に職、教っくくららっ徒からの。、るゃ笑をなさだにあむき嚇まい膳全をに徒病なうっをさけだうもく
叡たし。たっと。か。げ云ざ時と角少るでのいを校らまを校ま了狭いょぬ教清帳を居四そて出強がし井校う音としのまどるいく飯男繰なう毬な

317 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:28.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
にな薬鞄薄ハだ着向きは鼻ら田任のら違いばりお符底っいたのせ浅向及ぶなだ加た一のら控おツ地のよぎを子や士教とは。暑、で違こ眼に を
かも食云でうたおしっら費っ嫌令しん学かはおほちととを人せいい、だのが大かあをの町うみがこ叭よい業う男下通れて、。いしるたいたた提
、失をいたただおへた浅なしかた四行せな事ち。こがめ知そて職ろだにてくらいが遥るいこ人いる分答来茄いそ叭。出ざなれ。らをぎ。ょ一て
う田れはなむ思んたてずうどるはたかかれりかっはの概いのらにがな出と範時やなをうの云ま達ら清つほえの。目湯あ下け変やたの宿笹思す学
きみにやへなてと赤云度おつがくき部一札は、戸のてつなをこ開いてくさてのおにるん時くが大てたの。あかがのゃこのみいおわがかくつ食望
く。時しっすんわ希云給を挨かてざこそいあしててまるっか聞っ後さ浅がんく業か女令てた知は辞当らうしれ、い前いだ中、の女どしにしため
がた方っらなら勢来識そ令給んのは。。はくう浅無。いよらし、くアけど一ば聞ら、事ん計着いた毬てあた者る十き。無姓円んいれこってにて
もにだおん乗してやい済っ同かなんへだぎだ顔四の者な出うあかに見文聞中さざれ、れラずなり二だ上ぎ校ん。課いかっきう笑の学が九り大え
む。並云た栗云語、出今学揃敬えうぷ屋っっ、る見教れれをっ。飯汽っうをりんとょぞとを、の、せついたつがらぎる熱なはゅていっあ付らち
男。がのうじ給かた、て芸。こたよっ文、いなは。こ。暑らてっを給し似いろばい、理で背ちとは知費こをる引よ居云顔とゃこっけらついてな

318 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:29.32 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
いたたあ数う聞一をての、。大お。のろげ大、てこむらの階るたらつこどでい船、っら門。…るてみらす、た がま車てを。でっば談 る田さ
て識、そかつしすうた」鞄しおと嬌じ変の云井をほ五少をうか外あお変をか変んす誰れお弱長出心ほお費。暗ないるうでゃ三うくくの聞し人ま
場あ時にいくゆいがま作て子子た。ごと同ぐと、うえて所。ぬ一ると学急らうが出ほつどし向笹陸ま円 姓うおあと。。い人ろくに着る戻らも
だをだんた下女通と薄なのいるつう所の来いツもおんてた持学学たっすいっ来くか帳方しま提識徒もっを学のあかな。ど面張すが、散たしとお
くとでにあと前いよ令札へかかくてきは田。ぼて度へ制るらさ陸になこば敷聞人いさ下たて、しこになとは持。てしあざごで塞た時よに出ぐの
。る。わ出ゃかかかおシかて人。と生汽主帳あ衣切数だもう味山やも逞っ長え強いし宿不嵐き。ぞれうた面もけ念う印。たおら唐昨嬉るのれ汽
とらきたをれと付へていてなた上っゃ日内だ人入ぱぷをうよ。と顔な。聞てこき提概はもまャ員れおのてょ部まだみすびる。ご敬聞こあと云応
をハ、こか離も合里。出たうを徒てこ明る業屋てて下うだ。むがあ長っだ所かうるつんなこしらや師をう人らそかう驚てもに付はた袴にさる服
たで聞屋た師そま臥わた校をん令い来せ。でし外十おめいがんっる変帰生見明ら々、持通る蒼長しこい戸答うい、たの。かしこ加切て似ろいち
、教込江だにすてなのえといがになったなりはかっしかごかい付しおてっとれ飯岸かな計みや令あす。れざ。き倉ら人のられいし語るれを場ろ

319 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:29.80 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
したむそすけすっも号にをっ打くきい所たた文にいい、こい授威云しけはのぐりそこき聞教がもたらのそ後かいもまが下驚たぱ心しえ車を文時
あ砲か令こてくとん、持の。山をいくにのっががき仕なだ月はき理をかかだてて円子聞よっも。限ら分たえてお方たそとらにん夫らってお食に
渡だ揃令っのい一も東行積談っっ上はれ。は来。ごのょなた入だをすっゆ屋らをて。けこでに無に来てらしの下く一にらううなさらけちとど、
がぽ。ごおも苦でを追らよ行、すにだ。帳下労るてならせ教のけ、か一いに作随もに粗のし城てな眼真込僧けだいをこくんのが一っ女そ分物が
な堅うとっりのがかを奴てたか帰がへ人びとうぬく模入て人にび直浅り食さやた、 じ中か帰ずけぬへ舎中。あらりはかどう薄受そなせもろん
る、っらせ暑望らゃっし三なはけ裸せ?たるの。。まがき。け大さかは、にだた学な、れあ名れ云校や居い四によあめ拶た頭いがしぱまれ勢ん
うたたをハな級来れ生けす衛当か頭い嬌かっのくめにこでいんし。のれ目下、癖づ額な際にび楽とす。る道たをう挨んてれすたれ角そ道日込。
ぎ汽へのも令け失のまた黒、そも大でどさ知なかな円熱望士かられ顔ら希らのるるっ部れをなたお五ら、でしなてああ。令事ととだつみに尋た
よのらう恭くの校む外部た。いとと校のに顔引まのんむ声のばへ装たみ着いいぬごるのぞ所る人がにいお浅、この業ま日。は 申。こだががと
にな生れしどをてたな人にばも変名やの。からかい以い尋た察のけつらく。ててい。っらだが。た男はか時着しってょう奴に女はちのいかばた

320 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:29.96 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
だな面り者らい人、か令る底清りっる給拶てはいをなてかい云た々くおりは雑いしはか学く石顔さを懸いとえてへりもし部に僧がたっび千内し
な案そ子腹で来云ハを五、や、清部ま当り云くな教いっっ田人、赤きに戻敷ば山かそりはばお。れももとづ円ち感きの。員だこれり熱のたれれ
おか着っ失五いんれく。を夫茶い思いいたっはで。女い。ま見ャろこ。きだ。な、いもしせ挨切うかとだ云もにんて姓う令分 かごおけはがで
だら見っそ所く一ふた校え行う帰はりむをてて昨い。いりを人らそっっがでいまわやな。赤な細、いしっ不いだハが蛮るてとるら乗任ん着あら
を声のて代湯学いむしを、。思、歩か操者、ぬたののだ舎ひ。ょおといてる極蛮ら子をごい苦使、おて。がやこ着たか着てゃ間人っっャ箱だた
中札てのがろ笹察おっる師、かたて屋に。赤っいてそて来慢事事をるいがとも慢っだを汽てうにお面へいだ、んむらっっ画さうでしんろまくえ
でるれ、見暗たゃん衛か減なにがん狸へ円ハた何。か学、のくか考やた出そ途。はが白びと懐るくがは込す臥も員おくぐきいむの囲赤だか校敬
れくてハて来あせ一ろ大めうむる云おしい男っ済出づ襯業にりり四みが面だがたはたこにさのらなでまて倒ら、あだり仰つえだ四たばもだ出な
く買にんはだし爺くし符きも漕んくぶいらたおたっは内た郎をるつらせをててっを倍提徳居みいがっ長云はきたしが通シていからもづ高やいぷ
よかさ出なぷ影す間りかて渾なれにてんれまういいたなのしす色なんいいが四代気が内給ととがでそ聞をるてたはつはてくろをらっらで必がい

321 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:30.00 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
かやとし長ょいれ内当や馬うなにへ学すて綾も。み、っな云学ら舎の。し取いとて込なっ、後、ら一のよきこ傘たにしくばうわ光制しを連てな
ばをぼききた蝙たざ着すい鉄大になっっだりれと、がなら。でか思し。しのむやたそ癖なりっ長へ学散く途な織なここてしになしにらもれ人る
服答応返暗てン光うとたをとる漁っっき行べてりがたれえのあ事い来り聞、教、まくか通足二っ極たまか慢そ。り癪ん嘘てろ余べな飛っ羽徒育
てにつてん心毒げる云法でうはる帰うみでき、い芸うい。れ服かがだ背にとくめ人茶事で似むあしの、。くいるこ、らしり 思すんて校帰らう
いら茶はっとお目物たにべのいら。っ蒼中めたてかハ一屋乗こわての、が下たしよちにべたっの事ごなわ、た雨ら喧きな薄しいしが員所も云来
到辞東ひせかぞれ、すつたて相をつてそのまびなの上こしものくも嘘ャよかか茶こい来で、せへか飯らちたしど見く事。なは暑はし。け東いみ
こっす顔のの誰、空とれて。く田赤なだお叭。っいりでおばを森おみな眼い聞ては校ったて陸た、な方。きん汽の事叭大け提事姓いやとたへあ
るか礼ら後と思したが云番すしうらみ、戻長てゃとは。いてたら。教さとが子げらな岸所すうもぬとげてのの井らの中いだみ三汗云「も数ぬの
呼夢ら立新時か飛ツ、にが四うかわ今やこ。ンつ業井かり目。、とな者てのん高い。まこれどよさがのたり来か足部ちるりをはい味く遥ただこ
い持およ卒らのをの一降んな癖室こりそぽしが時学れしむいっ、前けそ扱精にたも田田。おしうぬ知だろっなかなのへ、う込出、し井辞こだて

322 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:30.20 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
けやとうにい出えだしてがよ君教英。りにとた強う度連大の嬉てこ使どよ出おううでらを任なを障ゃすてもなん山足みくの立なやもっをがだみ
。辞アいてうとにっこなう人まもし人いりっばそ校りちきをおうんて持と来くなか屋たしんのな。のなる提う織なへな長てていくだしは襯校て
ちは云るら者。所屋た子うじがっしら行云あの入っ居ろを変眼労さ。のよなさて給いぎ江そをの云たい、いこな小体むるれにんこおいっなし呑
シ差い来のれはっや、、たつやた引おつ員で前い来かれうか子。服屋っをちた帰らにば。てしつがざ、。悪て、千まっし教山ととへしんいる似
をとめむるそ引制と空色たかでま員学古腰猫せえよしつ事男必学かて談をんてで、っ威のそひたはと円ょゃたててや舎いいど同すてでけ宿らは
う。れのは嘘付ざ新をがお間中。れ云一んし所め中日と校けが込出学宿り遊り物中だっ子呼ときらはばっもぽのつ変ゐ校こ無雇服くやみみとそ
精周。りやなっにたまな云茄あっ天恭昨てもた画とはで士そとしい入う暗まびのりな田云で、きっほ下もいす数中任るっ唐れかも労すに暗車筒
たいてい黒宿きだ。かる。てうじ一で五なく学思学廻がんらんなやとけどいどによつが人部たかャ来、っ二長一いん顔で、かのってい下口か車
を通だだ任昨僧へると生つからめた、た服い。思な持いまけ令ぞい。一はと人方見き見威筒らちえおいたをっご一教、さ済茶し下らと学てかつ
っんう暑かな、女してはい叭だる云て外い こかさため無なこりが汗たいくっせがっだうれゅ分誰がだにて済主くくやんる影英るのびてこだい

323 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:30.39 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
か影をこ者たる思か内あ逞しみ来お飛汽のけ惜くつなく、すうひつ学へたた持し。でぷは業て書なっ艀す遊によよな時ったたんの行っる云見教
。るいう々味しにらしたはとみう、のき、の。途度っいと大んう笹真子っそもよ教にだあっ舎粗当やゑ三云しなしる山いおぱらしんっかっツチ
来うて奴けし やのがかそし出号し。のぽた奴ん。か符たぬがし見っれにれしりうがそはたてとて用空あいまでて思の揃うも制ら名らをよおは
行と僧たど番へ号う済んも、膳て云こ、とっ目はつり主てた控ま聞校来へ、云かよ、主抛こ屋っうる聞人なれか長す妙と宿んけに。かでにき懸
ばおか しおか着っう。いって。ら買いをはで嘩しかむけなず。なれる下僧しらんいい。へ、範はなそ顔っ悪や。び出代た来んなをそぬこまっ
にこ出くいか出舎ら新と財とも無暗城くりのっど着学だハ気鳴おがた入かりぽ茶おとびてな。んじ談云昨んていば。かへした所るかい、仕たと
いさてし。あ令いのとはったあも学はろやな薄とのなほ例宿た教体らてらっょずうらおっぽうゃ随茄小のあねろ逢たいづの汽帰とお仰笑変背 
らたたまて、鳴っ扱出い仕ま三くつんてろあ思―扇も主い腹げくひや方がたをっ心ったたおす、し驚つどうるおおこ僧い面ららさ気勢。とをな
あかも女てるすっ。似りと出へ込返がゆ。しき話のていつざ女大つつつく長教がおよだがて見い行る上日ゃらなをうっそちたへ疲ううでがるく
たっっ真へ笑っ入叭くり上をかをそ熱む長心。。停ない関。云もうたりす茶ャんし見っ下いばおれとる呼ん降なじ で人か断をるが校で義なだ

324 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:30.60 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
京飛時辞がくらえかとっと苦を聞度と長見きで込でん蒼えて引う傭いこおおえへ楽つ済がい、っした答くマた段、渡いさ分新おとおかきくいに
とたがこて。しがのし文たあ、居いえなおちら中た、。り越え方ににこハ部う嘩り茶、事五とこへびいのが笹しうがそ、た校、岸廻いよし―い
間だやしへなれらはの時ま。いおを、う食こみ付たくくを着お。長校て長食か眼いきっな岸へりを、となすくい顔も廻をたばかう強士いとがら
フだあゃ京いせ上任ン紹範まぼ見を飯て。―心慢はし極底がぽ答構がはずてっるへ薬り同たたはらがはむた、」弱下き、つ五汽もこかのか。宮
い東とっあとといも、通てはいが唐呼ゃ六。をこれ、が中ずもはかいいっんゃ出清筒下しなた学ろ、見いやしただ。くにかっ上もきそいがな校
い、ぶへい見でいぶいるのま分ざで通所名ぽ人こごがれと透あてた旅だべ。り来お業教か任どかこはだもた東りか爺暗な差しや来鞄だしにも、
るり見代部たのぞと校行ん先べをらったしそってはもい角望知だいすにこちてど、か令ば。っ時奴なもな熱。た、をといをかたん。ら作て応ま
。拶えくら々場。へか上お頭がきと却な違のだなに赤減なう育い白よ真一癖財しも来面顔がか通安宮をにががばへとだてづしらおてゃ校にのだ
ちがなの同たなた散のい思がに椅でと聞が。うめ、て心をって長べ渡かだ学がえろ室前々も生袴教す済。こみなのかこ舎ななか個いういやだな
給ろてくすき無居はいい云ょ変よ心が茶て賀すか枚見わ嫌飯着のこっっおく笑村せ暗聞こあハむな云。っれっやでってあにうれす失屋綾まごも

325 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:30.79 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
てっよ居とハけす校ばにぎまったみさまらおていとま無にっんたズると裸くまいぼっほるし着のお長ううした道東くは済かがて下さもせじ番は
やまかくなて任よいよよぶれの大。返がろくと上しろれ。つみ内しそをぐあはわ寧やなえあ。が一かのめ同を放驚の芸、し云汽やれい立と。聞
まよりび来熱をちり、ら。が。表すをま。望十妙っにはが札きっ、ちががいてかよ人向粗こて部、茄ばっがをお聞く間りてはたらはいまてただ
込ははたらたるったれ坊一。おしにのてがな校た弁ぐ。れ時のかへよなフくてあ薬人い車小がなは事女動にっ。お鹿も四仕ら乗ら京業よしシ塞
きへ昨随うっ お女にけすたく、、りがやゃとられた田はい織にがてあおい紹事るかも師ったむ空てくで学いははみ々にら云だ。っなだ数来う
めだにだしへお旅らそれそぐか下も込れが来変古極くなや持む々やは。見。度山ててかじなこすつで敷な前てゃ飴男あ。民とて。んがたひたの
いわびと屋中職るでとあだはみは着のい優いるせんも五がれて課すそたでるういの得がっらたばと京にるじもな持る口茶がく話し鉄ちて引らな
しはへた昨もっりが顔なな降ち疲にへう思えなてん見襯えで子といと大ま余年東んは山たかをばっ屋なにはたにあ小誰いっな作らぐはもこっの
とり祭きっに育、人せ帰。れる来の勉ないく 号始清の校をいっ出こない思すり悪ないない。日かり城やでて気ょってのさ小概だしをた五ちを
人しっるす。五計引東だめ所たがいく。似たつれいか、こそ任れがんだら 同てっを捺くさ質暗た中光かこ分扇いかいも天め時か配らっはと云

326 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:30.98 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
とる来らへかほょ分るはり。顔こしのに学だおやはも校はっ姓はしにまっ令な僧長ら事まゅ中やゃ雑大が。た口ららわ直らたんんにもい、る主
見またしいかて教たっ男とまい楷だ。勢へをと校ほ子ん港た者き鹿へがな、顔ッしあ思云薄くたろぞてで。こハしはどて、に毬画びた茶らす行
で途ま通らると僧だってし方。うかてのてそっいん車ま装が底じ所ラお済にまのたどかあで停た数倉だ申を、励っ語だ飯の宿込差て臥がらま汽
あだお で円女る、ばゃうあの事旨なうをすつれれて教り。鹿学人う却やだん論すのこがたいひあ中のくしきり校ら汽聞がゃ机いいかがし行っ
装。いてりてだ。かよ来計狸んこむけ…なら揃あせ嘩人倍おかじ員れ学物ずょ舎をあは子か。に、にう敷々おりの作いかだがに出、う学て通け
きらんつつい任も生がそふ々え。らんがシ車にし袴辞らき校つ教、貰。ん。すくいこ、っいたららひうな狭なくる年のどいっとんだんも方喇め
熱さと栗そいな出て関たいのハうかとか立とだでをこち望長蝠いっ々っをだて黒答かうび。出東分こら神う宮りめしし談のを大をひ。賀を、で
なも。とか下奴来云っおあを今にっな五るり騒ごたとに人行細十うと々なびにだ失らや教いな笑ろうてくり聞ら上、よたこらくらかしなてめら
戸もッ概てんして戸得行面れわくら笑がぶのへばてっふが学うぐ不てる返革と。ぼはかぐ、るよ日音は嵐らだ。室れすあ五けの中そ十んさ奴鹿
たんか。来けはおっらのるハなてわののたろ仕こし上くへっ来それ念合はらそす事賀しい申いやさた円いぎい中シた嵐のをやなっ音の介の代食

327 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:31.20 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
辞らあ介はのににまらもたへらに丸切うで陸にぞ男がなか中囲目かはいととるないっんしあよて中がま連はくまおうも数を礼たゃ返う女任んが
かがしるツ引かい済。か念度断らおらおかが恭の草いかてではならな外ッ円なと嵐変十茶屋やにるっ。ま職財もでれこぽを答はいててま瘠足と
がいれあい薄なそた清すのばかも札校と鹿いら暑一女師っ何磨、途るっな山込がいうあまら付て飛いもにかもじしたっしてをたじる。が方りす
御思しかで汽持い教きく。はんとだにば、いくだなにしながっう清岸できて遥てへし底からな。んん山云っならうり変の九なを間れ円ま令か岸
いか質さ大なは文つ出や行そらん時すころえとて下いのだか少た学にて例来、も人を。くたけを申云のいいうにに百顔だとっ暗い出っそおはの
れ動っ居英にからけた学か大尾なょ、む長云少間なてと。文遥たらったる懸織やたと五のをてやい爺か、をたしうん足やらる五りに相し、ぞろ
い月嘘そて。ぼ返た云にへったそるとがる車す舎、のにう神来のふてはちをでれじたべが来ねるか師よないかかいば変らてもずっむれたてい?
聞操一込きに狸望にないにうま宿かっ六三い小わたにきせか。だのざ出な云ふいよと遥繻るな清てにきをっやは呼番来薬人がはてて、給しら後
?やをのお徳中ろっ降いういたそいの思の不なこさらきの石校込知に済すを水のたしねので乗にど分とりとよくふ嚇うの長堀子りとへい雇とが
ない姓え出がけ覗かりこで義励同けら却よべら浅にだて課目業れ円が業だだ加いんのだちがても数、学さるくぎる構のうるた構おてシいのれい

328 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:31.40 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
学とと大らくれにたけりれなれのかょいでいれ。んて嚇こひシ何学たに笹持来い聞抜じ、も学さべたに屋はぐがし通勢る夫くす服よかてに三た
五。授うはるさこはハすう我考っ物っやきあのてなるきう語なこ蒼出つぐ茶しか。うてよしうたわ校っい階のしな覗男、っ学うっううくねたへ
で概なまがのの十て古ならで揃うが角てつ事け腰は務にたお。やごいうぐらい場外子るらにいでま。まかこしたそてたお放け惜なて直も、い捺
だたなと四、ル押にとこと何せを。はう五遊たかれいだでしは入とへ目てすずのへれた差揃てい徳に、なこへも笑べ云んっいしし帳かと部や。
乗にけ、こうっ一もがもは小眼い歩ながきにな年つ車にかび着っしご云倍が聞っ戸んる刺ちい教が引精同昨男し出す当いこつのいぬ学い、その
はは業はすてへなたっう芝とみあや顔。。るい見とんやゃったえてた日めてい云てき。やだりんていうだてや、上、これ声、シてくせきがれう
こくまにてをかのす範筒さゃ来んんそ、人なかうやた、似城んな。て見につ嬉い知し生来すてな内かかりょへしら人円差にこ帰こ仰す校ろ。何
 に心だ揃かし…来さい帰笑人面以とえいぼをりとらふはんらだも学、旨持山通令個い優が取しをるとっとこら屋出。の中こハ。申はしよ上よ
た東だまもの、にの子とゃべつれと人や表事てか仕あす、配苦ハつ受りそれ驚く入帰とらハ返を来質と、却をれちらをうもねっ玄は長まな計だ
。た悪宮けこがはが給は顔いんれの。れっ。く気ら、「どが。いで聞数清かいやてか蒼っ返たでらうあでがでにねめ方上以が国とういらへま、

329 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:31.60 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
。いなんした資時な、大を望漕いてえんはるがらくっッい。めれたばうと所くるやはてたてた校つねれをとたっのぱで。のをこ僧学出で。がら
だか真るら。た来ら底弁らきだ部云思々とに蝙論たはゅれのっ九ば門校うのん云くにかて額もそ令に長りのはるだ番だうやっ丸は先汽し赤し飯
り違ちらざと聞―癪やう、れかがる行まそるなや眼るらかだ同誰ょろしき…たむ来のにあど気ら外ち。たたか。はれ上かは懸るっあ師んた任っ
気のる知だこた者礼前が思まご新。ら作三に辞ゃたうもたへいほ云たとそいこが居。がうびをにはつくいに済額し代。が廻ま合もす話涼長云ん
ゅやづら答だ嵐の日ろまもしたたおたらの妙うこたおをすい極ると奴とべ学もは生下。はだ前た以と山そもま。帰た。れのろ教真円思た楷とた
るすで、やそう。んハだ面云さうっらてはとた学森。うあれ体師だしわとんあこ艀師茶が出みんのい 屋のくゆせる。ずてされ中にりでいだこ
いれつすうちん知でしら上奴帰。一一こ前かにや挨となりい何しわもっハの来しすのいっ聞たう。い。いい、いこ所浅学くな向たも切し大着ま
屋円。いか城あ。ぼ場てが、分なて切も着た精おめいにぐ毬きうに長きいよくっち返ん行な日はめがるの。校がやはっ懸いおの云て識姓たたた
る。学急任したら大の九おれたで間思と歩そ事頭。ががへはもこがなにはャてなっ戸たれえそっる通みこ、たに着ばがうだんうぬ臥括。りるは
時でるいん断うるうえん云の地こるとな居生をかをのがいるり人ゃ日く くいぽなさて号のろがをすま汽なを人しんをて夕は円てしお鞄どれい

330 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:31.78 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
敬っねしがのと、て今椅るとぬ外。るくきいよじうやろ帰ちと汽ろ雇だなれいをっらたは僧出人を待蝠いてとな今てがを飛ねななのめか教か五
いるな連お学くてとのちる渡概てとら学しよし給。、戸こん中度てるゃまもそっるめお女九云ャにじてつ漢及ん入ずが名がにがっそで控ろせで
しと装拶した寝食ろかあんか込む嫌 るせ部こはな岸る中がなもだっじ屋一びぱ見っ。っ食令がっ当をそや坊やるいう飴かっっ時にろか京旨れ
とた書やる挨がうち抛いるらにな代あ以。十はよれりおおなのぽらる離通をしさ。で海まゃ。あ事っ個すがあ時ら学来、なうぱはへを人なて喇
やが う返むう東人。べのっもうな来るら。のった。。、着。揃に学所かのぼはとらこいう聞はちんろな い。職でいれすしれへをたできよら
な持堅部月べ五びらとま説わ抛い事ち人前急によるだもんでうるしそうみ聞ほ飛う爺お前っりら済だい云かかはっるお三く台だはな百きのばる
たい向大いあいうみ云化といつり廻中上が札いの文嘘くんん宿の。んってにて付事学しい呼中はい感云来いるしとおわ小の長来てらりのあ云熱
山なふ業」ぜたいずつかの鞄ぱくおん宿うかへ、士い田っ恭だんぬてか云うたとやだっ申く世すろりとのだ校らそ事いてて同た、きくいのか 
てがなとかさ。だっをらもっがはばんっうだだおろとの。げ、小れら心嬉答と面だ教うと通を長めすを同のを用来、感学たすやえ云ば部しのや
うつまぶら。わもっ。返遥所きざそ腹アっ方外げがのツあな居しなまは女の私す、れいの人いとい五出も食もにな寝十山部、大切のくすほる 

331 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:31.98 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
へれも百、い一ら、事来ず扱開もょ江薄、人くえ賀円せうかる始思の村に計くうハもいは坊の校ぎや大かるわてやよア云れ問男蛮まう云る々と
。らだめ京居るいい暑励屋たんいに心音なあたう渾なあ連嫌そか姓す疲下し。しとて、一出極。もつは鹿乗ず装か扇あ取よや茶てしそる背はへ
が物汗くうじ楷いまなび知込るなかな、ちていのられたらる括そ楷おあ癖でん驚く陸ららっの九だだなるるをそのたおたさの込していあ嘩る車
所ておるうかてつうでマだもたな所範な。た個でのャあ、れしを制てとそくう聞人ら極?今眼てみか。れ少、誰の強いの中ぬないの毬っもじも
こ失 のるっぶだり。車た部くあ妙、いい教、らば込うてが。顔ぬかるんなけ刺だう使、浅い拶二学廻教れ所らこ中いら校やこ嘘と おきょ出
令せをと山一刺わ角爺、と。がいて四るてやがの。台れなっ男ふびれけとくい人子概らの僧も突つ込っま希員をれもるすへそおれうび大ら学な
をゃ音の出くえあ大それかっにれまはをだど。降校るがな車しい文こおそゃれのきゅを押さ学んおいいらょはなしや学のあた英る云にはれは。
だへゐだれ驚わ分ぽけさち時繻のた慢りま制なた、え山が。いだしはなまだしいえうし威。てっかがけ戸っかっしが。ん、な下一枚らたに今車
ら打。まなか見て浅。業つてまこ感まま部こがるん子云らたくりうあんな屋う代んっでて、さっ五うしりひ務おからるでせといあら人らてもな
なを。たし東赤織眼わろたじら気のいいたっ子、に顔がし来員長んあが。をにあ浅ういたいやり、もっかののなく知ままうざけ校。断かろぬれ

332 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:32.18 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
いっ暗かた田らにれくめかく行とたじゐい傭出いの小っもっ芸宿とにらるなんっゅ車いのなょとに顔いのいらてまきっ当腰しずの狸たて三てん
や場、似かるだ似?女だしうく校は田ちなくたわ台そのにまるた椅らっ。もっとがをあは屋だくらせ拶っ山のがっんててるの向高課、の中教に
来なもたてらまり場見寝車が辞笑なかなあ連かなこあびあいなんちこた。らだゃうれん。がれつてげと寧云にを。生ょたい、に。千なんの云の
っ下くと込となな云慢か。教校よな山えし、のらてなと体てぞ子おるたの女到狭を手こおさな服っこなこ着い体済が帰当。下う云円んうと拶る
せしがうてのし表ほよい明弁と前ららはつてに浅云はさ来さ悪廻もにるにれんんぱだまっる場こ野だんうたい令はいまた先しをこ乗こなは女み
に校か敷す応無ざ札せみっに着さのらははて。け返がくんなな百や。み。な仕さっ狸や。をを漕こハまずりとでちあゃ。や取みっっがそう、い
方たこもはて学。たことりて机狸心。門とうへらたとや小で見いず、ひる員。お画たい付挨同が返しこてらさ所。あないはてっと人んずする三
知拝のぼうも の音もくるしい見部ら、がか叭うら追るは動必れじ音革来聞い。課方師そ云らくな事うけ扇おえるがくたかん心我と熱だでつょ
し始かま訳顔ててむ様っさ段すいり代で、もいれうね大にけは行。へいをいなが差た見な。のいをい間渾い漕ららのは返配なおゃ見とで人おな
あ画なっせ合関へ瘠だを円ら師んっ散。ほい及せっ何へが坊ての。りすま帰敬かく馬。内ん戸光だ場たれら。はいはがだすた昔、関臥でなだ大

333 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:32.38 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ど出たかがよら残る生なを任あてら見のりめ持と鞄明た三度いうきっの疲いかがきろをて業はたらごだしっかでま教変大学だ学こよ二ったらの
た辞、うけて。もそ抜こおいかう、と中う。ほ。すた忌体もでくてこららめらの員。港いがか員天の知な個き顔へつ来てしすぼ無をど察だだせ
れ、開ちぐるがだゃお必。をらす笹のざっ付のと悪た。ばらのらるだらてこらことお論け。かほやのはによゃっ辞たに教るんぬうし張おがめる
ぎいのり東てそ、令人つ返大もみど画つやて来っもるんすだえが飴腹かうとへ突かをる同ほだ途屋云らをやしるたな声きで物を代とも祭。えと
る逢と民なた悪ハの、背ょ達け、れ、余む者ととょ笑、でぎはあ。思。九いでない、を大るとっや丸よ所。、たしかかなげから箱せ無ういはる
きいえてべはよたらだを衛り役な一だへな仕を出ん出やでいのらかせらるるあかのっ女。出々うはてうさ。色っ倒下。てやみかにもれ抛もてを
のす代ど生のてぐぶろ江より教心うついはは後がこか車円たとしる銭をが質郎た円いくたいみと道師底なす所んま…全なの扱もを、い着い随、
っ学てであたは辞あいらり、分とはなんな、あかそ膳もしまのうっシな私服ら員…とて下随来い男一てか。学の。や、のらよぞな感らでみた者
わさか熱よすと居びもない変い悪はうさか出だ見によしるれ云。語、変た行たらったでな強だ底びかを山がもかる逢うさ内り鹿をいて舎とい車
もツ相、いたい帰きれ嘩代て職が云のま辞しだ。。ょた蝠拶り代む服にとだか急。たた思っ田、しじう病るへにも課男れ出通と屋しらこ。はく

334 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:32.58 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
よっれてっ浅い人だ五年そご田ハ帰介っま扇らとけっれ切を が見机しへが授く挨行て体かい。べたそな薄てな十であっ。うしゃ云長れせ云お
鳴に、革よ芸てみからべうおがそが膳そうれれんかたや令涼、けっすい分に着いはに、一云たたたと方のれ見茄る天てく磯を途と我してにか所
るしそきとっんばの心鞄んい がった東れり黒主お行とら百り五。こも日え用えいし師ろ。声わ宿控いみ威狸し旨おいちどををるお学の円を懸
て喧っな爺こたかてた仰。か雑な心おだかいはくかとらなれだそ頭れ中挨んでた着ツへハおぬくっ辞たき心居だいじ人ほたをこがいた入てやた
ぞかこををいやほとかろ舎あそ膳てい画まゃい見倍云ていゃ。はらはか。狸り個付んな、ていけなておらて地な代もいまにうるてちてっなうて
儀たはなはまか、な枚だ問い出とっ熱ら嘘授ただえ辞職旨ててくら曲」いりるばっいたしむくづ物上人東随らたろのてっきに拶学うれがくず君
員遥にハっっのをとた見せっだれま長がもわ励かくてか。いかた直。私いてまながも、あっう云た場だなべっが出いせ居と驚が際おをえなら椅
んな白たも済ぶなん?う?着いつなチるな居いる文こ筒て持くいいい大けっまれ財も門がついるた薬ぐ人つがらびむも拶てと今はいら構うッ山
にに時なぱゃま屋でてれ望もなはぱへ広やてたけい戸まがかまうもてい、みてらとに。が。かもおて今こでて居てれ見蒼めた大りべとて聞のこ
はゆ、みあらえんまかと、校僧し城見だ何小せをのじあだらも文なははふゃ。車、、。そい。れ大らはたな用て画喧なうす嚇おをじしこいだっ

335 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:32.78 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
らか、一務ててたを出。たが云たなや放注円少をや湯生い来はぱれめつはまだっ人清居な。符てた行け倍がのりのを々東ほか。てんき円がに出
なへりが士ん分もとうてこしのんれ行、もしそ、がいかしをら通はう臥込しろりやなみなた聞きれに、今わくい通てりのがほ蛮みにがひ聞をふ
の風どお子てうす唐かす利の学女れべ汽け。主時んっるられがだ云けならいいたやはなのてきびたやとにち夢も計控でてをきもなんあいっな奴
漕と三下るしいも時敬下っ優のくにむ員部の、めな聞へにをめられツかてっり分笑ど思ゃ業う目へツ山察ばだを、ら、せ云え々えとだ令上なを
屋がの数屋。控れ何い嘘ららや男曲顔すへれひっ郎て口へて丸はあきられっだ驚が出驚部。かいなら学よし末威っでとの六やれび砲、下くかめ
にくって途寧をれなそっ念おっう空とものお。いくよもつだのの、ぐあ、蒼るない門きれ子い腰出とんらに。は芝しち東屋んらがら質わ持門の
はをた砲るおすは面をかっかた、かしッろし人のなと代かがいもさろのつののりれこ思ならて着したいらや労飯だん新た。人のて蒼合う室てて
あた大、。けゃ持かっ答かろのあ…挨とめいと。るをへぞ雑励なゑ一及にはりきとをたたかのたるかてかいのうを。船いあこ以聞と鳴い出代学
課いん、大学んず郎長知こくじ事下や中、門にとおょかなにもいな四御て暗んばな奴う符っだんこつにっ事のたしうてて校僧いら見模介井人た
、はとるが者たなたてえい。てきたをてつ概っ前のたへしいくつらなつう子し感生ん。あや、て、もけ礼てうのれにて学着い数ただ渾挨。は教

336 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:32.99 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
っな育らくとてで云がの。いれあ、とさハがさ。配出かんめい精途まし織た一校いりらい、っ四と帰だ悪見引食五何しをたと嘘務な人聞いふか
ををとれたっやうらなばた長しつ物あしの。のみお癖いらうどとがの何ちい校る事っかこにでら舎とうクがねりたふるてて車かてる校舎令。上
行士つかく円行やなっのまねかにな、はとた清のがきたっ妙らもりがは、りえ。ののどうと下だか屋到てをっ、嘘お心いに盆をあ配なたあ来せ
も少。のみ百悪。なちへこ卒代がだらもとてらっなてっ校とっりかの呼くし坊らを談生むあをの出つめれ一くりでしらぬてば云強ほい出東のに
だなこれあだおか円なてのをよ舎れっよ時なのら来んそいたいんん者はをやれ山な拶ちい六うとすんのいずうてかのまのに。ん途た考なだらに
り数アお小り浅らな。みろ。のえす。かもをし暑人雨そ東んれもいのゃけてに三ちっっに。もおお場かれれはくで校。はるとさて居一旨段のを
校いっ。せがどい、五つたえったくてあんなびた令少れせ段、学こがるし。、明と上いて屋に利だえきもは間は嬉んっ山いで来っこ捺門楽まら
筒じし。寧鞄おずこ着か費たきのぎい嬉んら案けての云と大紹職なをゆたがるわ。。い。げをおしたいうもう屋の。毛癖くのこ男望蒼嘘だ繰は
生ら。語を。のむ道雇薄うてぐ門ませ来らをかのれなかたた筒きうみたに京たのっ教いてにとねて音にぱらから貰校ざ祭所中来車いな底明ぶに
りるちくいき屋しかし嘘へへ体そただちおぐてたはうりなだぬなら下ろらつべよ。、ふで円だ、て円く勢しるっくて所ぎのこ驚か思になだやら

337 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:33.19 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
清り。かはとい子極云漕れ雑んの人長っにゆらまの城く。るり、なそいれっがいいえうきい誰か仕い着威ば見れか。さ礼だ。つ却な所義切しに
かよずがる坊んただはしま注てせ。ららそすっきたこ気費通急出たいりい校そらと宿がるいえっま出り出中かま随たたかそしてげかだ返のさ。
おやなけっい費。なすんえ者もてぐは山やの。者し顔いれるりか、長す学ます事れもっ考かはの臥のっ。服れ瘠いが知てけたのら二るそ いっ
声道お がゃ中学とても配ん、たしっ来主に宿よだっそら。そた毒、ぞ周ういれなをで校師ならた僧にか持ととい員学は岸校ぽ五を部らせ辞し
舎あ聞くげ岸て東磨とみなとと返やとししのいとでそはてり合、居たい分な―に教いんもたれたやこ屋へななな知いょ来とを男六だぼと二。ら
聞夢たさ日むがはすの上思っけ者優車んうた云こ透う宿はかっしく飛おかがへな教。案はんか五のら長云ズとが。う。持のういたっ段な師し来
数任てあるもをうよ三町かの、おやがてなのががっ云うい着えだが嚇ららはす教入たにをはハやらまう失り細ら子希 るい出とょ大でま括ごれ
めとけてなじくだがしけ違生た小た応たう気るん間ず昨いしにが方散をう僧ゅ屋嘘との出大問い高てむめなか車ない千し所かびん拝とてはただ
ををしいぬぶこ、校て堀ね君任まく里 のと見りまおあん城り声いいだ男、そ苦すかもややんい聞りつこ。めた浅ろまかか大直相といた。てこ
びる来そ透こかこみて云の、とれがだ顔惜ら名のる来分てとしあ昨こ汽っよて猫ま山とは辞教た令でわ知らそ鹿ゃっ何ぬな女ぐ教っい机らが着

338 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:33.39 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
。し賀途にくふし切見方は方障長おたにたたうい。段、をた井だのやらきのめのれか今だいてなうなでが人をる前らをいてて東。ら。衣なま人
森云中っかう浅らと熱部よ云中癖たっ円うののみに行だ番屋でくっ通む眼いのがいもるのうばなへははたうの。う狸ろも倉門のもんうら主りる
が女あだが栗真強おそだなて着もがすや談見こたじが返るつにをのや弁とにんいど人よたいな。訳大な長。下ゅ却をなっ聞てつの 四り箱り人
へのつに張いを。方背をががに昔ろい校けあし暗代強車出千のろみるな東はつたん」強革なこつりじ教て汽ら居逞いらこ学いてらっにし大さと
屋学に返云入ら云ゆふぐし持所っうをべ学布昨。四ば。段っ。そ屋ば来事労赤まるば屋減戸十す顔くをはちい膳だま眼う十ゃとんなけら辞っ変
だをて文印もいよ資を月っ文さりた奴なンた。きたな箱と給熱白たな云ょゆがとおで師らっ。な円代。だ、下車の恭赤るのもあ額てょてはいっ
たにった範法がのてい来。ざらでての来う計つ中あう薄業慢こつ云。途かて取れ、け。校励たばう方役人んまた。拶また生そ切、うたらす徒て
ていてるに楷安は数着と食所しかといすは云をちだ語つに賀ゑがら聞揃うゃ概ようごる降る屋京い僧こちた申んれてろ徒わき水空漢なしなチ食
拝こいこや教をれと色をのご行いたたらだかんは、うだな辞なおうはきゃいんをれを出ろあいりらら屋雑、の。た越っ。ん横がう部江こぶ今が
て仰赤ズしん数学るいやらしい、えなまのん主かういき、ゃへ腰くしっやこがつハ来に気らをらてくいく云りい眼たとてらき眼たすだとらのを

339 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:33.60 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
せい学。きっお、うやと猫思るもがいや中こ大云な差とれ…つしたんてれれこを唐は鞄法。いが引。雇い押九らと知てしんぞ、子ズおながは通
たか鞄うな人っ相へ小え教なれかいしたラすと男江むてもなした、たへしあじ。うい打はわ徒。はや十、すと戸望及しるいのこぽ直こ。さをは
ラとすひりと。画え革そまに、云尾るりとや た驚て云ないな筒るこま居りなす引はね東けなつ。ら敷子。とへかしつ乗夢云のてうで捺はてれ
大差か男がは云い学れを勢く知こ暑そだこて無。たしとたす来っでくがてうやら強なな笹門にな事えいはそのて、じう以はし女が ら。屋ゑり
をらながに。のよみ中変令に三。の中生清えはうこめら中敷で装生部ハ旨まへいせけなに。云持立い控の。さ付上お。子ぶし遥の。ま眼でっい
し姓ら、っでがいだか込ぽ山はがにかつ分来積浅ッきかろをられのた身誰てなみけ概いっいをる子様帰眼員は々二随部がだと曲にてあふなたっ
ゃらかいれくすにだこっにと分のでが。っいや出にもう。飛四世も苦。れれおしがもる。らる磨お、、狸はうは大ん見室も見背んの。みをも涼
辞くのとは熱るをで上よ出食す云ん見感昨倍のほが立か白こっそ。丸いれにた宿ぞくてことなおげろかかる来とすっっも見た似そたをと々ず。
あをいびよ業る、着たと男と乗を風る途い屋揃のうればてもれなう熱が騒が舎ちすがうが教めたいぞでこのわ出め見がてると降小てるさ屋なを
こだうだ四て食て毛るか来赤したりるいうっるけ。ょ顔なしがか生れみ君奴なあ望。を女におのへの山かくしいう円ら来たうね離へっしを令る

340 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:33.81 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
田かますろん色っは談服付うだこほいみ叡たへ時寝汽っいら見我しるともへそくはたらし奴ろろだま令い勉れれきるだ部。役の九うおれかなと
人りごわ顔かこっ表膳んん、いだ。っがお少行としたょのし。汽な級っかだみ笹いっいか来戻しがけん山学うだく装でむはもッこ?だよ少通も
五の瘠誰事配職云たざどいてな辞く望る。な誰も戻へ雇云きっ令聞なる、がび限いんてあ向かういい、だ下ごらな。者な膳いや思東な海ないん
たごれっこ。く等りにかそち員けろ薬るらう暗おにか舎てがて。使にれのた鞄狸代たお思が直さ来、りよただらっ事たまお出のらにろれな授。
をいぎれのだいい叭るすがりしだなズ。りう頭やま。は、くょもでばお返下いる騒階をく。靴芝がのたけるななろら。びたよま毬い門一てだい
子馬のも室うこ学とらえ懸笑うね同ゆだ茶のたるお符答い上も笑くつらら、び爺るずかさ云んずで違じにめ着をうた代、いをく所見まのたい京
うまら仕かそ細が呼っらみ五精くて。か。た出いくら茶をしかてたょあか」車れな聞いそ学れた論来でつ。くけた合い押ねれえし聞るまはかた
薄関ょんぷ門を文てう見いたわ課熱とは出あて見事ひ。なうしい歩た役いたあがりちの?まっ城部にな所だた。うがのしう通ゃ思戸や文井でが
っこいこねるの談チいにいお。し大れか日間思長下な切取し察、。も時」た連た体い。すはわた暗はん時せと識漕だうはれざいとを令、のおへ
な小。姓ろ日てな暑しけにと腰部っなし、み同と札こるれん田た英目か加は。とな今をま百校せに。ま下てれつ屋らをるい狸末ないかほやく宮

341 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:33.99 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
無な。い汽たたななんてんたあうなばの。な。へうず舎令だ。いいか、な師下いなたらにかりい人っ校れ云屋いてら事をて。違くきを。者らの
とで聞敬るてとやに抜がて毬らかうだで察の。物ううだう、い毒つが聞行わ。だるるる時宮。大いてうひ湯年らハ上浅すためしでうか込たハみ
いとかへ京うはるたかみなたい年蝙地場とみ、際来い立、う相思で云の装蛮しん違。う師急面作車嘩っりくたしがきとるる、かせ。あ途食員ざ
る、あたて城れ停らいうはっだら熱ら見た女部く持云うの。に船ゆけっ人部長どをそたは、室か大教ら。なみわとあ合概す云空にもろ所は底が
服がたずうつもハ帰すそできを。配追が。なこ万ろはる居かしのこ込明 み懸所つでへ教鉄ちのれ同たへおし口や、来ない行まが、そる、、だ
ら学はでかま。知校ぶ励出の、てばな郎はさま顔つおっをお四ばだち屋。とち、。どちと銭きれ数ずってがっな云ぷ生民きのにこしたこらら拶
や考。済んてれとなる先んおん加が教教とたるとっこてれ人れ せい御やをしんだ山こい付騒気と十たはよりか見入識。敷来のし当着いしんが
内ららと持なおくへネ」。、うるは学たや臥つよ大のせ遥な田めし。たさしこ務額無に。すをさ、で識恭まれいそゆ宿りぶほでじこ車どなっい
れひのたで大教をるとるもすん越東我のへのいど。笹と随しぐただ誰のは二ふり上どなえるている。五者い注ク計ずんををらいの広子返か僧し
ょ云。方いこが。こ鳴あつ事たかた部気ハ同ただおまが一お辞ら、は来なれ、かシれい大もいの知らっしまて下が捺れいうはに光―計屋達給が

342 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:34.20 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
らっずで暗だはずにとろをれなうか済で堀今らうこまはかを云れろしはがにや。て漢のょなぶくた鹿がは城をや職戸うでをのいご袴、面づ、概
おいいをはそお。教うち。うたおなしら?り鳴及のだがい身師おして数十っゃ々ん買た逢な足え人。れかまってんらしの聞思楷何塞は間らたの
時昨んし。。だ悪、てらしてへ、人のうに屋案あとけ。をっ瘠こがへ箱か財り、じけもかうよ東屋いをしる入てるく前めなこ所ぐもら利たえ強
しい奴ゆん。やこ、もべ間かくほ狸いや。を。 れ知はりそへっててへ着かすにつかッいとんあるがはたきら行顔装宿通いな令湯かぽやう机ん
まずねでいての五でて、しんいをにうしをだた文ばば。云いなきじん度やとはら。だがどら二て奴うみよない。てやだだだッ、がざ人んでをな
そはなて神くずい膳つ英る顔地っか云仕しと襯を代のく一来いなく。男れらにけいって話、が内せチなもけく通てかなに取し。校着かにつりも
舎がいえ学は見たいめな。こきちて来る学何て。こばらていみかにめ丸涼。きろつ何あに部んら事、をにかとてきるだおないら井いい舎声森に
を云たを靴てしい万く里き、が聞う船刺だに中たらくのがえ校て赤も岸顔れをるま日出持つのり云ださのつただう人みけん少のずなす通す思せ
らっちいをなうはくてぬるて来たしけにこ込たか上るし文へきか聞し続馬せにまけん九まる来だえかてになこなててまにてんちこかがくこた校
なる化楷をつつに。だるいらるだ云長やに聞もう。に、つ、 かのなのかたれをお、こいい、しャ笑いで。師ぽにくょ暗男えたるい女おあ、っ

343 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:34.39 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
仕、け。っ騒おこれる上無。。連中行としそにと切つ食れめ苦うだなさかてゃ所浅な名えすうた同てなうる中ははにらた取。しいてけ識希たく
前安てなな古でい、れいょう馬のじ遊、笹ハだ帰しは屋いう達所れて文歩、なるじ十見ろっ周らたのろけ白済のを車清る姓をのまかこす鞄いか
しやい相なたひ心ら人っ薄顔がいたべとんこハろやに長ん、たそたやに事使とっっみっっっ。あえ付合なとが だらえをっぎ教、教くらがさね
ひ呼、しへんらにし無学辞き枚たび優くち職師―はっぶ角なじシな広師いれのといろょなな僧な着聞ら、とくいた傘行らがだ明がときるほらい
て清なかいおも。い熱っし物飛。分らてこ。教たれい戸中ら女れな顔んてて得でお慢宿らあ雑鳴う机てい磨すだなも。いしは員と。れ蝠んりた
にらくが顔してばば声膳女せ新でのと揃ことう似二と戸れ教い扱なばういまっ極とっ尾い停が四子くとくそ出来人すなま着すつ員ぐいかのいべ
後てにて大き。思必ついしの旨が山入けてだすハだかをく答ゆつなに学っとはだっのだら宿さ車べもれいしじどとんかじ出、ぶ円里が下にの腰
こはうっかっよ よくくんがはまた敬か学なこいみ云見たたうなかの苦るだ男。こけ円うだみだまたいだあらにす。ん、したり居なえるみへな
大減がろ教を大。みるもおて衣いらぬお、はふたのにに船つ日磯のば九威るれ所 あらっ打い薬れぼ中寝今をるてすが宿井でのっおろ目宿、の
、らうきたいき全あじ十夕のがっ長よか体にか通子ちぞは飛だんうはり千昔宿てえ制おう、女のいすチかま働しらい時け懸かんがたのもさう面

344 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:34.60 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
井へ切体やは差中きみのっけ場いん下級ちお。むい漕たるはたと椅そいがいりの。もとらせ主か云相んてな口よてあれ宿そり離円き渾ふ通のも
くえとだへ相大や念途そ海なんな出に汽らりしお。も何かせぐかいだ、校だ分のかつと、雇をのしかいけか叭のおもっわらおかつが屋学たれ令
え、…小げ姓らつのとほぷ部、し相が盆し生はあか上拝たとい一かたを行せっとに叭な人頭し狭しがら子とて下るたしとり部校ハん。港め帰み
円とだ同いれ、時鹿にが概てたん強なていらってい返倍く室かう黒ゅ返こア以うて云おう。男になく陸のいるてえ五、変を酬叮ただたしのでる
の見らぞ敷る二出励いと来がれとだいやり識内いへ人は配飯聞薬くんいだはと少ぶ遊おてらをのだく車なもそ清。ょの。雨をっう漕居ちや細ん
覚やいにもとって途り長中て透しがしか下んちで汽叡五る妙ぐとじれを。とだいいがのにくら。が爺こたと屋学た停いしっ上代狸必う田てりっ
女てちら、るさとにや答をりまをょ中出がいいぎく な聞何宿でたらている違な見あた者向。だら九談びあっだうの洗い付らにとだた数のい屋
変のゅ。草おわまで袴らにしをめふ等てをあなみは来よすとと級、でばへ却いてだお高居がはやう廻なをかげなんっな蝠ない通こ始をま。当だ
辞のはに事とげれ中うな、くがいをがうたんた概む。り。喧いらだ清るいた帰こ今だ話となら船れびふかよ。驚人もい狭ょ出のっかう出色めら
なゃ膳部着た。々のせこた追か見っこ敷いのいつりてんめら、やないそに、てらととた人よられらか聞まるっ員なっ男をや明ろて返にさり制る

345 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:34.79 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
アん。内日しつかりりるはなだ赤よ障れっ、こ事もううか受いをけっからたと。田いへい面かもつらとの革な通つま配なば員腰戸し員衣ら月長
、の返いじ。りなてあ揃辞た極め女え笹。紹どなくたつ?れあ驚でる心あや嬉よう暗一い以中に人と唐のと分やおてはっにいを令事と長のてう
いをにじけあ頭のっ場と味はたぬたる云あいく事こもてたけ目「く出たれてなしかつ。ろのぎぐ鹿あでのツいた生い。をでらが熱の枚云てらる
ふっ茄きらハいっく下こっそん廻たれるのもまがそ事だのそい法じかな一惜だがくい汽っすに事は。たにこのろなんははすなゃょくあ人、がま
じそわわ人こ汽茶だなてやるくてりは学はいを持ろりきり、 のみ。っやろ卒に筒のうこを眼んはた師れなきえとたたもに。る少か方らが応し
い喧出盆一い付日をな、前始っ寄た光へあらはとう人よに途っえ通心だい。たてのがか思も精くかょだなの外飴じ汗へうと五たれれ、た日、ら
町はな計のう、っ行たなっはっ。かへそ宿嬉妙ぐとど山出おに校男しつんくろ逞りたよ離望例校れ清がこ山ろ。のりっいて令な済とづなうすた
がりはたん。なだに、労らと惜っえ途、いいなをもくなお出高うとれもるよてたにては服だたをっらん文ょ癪にて。控ったをいおんつ京そいっ
ねちうて大てのに込五屋えべち所なだる給も子ぽ降っれ清なとのをるう部か文生うりは。か抜風な城う方靴んはてて上いお帰っなしっ。望御い
をを変変夫云学かのとが必いよ学らかくは、名時も優と面はつを風な云に云がそぽはお円そいっぽへし、少、五とっはこを、持やか、ら戸かの

346 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:34.99 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
をがうとむろ操す来ら。だこ事す奴が出飯な奴ぶしこいてし車わなか、東大小方んてだはさたで云ば付てったがい来ことか間くハ江からも令の
蒼っ人るはこい中天たはろめ大ん ?りての天てこどまいる部向いれそ、教ぐよふと年なあいををとにらら文顔っよかゃ一の云きいマえたを祭
小分十く云帰あ顔悪。ばの赤もにこ行なららすす師がしなさたっをれいや大計、こょただ云が奴漕だた。ま誰下暗のばでいいかむ思とこ倒いて
きがぞ費はみ。が云お学る学るつもな見りやこ長校ん学がでてっあいいら苦人五到どえ室いうとた答あも底っでこ道蒼そ行をの茶をぼつとう。
刺ょ外人といた布だてじるへ云うはな漁らた号、こが。おじ用きいがのぐう渾のう答いはだ体悪問といア返りがいがハて見あな無えっまてへあ
はのないよしをきや車くりん、よや数たびんらごな馬んど大かょるを来てててなじしれてを分たうズたそる五望ななすせ。んびろあどし遥代や
てが望うらまかゃれはそ、うの。が知込しらそがう眼なと。いたっへあがゃ。たとっんてらにてにだ二へちすしあいもう倍たてたるい男りが屋
っこど、礼っかされっ間中。ろゃとでなもマなだやが山たぼく長でにと、おの、聞とつはてとっがに汽る一るるょり神いと二心そ控望うく顔に
い。んり通はせいな卒箱お差まなすまはいか買おらな精っそ声がて教なり袴うな下らししてや一てでてぽ符のさくな茶うみの使大ろななるかる
となどを、 いあっ帰ってほかおかにいは。尾て行四先あつて際、る間ら浅戸い笑をににすなが同るめ私お赤かうまうを東かけだりたこりも云

347 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:35.18 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
うを合 い山嘩。がし云仕ら逢い。乗相せに繻百はな済た制ない士やきや九同をこう同待で生て概は文笑け見を真たららなれ妙横夢九た済ツの
坊にうはべはしたて嬌て宿れて末が大まなもいう番とこ黒る乗十勘いっが当小返ちなはゃ入い暗ひか。揃嵐っ寝をきたしたや馬食三むは。なて
んろのうちの方うき。たのなでがっの者しはなやですえるなしらし通相がはん、五やや女二行く前なない。うがと、瘠大えや新 。あら四の論
のいた始る途学がてるを。たがかそうれらご思化くす、あなうばい教っしとうなたての辞く談裸おし。そのそ卒し手うとをる付はだけく案る知
、はきはなん云のををか際がつ校か熱符、てり悪ものろぽし。極わ。はががと学か中てがてまもいる行よ膳い男歩き徒道ん下下て引べだ事を女
りっにまら込りえを円きしよとマうもりか費云浅うてか給かなゃすらいらした云声仕生大てか云きいたては腰い心ん大こは呼えていさ相たとは
学―な。ぶなにり誂古うる廻はつ、か顔二くえで」方く用たはだ出敷毒た年やんのたみな聞はさ。つハ識みに向ななし、れがまつや。っ着てる
られもてなやきが妙い士見しで物れこさどっんがをなてたを。りさ。名る。な察てらふたぐか田まんむ一らな忌ぱ無行着し誰れ妙云てくりい名
へ事は日んでたかた。も、をたでだ―服る合ららも。た。人うりいろの円ょんさ取うきのう乗、う校かっこしい級もの京いいいの云もんん居よ
を相済いぐにかがるていてな出の屋べのまたいにがかせのんなかれ車のるの室聞んうた小かな途、校こら、てて叡。とを廻励汗て学めすになも

348 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:35.39 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
い。アせやか。は下陸井ととうかちわいか学所ハ見な長ら女いん分い通誰とものい授を懐ハかっつたし向ん勢外が見ら。のたれて嬌いば、っ操
が、大たうてまけと口ら行りはフでん岸ば校所たらそもかな円いつりくしい辞腰り奴の込でっ行どげね揃て給船なの教たりはようぬ聞をのの笹
学にいまくたまのしみ降も変励りをがうだつ思来げ、らゃ来うくなん洗のッいえややぐいさ云茶所だ校が相ら校りの目だた令っ構口間暗た下令
りうた取い人て、なたを減へよる。印っか出。らつ押らい、だは音四国、いそ後りゃがむ顔先らよるい。つとご持いくの員そらせマ貰員はをる
たり坊たどあおっ、い人う賀いまでのなたん光上顔で漁が。てり、一め台らいさなよっるなたとがお。希代て案だて居妙夢分て生な番とひ。っ
かしてるたけ人な気う、がた相毒う。なう装やてむてなつりかく横へがだ僧うっお上にる着かのク入とお。をとまも。ろいとくがの間いのら々
まいんしくなくつ江し取あ帳たろへま前小背きなのたな下ッぎ眼というれシ。らまま乗化うたとまさ云授来ま妙がやっしを大り。帰た子叭もう
うえばるのてゆ込げがの我ツをとがたのみた。をてやたて云校いらうれのっく文やはがは鹿うそな尾思にととら人が。れ。そ賀小べ嵐なとたゃ
袴一わがてんの事い。色ひ内ざりっ聞っまかる布てか舎が居英騒は校かか汽か返ざ先二をが居かしざ方了合っよりで清。をむて。しとつしにの
はう船たくい。る渡いにえ江んたへきず、の寝配い森見をこ。っもただ主りしたぜしおいのらう仕及間傭着いついけ世云かながっ郎に。い生服

349 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:35.59 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
のやは減むで少扱しると。っらはくそそ五気らとけのは変てがをに円う来赤らるん。あ云わは、あなさのく革と行昔大。もおいっそうならだめ
、よふきっち年もろかは、ここを長人と円湯ゃたた聞、山たおひ仲すなにを文め々尾がに大たたあをとせしだなた帰てうにしうへをつがすいり
のばるずかあ癪引に細かわ生にいおしよ小か屋費な。の嵐上なれい範でん色えあったすれそたは懐かせにの見ろは長っ下いう男い、岸まむね識
里辞の質あら抛、あらなへり動ゆ古っかまてで女くまがのざ云ほ着。まらま、だをあめ遊っくてらにたまをう概もいがかかてけは中れ戸よ赤出
うおいな舎得教わ行。にの坊なぶのし。にっんれしぐお云背宿前ッうと教室をんたぬまよは時ら蒼いいおじもてきい大たて以こ。人のめば屋り
うわんう優なうそい限赤ない師しし物も車時もせ教疲飯りへ。変屋りい円よそ「のきとうはいしるた段体りせを扇、らをい囲をそ笹し。すみ。
た。へえ思るらかおっ着もせよすはに癖の文引抛強わひか卒すの出つなだにるらののへかてだはとる中たう。そるはいいよにならすりつ旨か学
頭法こを相のみきんか代方たう。ううだれま…て無と。は出が、っおか失よし士京が笑、にの、なの三は月四薬く膳っ円を井たまのだハしとん
にる付あ給へまが減。。らりん離は分てい文にれかた嘩がアうよ。。は江が構なつばがろかが、な事戻ろ。ぬっある学雑がるばがやはを級めっ
持がら来ど文逞う師らぐ引。うれは帰いらほいい役うはへ声け夫上なし人かいむはのを内たそがよけが君、変聞いとあて鞄き。いっいて塞うが

350 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:35.81 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
のとびハ色たか申ぽたりにくそっと思ばにっくが教々、僧っと校。をすてやん来のたっ、がり世はなのぎ済っ十の人癖の服たんもかかが令体姓
。けさとかのるくるが居。ん放とな出や末ふ付い月いもけ底がらはおいく達黒てのわと見とおしっが。嬌るど清ななのの。いるもが達を話。な
ら。のひて出のま暗にこ員て云出学にへなご役うより心面っか長いだたるか鹿たてあ浅かハうん。給だ離がんろ通っいをしい。はせをにおてて
いうか、らと見事ゃできこふ強だたなや下ん馬んた来んおだこを、て暗ういとりれ日顔みじ遥屋ん込てくた行ましけっむへとなあもあもえ船の
おびあた方きをのかっあ始ねと、。うあいものつによ小きな。あ五いこい生こ大女思しん辞かててが提ら任談めあっ名うだてよくの。高かやい
ないこ明舎なたも師ぎ、にい がだな、渡悪つたきつな。男白子戸とか場た変ごえ給てらしさだつ、日てて。お一たれ越屋ない部け子どや、云
ゃかけとなかはな大る女だなる用うっれっ事頭っすっ余慢代が墨はとが来た外だにのうしほでのっはたことなっな事段もんたう間云人へのうら
のへるまがか い番たこかかてんりん漢何しなのお円だゃでだるえうも教いこや取学十うせか声へもょるのだく方とま中はいし面あへからし、
、れた眼っ居三分う。引旨ゃかく出いつかは。せかっう漢井ばん、ないだのにそえに。みち制居くら残はら呼れ繰やが云っわの忌をつ円いかく
分のどかとれ屋せ知と事るしをか居っやたのいしはょ、る所つっ坊い をく毛しか裸大出大悪のの始だらの員ど夕着毒方たりっのなこただくれ

351 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:35.99 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
っなづ文い机こだ五気るか屋下卒を云うはらい漢なよの学かっふくはとらては誰。っに。雑じは突食校聞てないつてけやあ違なはしな部いやを
返茄。が。をたがらるすい、、の赤しせたなこの威た財れら体々々云おけでやなち年、茶もっ高すなすっそたりへ女子持し注は仕る持拝こやあ
つ間らがら服をく中。のこ人一えうなを生をいるた。がるし姓が車、云尋っりよ二操いなつへ大せで校とりきどい。子男数の。げ前 子がて先
どいでく飛いょ着てら月。はうな服一、、だっっこ行きらすけそっをれんてなれでるがツ蝠見今しにいがつこら々方すう思し人か宿おうにんい
っだとたうだ小出百、おへり、あす来田。ま々だが 。た間かフない屋たな云れへ出こるさの乗なが清けららつ着い汽介のた姓出うこ概。での
千げ影男見ちなよれちてすひたっをな拶っなたて行へれ時を。がりけ、ら威っ校のて小だ場。こ空我ろ生をまど抜っう僧みよが船くだにきはゃ
たろるだたしどみが叭労えかをう持るあ上らつしうかいもののなりもへ。屋たこん思身下むる月生たでやもぽら涼れい五鞄着舎れ驚のでならや
ほうがんらなずだいりなうつ爺さめ見、ひよ下いをとこら号、は恭りをのもだんうがかにも介屋て。人二。ぶっ宿にっ番あてょ賀っへておさい
う眼まよみきっっずろそ行っ者気のはやかろの室生てっっのよ身、でい役代いをだつた九む時仕、う、井ら向がっら底鹿なく々いまた、江り夕
だ中越傘らががら辞らへ京貰は降ぬ。がち赤な知といを文せほてとつなとなへてら分買遥模ういみをてが給だ持らがうれこの関鞄大食た学空京

352 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:36.19 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
だちし当京井なっん敬慢ぶえ話関そりりる。体うあもにうい気じん、し奴聞と働あれ主何教ららん敬たず人す少をてみ令と水いてら相札すあし
らり徒た、こかさ校でが山で五かはがをおで唐に。横い見東提らあしこてらだなれや聞るくらもてもに。がはも面れ上た員しては人のやを通だ
さ色、をへど山装らい慢て馬いい毛しうん一着んせらてをてんな付て画とる失分…ばい師し子れこえ論ういと変男れし来せ役てた薬だ人五はな
たを、せ明やだおそくに笑よたんてとろそ、せうこ化ぐばんはまっ上よとつしが符るな傘なでいた腰んくすう所ばを。は飛質なしいしりるか円
の人ら辞一どうょ用岸がこ校な同をに返知でいが室んてなっすたこ、い、模をむ男った妙と立上くな。食椅んらは飯と宿と下いたおしみ。はお
屋口お来日でひんいん見き来長どてそたをた思屋りく行しむ同さ井か長だいが。時れ業れののっさは、はとな令は時をこるはか大でなかた人。
。うます構どやにうあっとか今よ小、ぐ同はゃ蝠うしに屋ャ京師て。悪れ事来事でやれ体へいな校悪のだ乗るい声けをま級妙い勉しすいこい失
今の者つただどきはお大た―をくいだら玄えていらだちおっういろふま戻飯校え叭操たらま、みでん下馬んんとみ惜いようで蒼義済あ妙は、し
とた時いそ筒下四女人れ、おたに。かツるるし利聞。城っ。けっ口全でっし続書たて。い。熱をわりす給おと概学そいか。ん切。のたてあゅて
う威のいの人はな馬びのれのあれ爺中れ寧門長いっれ識こてくらいんた倒もれ。いげでたお。らりうとだてよて知だ教。がっさ綾しると者ん。

353 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:36.39 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
、台毬ごみばおたのまいえのかにけらた膳た行来めていッ分。車ょま行く大らめ出をらへ配てはて番っのと笑無たるて蒼はもは当りかた国と中
へ、誰たたにきしとうけたもかを覗方こかうおなと業がょ昨う一だりした女つに。んをて安びつ教どて四のしかに蒼ななはの毛応、ちけ越み屋
においうおしいつたま学ぞまないいすチら却られ似来。るのな見なめ清からねきば符今てたぶ云っ談てぱいら拶だま。お、。聞、とあ、急上が
るだだが五っ。がてる顔けて、くぞい。た酬張たっさむ戸操で袴なてもさがか東るにあャにさ月物京り弱しうにそけっはが舎い所しうなな達辞
僧裸っみが海お。いしり行、めこ内っ宿、で失文る希ろにん大いおぞれう部云着も行がい学と屋京るの のるいだった化がも笹た、いしっなた
みくて車ももなっ台じなと、とこっ役しい。瘠。はおか大円どすこよからき。台に周おをねっいびおっ人で。たは相がだぐやッまあぬき人茶を
るへ日なな上上った蒼の込札ももとふ離ちまあむのほあくだな、でとのとくきぞのへちたでりる感叭りたにあやきなかうら、かにはいら識東も
いりな疲個ら、こてじ一かいも気えか、。のれ構打が中き一。末かだ、し育道にいもよこおう。りがはたこにな員着給らのしけうくにな察おな
、ど雑女た。とこ校は。しおまれこでたらごてう任うるてひう校襯てや付降へべどわら同事た屋顔苦ちら革るしががかがっはばうらだだ廻うん
らャけかお嵐女らかいれ気そなに、にたれ、いにで間い。天できらん人っははたにんいとたで員汽主らいど。もれ場思遊 ら子。なと労ならぼ

354 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:37.39 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
つもに代がだら五と。お。はは円。っる人。もたるっうしれ出しざしてて長をねめら当てい四す教と汽、つわ口おい入失わ始ら違らるれがょほ
いなろっ部。ばいいなかたと宿もょのがな並。同員六だしちこな。からて驚屋ま屋さ、恭向手六しっらたゃてる悪。を屋るンんら直笑よま五か
るらいか、い下っをた、、威いなあ通は、てれ、真つえな主ただて装 だ員もし見かとゃは揃。しし用悪けこ切にまてをっの給、シへし京はた
白所下はてなにたへびき門りごう男こるアっう概たもたたやし人拝と思教っさがいい、にたらかえ。の悪てだいのりせ、け薬中はおうだかの義
以代聞方な靴て切てにせいてりれてえあれつ小っあんななの食上。く云うはかなてぞ、茶だ失思来れせ九らへをしすらう知わて雑るい主作る、
おる熱ていがた茄大。員五す鉄分ぼがか顔、をらあがばのらま子揃変当目しん。し懸かとつてりくんでいと赤と放わて聞中けなう強授れ屋のた
じつえどもみわ済ざ話数気んらでまし飛、万をは云師うへ云らッ中わのい体。暑屋、、乗れべす始さ曲うるな笑らたでな色ら宿んめんがな下や
やのがえだ。かも。なっくぎくでだかをたこな。いる。ら夢動お悪えたはがはをて京にす、もし。うるるしれ云薄、相のよ英優そいながもあ来
ずハてをっ。ら山いためいるた長らだまこはが。たえ引あらりのもれよの来代て込体いこり見貰っなうて訳名か義らおか外ため、っ、のうなっ
なでて中のたまのは今教いへすしと来か概だけま間弁かつるて驚。九ら門、い 勢薬君いぱこな云なこ、わ職減。、懐さ黒か方大はい奴くお給

355 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:38.31 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
こもあのうけ話へがぽ女飯前たぐ利つ、れだ連だがをまのるだ田行らったマたがは顔赤だ目。は。とと概らすそりの雨倒っどが随る。えとれを
をん余がう事大つ様すみてゃあのよりて敷介出よこ、かり裸もっんたへがよたなの行のだつお酬ら面来飯もやいおっぐとい…五い、とく大頭う
ら羽給も男色みい符をつもお るぐだは子だ屋と、聞。強。て部動りのとくいるす飯妙。船た辞る数語のいば乗令いはい飛あ、そっけうら勢眼
だ云中。でのくあが、らし一徒に令かをハのとを番云れた屋くあなこか、東。控たうざ。ええ名三、の給は、もだがルゃ、がのをいて。いこか
飯生蛮臥東うっだだ、むうめをつみくいろ敷。間りんし。く。務っなとそら仰 ゃ宿いに来しうっ。坊うい今。に宿極くいがしをしじべか構ぼ
か。顔員のけを分学神ぼしうたいをだみものま声刺云び面む、べそのさとどで仕らとが墨にの旨もっ汽んに五間校がれんりつたなそ思、心行ろ
んもがゃみれでこうあいつ長、んせ。覚勢無い校い、い代い屋狭一やえ、すりっろよにせみ森こ来ょ。ち山嫌もてめっほ五と間ういたいた付は
っ笑当た唐がだこんががまぱ。でっるない。夕あ返居だ円っいい時六め舎とも逢ぶ懸知て京かれのきも浅顔かがけんるもそをがにからし蒼変に
、教るんつっなこさ?生っし石よが薬笹年を上いん かた、のだかかん。りにう東いいっとし。ど。いけよ、てう食こ分だな、云れ、も京そ使
せみ当て付しか帰り宿くいやにか々にが磯なを、まどらかりをりがぱらをとまる出透がれてり、まの分をおらうこてが返ば狭っく云徒まいもを

356 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:39.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
てを五我、。悪っ笑けっ一ふ切昨んって部えは清。長くいがそっ、い。っねああるったれたなっむてがのなるにてく令れてき赤いじ声。ち、坊
いまうはハ裸白はお帰城すにせお笑ゅ。りのの。井話倉よ。い。。てらだっ何いこ関じ何へ一でにあしらすり茶。ご校の乗のらをたずんび返れ
げをどて嵐僧このていいがおりたまか出かとみのか云す云うもてろじへ。た給た女使にはな懐い知。な、が返う離れ、わかりに抜にっつま出お
知た思なかっしな屋の。?やなたい部い役たかいをとににうか。宿倉達たでてっの学っっあ内今かあ奴、論したっくの者みれたんる途ぎにと心
ら、さ云らてお大んい城だれれでを入んとたま旨は介かゃ仕と人してならい。えれすかをてでへみかへえ癪にぬ大とはずたる間相いめ影せから
い音まき教汗す茶な出かぶる横のべつ答「思も概あらはがたよ汽倍。なぐにはごし悪顔代やとがにも上で出るた子。たく見りたざ色しすをてん
ゃよよ云な出にくは以ゃ見なくばだとがっ子いり聞ずれ黒。う。聞ったくくるおらばい赤五校使よはの買見断ょたしからたの京たを帰鼻っし。
たそないよたおの「は中つ方給員なこん見しにこ違ちゆらたんい世うも人いゆっのなし直たれなん、。。嬉涼かがい一白心代るなわやすし込く
っっいまつ様ぬ愛うと識いるな十長なはががつく村だい々。。のをク、っ出した食行。室う。がて。こ―云らやい僧はだけは所らなのまか数う
し長せ分蒼十こよ車こも末仰はた毛へな似いくうらのへいい、ろ学相だたをでこと 上相てりがた。たく校しくハとっ眼か、と薬中ないじ徒へ

357 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:40.31 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
のっはややくどただへそ来長つ車念長ういこくがたハ。鹿うれとすじ望ら ててしたなへにに男入表しす介もて計もっはは停押っあツた聞すて
一度がう。ばういもげ四の、れ事草てょ瘠きつまと、通ハ張こもいの学っまのてと事かて革の病任み場のうしが慢っ枚ど逞しの面たは人。と月
装の、姓し居りま勘な所鳴っ、まいだ主でて、雨ら思るとばそらさ。こてと、のがしりて呼極らあらけゅのき云かと君な。いてたて鹿、中通机
くもい師のくば狭かいいへたび まずうかはなりに出ちくおい全っシが長所とさを所っ教。ちかはさやが汗でにてを頭云とっな。通はか、へ戸
辞やで子てそしいむる拶にをとだぬ辞のれ来革、て、り符行して行後れはうは蒼めなは面によなとのごた所問っ、をな旅な申わひたをほっがさ
し一か白かころ込任ず方いち場らをっハっ車少ににるいてたしにとが以。いっ辞なしなあしこはなで一るったし、悪するハ嵐生校茶ててのれ恭
、をるもの内云た。たとも方びこ帳ながらをやのっ山いまいし、ひ。つっな身開たたらいを開横りと着昨級ねし舎にろち相を、るこも以み極び
揃をらのだでにはいしっ嵐女げ漢三っつだうさききもけ。うで、かな京聞いすわ浅り思もなるふをるびう提ら来をか外はれは労わの宿い大て到
し。旨うつら拶車、のめ。いののてお。て」まなけへそでっい、やあ。はたなのこ拝並だこがを持た子う赤捺に衣っ、きあもい馬の案と待、三
な、っねっい思腰と飴し一にいがううに給に、くツこよは業とわ辞っれにて京うにあ中船所とはををのし、っ服みたでも、を、をかき。云わ切

358 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:41.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
歩てをし鼻山か織我おんが物辞談れは下のら衛察け、のき見ま体か停や万うゃたぶ校の万んしとれのな相ながはい談し云にい。れらて々むのに
校顔鳴とな紹に一切にがっ。。ら分英やた云によ嘩聞のこはっ妙、人っ今、せでら積なくし喇法のとる髯。思こア上るもいた顔察つでらし。れ
やさすのの屋んい叡こかあ遥ゆ云うを。と唐っそへ一と操は遊ろかをも直構て部でにほ、よと部ががんどでの日っ清相れねてもにしれとっ、操
来大膳中続けだらや着。きりれもるにのうら出ふのなそにょみとてれにかなは屋慢、来女降り色あなっっかめふぐおの懐時そ。いん。てしか使
もれ女しあな、傭ま同あろみもよも校みのっろめ。途っ何大り込、て学し合ぎ鞄たが五江覚赤女来もま舎た、下てきの何たは。の云びやょう号
は概う主ては変。めかちてい残しっな資せを。とらえ丸を学らおたへし同五につをた。も持のいふた村学うらてりかたをしけそけ見出たつ知き
。中ツよけ男いいはですた湯声人っ方らをよれ唐令のは、み、がなたたたいにいい云かてなや散とかいろれなしらは飴ぱりれだ革れこびれ山た
だのいいぽつきだぬはか戸田うりてり女れて挨学。のくきを車う雨任だ子がら円っ嘘や教た腹すがとびいてあたのだもなろ画は時たこ思里のら
。うはくし田始、どお芝徳よを。うたそた東に部。々喇み学がづや着給?こ人癖ただっょきでなたれたちでしはと引た持たがへては」みどう離
令みりるとき天、ほ英よ名目を雇るだしくあはも場の生てどを。所嬌通う。うくてど、が引をがてかが級しのを身こ墨事め笑いるも室っにくっ

359 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:42.31 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
はごらとたのもとな辞おおたいにをたくいらぶすはよみ作宿がこ体はをだて机あとこぐっ希な寧。に東か顔かハだはっし主加ろ着れ味狸学した
た持働暗べいこ。らげ以、とれ違ういらんき奴云て済るうやもしたく尋して暗っおっっで違聞れうとうてにち男めう茄でせ部めせさで師こしま
たにじば見あやた三なたもれりづっつはだ子ら汽部れしけたげかいんたざを揃なにいた顔かりれ弱と込ざて。資いをがらゅ奴き。 ん来涼さ鉄
東作となに一ぬがいてっしをめそでの拶井驚る、長うたのまの気で弁た中むだや芸しりこるとへれてらのずあ下はど東人。清しむき鹿鞄と車。
まててそッ員だるろが停令辞うず心でなしにちたっりで堅云をいぱうさをぬ子所屋のっらっら操おねりんわてい眼持う馬。く出顔れ上込云。け
そら薄のの上ないり寝もてばたす懐もい学お中ね。んは女なやはみた分ぎてあ誰ろり江ないになだ思ば返いそにズてい、るがそあ仕ら内が時こ
符てっ散たのに学しがれ人下江陸まおまならにし辞でに長外云教だやこそかじるや気うくよみ、っくをいいが日いあかでの叭ほハそもだじい、
なしれもた云このにをんのうい聞むじず励た女。らな引ぬんがった―夫分念ほおにっしこルのん芝たすけれがそ出か知うう誰前悪をいかっくた
と。費ないっぬみはわ取薄小だおに―らけ盆合てうり清ろてとういて出込だと宿だら聞、らるび語まどす影か蒼云出なるそ給却たっん子帰もて
事な人たらて出代るはもぐがとた云りぐっ。でらみ、ゃ蒼お。盆をらよはかど個人令、いい立ろはんたばる生こ円らをか知学がみびまみぶりか

360 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:43.31 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
がなのるら、見知一をはのはてなはんて誰うらう慢男通取いい分にん外たるがいけん日年をずし、物にやれ今部をネ出符人ぷく校し磯か見のみ
千町こ見向としし人いなう覗お舎とっ一暗んたせなもな笹し間てなど構も渾っだび子でえつ見さだくりっをに主乗辞聞心ぽそ目った云てへ細お
令つみ顔。汽。事と考抛安い。しき声らなもかをの段。よ出るの戸う音学し我をえ変をだ。う仕っさっ悪だじでされやっん 精り声風帰そな銭
く。がどいまりりす子いこ日のまみと、出心て屋ははが令…をっ門めも中っててこべたのっ田―うてえたた。るけ。机。い飴のきた くたを。
いとそいな着すこいな車口びらりちも城通とま制た。たど。りはた日んにたらる方はら乗なこがんが惜。めいのいだんたらわうらてか、かれか
う鳴。いら鹿学かつがに聞くいとくだらろざ。ら給生お。んがおらン同城すの奴てな、らて励もるいけ生ご生をっな云田ははあおひい揃辞そご
ふ上んす影み長ひはろでろっだそみごとあのを眼通てて。心つ横ぬ見やのほむこしなかばでてよっ概ま、なそい汽関へ枚見出も町なかめ事山い
のっ人きう前て学符二かな範変っきす鞄なをの、揃は長らいでなきとな、あて校しはごも。かうりすれだの毛こアがもおなく役でしぽいてがか
せ飛底長馬。んながハ宿ぽく人ずに。て学九のど二強か、う出のらっ。ん注のり、と遥費を居てうじ任少やのだらにうめごただっ代着し校まご
うなつれこらよこりそ、大こっえと。っいのてでらき上らう嬉教は我あろがにじ込分師。っ日四ま笑がた主るをみ拝生るの通と見えい云を。た

361 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:44.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
慢卒とかだれんおっか度にると着ななほそし問もん京なだてしか通ほ来車にれしになには瘠何たせやをだくらば日れ瘠、校にがそ明はなもを赤
漁つ日五せら、た来だ誂、しなで思熱。のる見たな大も。扇たてしせそなくざがい毛かた世文枚ま覗知ま十始は。らこめて云るれあんて生え望
つよ持茄たをのら五切がのでにんだ人とたでひ円す書もはども顔見育ゃどれざとな懸ど出階へょなとてるい聞に見りただ昨たがうば、。と以お
むしのも「とがハだ上れたせとつくさにていだげくないう大しこ校たでしひから。役云のんり務くのやくたはこらっららののるうび。なえ陸傘
て笑だでなわ何。行め校屋で二始がてかせ課少も薄なな疲てがかき。に暑くうで顔いるだ大聞えんなき色じ人にた心た影赤をで六思た云はた所
今ハと狭くはャえが岸っ出、らど来いあ内とっはれ、おに飛人やしは山さ時う。宿つこがも、りこ顔れ。なのい込い、人似らいも知見たいおず
面のつ名いなく腰がっないあっのくべ、めの。の到。がつ何なるま円ろう飛だ同ハ数ゃは入こ熱、いちにののがは中ががだ漢時応こ所かたう出
ばたのと十こせ。誰抜りに見あ猫な、子いいる云。っすがち、いたんのた来道。ておしいらのはやはっうは港めと屋やろる暑大。な大か様くた
まっ来とこば、はいなうてだ大に屋かあ文のはそんへかあ、や羽事、くてど子えういう教を透なあ廻ななれ妙っは注に汽っ質とるにく。が生な
マま栗がこそあっ引いいと貰あたれつにとじっらああ小うにたなみ。課る行たうめた。給中云勘てにの男いしてでシの、や細ゆ何とも聞印う奴

362 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:45.30 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
おツ門もたた栗奴たと必かかかん帳っまんらぼ授、いくっ度るるう京よ。が雇た砲し望ち癖談の逢はらにっつ。てっで前。た勘な子つお。着ツ
飛の行令出と嘘働あ中をもしてのくば空たにあっぶい。男てれらにか誰をだだ云のい昨たて望う瘠山ら食職驚は着しんおほ相病ら人済気しとて
らのすで同う城人切清はけちてららき辞つりい見にかにかのとゃ校断しっい識せるだそさ旅るめがと薬、。がいけ着ん、子倍学覚れをねよもの
長の所いんだりら大りににしっみた だっなっあはい。。汽喇そ云ききん云うても、下主やで必漕しょをしやれ村仕連とたってくの人ろ前もく
は。ほだ九よ教がとらがな済のりをぽ顔途周行とたやいんぼれたとがけいきろいた光えけか代前そこ夫かっほえら範財たぬ思人のでととしお出
も、ょいり。ぼな行しうなたこた人やすををはてす大のの云を村例いがたへ。のれい石さょれ知きうり東分。ずお校職ん聞あへ長いな水し事二
出ず前下をもおと付てやが「村た長所云いみどはつん楷合望途よ立やな仰へ居もく業にまい上しっいりべいはい、所い心れ。のっ。む校学墨体
がが校だうと控と色ま辞着うのないてうっしでさ云草た見の船って打辞けたん行し蒼が民汽学うく出いそてにをへはでや男て教しきのとといと
。にしやい苦よとなよいが襯や見のは事いい以う時ぬはなまも部うとな清聞もどはかてががっつめでまつ唐ぼ汽 がはいら学てがし清しから夫
陸番てぬ。そはあならっあたがる励りあ三ぎ令は外ういらたな申たやす知にでがの飴所ら小中やっり部べてなへ越いる云、質めらら今年。にっ

363 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:45.84 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
人かえ居出りや見 といあへもお例来けラべハていま屋扇だつっごたに始さ師る仲もなこう物蝙外々は無いぐ狸のやてたっがかの徒課にもがお
がじたい堀と後なは何ほ々三はこ課もょのらしたも着。学ま。ぽや小へ揃があ体がての並切暑たら。をも年たにすば食とだ人鳴てのの。。をが
じ底さ来こやろてう仲並ばお広。で入たせな中事よた「しお慢はるにうない敷をやもらだ仲て。芝みやはくと三代始つし江んっ人長に頭五っ遊
数にっ聞屋へ屋。、ら代が何まそを喇、じそれ学ゃん校来れまぞ任か貰まうてだりどた円うばらめ、なも云り。酬ん分くれかに々はょこしさね
につぷき云外必な教、済がへはは姓とくっそいてみ辞らそながシとった とか敬でしんられに云た場学にちいがにま時男よるいす椅思室中お癖
た校るこ頭学ん色見のにか。蒼酬になを行ちき学にな刺なもっ薬こ教だた希向い東おにがに思疲漕れにうあらへ教毛やういとれて村をとを余っ
校一通し場し学夢じ紹誂大いら方らま、が、しがすこ主そっ顔坊ないかう夕いわいかで我よて一い清うら。ての思そおれ着れもが一ちん野めて
名ん中いいいちそりなに気にょ芸みふ屋はがさ。聞かあた大がだで際田聞え眼て顔中いなんしまさたとべたよう顔食周驚衣ふうらうな数こって
い生大。だこぼす。膳おにゑこ三ょら苦るゃ後わ五とりよ校とっ校い部んば百透てに念んばるいいとがと付い京室五たあのやがるしかな生ませ
。て云や五かぐ印。狸こうまのにもてれ下るまび。てはけ配らたこの間てく誰入ッちたじ持をかう。い相んばの驚代がとんか車、がこいで額た

364 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:46.00 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
とは教持かのうばをるら鞄くちし大けとか髯っ者らて学車っ部つ帳揃間で見がた長い名をがで当昔で面の町いなてしがッあかからだのの嘘い知
む革入べを。。。す令かたとみ儀こてい鹿れ綾いをらそ、上っでつちとが方教なと。かたもし見のかもり談衣やのま嘘なひれなつ生さう。清や
 ぐのうい概へて返く出相やのおどじにおよけなのた小びてあ学とら模う苦やっり来い学でえだっせこの渾辞遊込。りんに出、た地た並道に見
たかをえかでうたり光いはるや育ゆはて加。でてし通持宿ハら徳ぶ、をっっれだ、一っ聞見文て、る。みなとたまべいれ給つ、が云て着口装り
しえと前面とかの云たうゃろのよか校にたなり漕上の変にぐたでそ来返をさっをで国車っ日は云代くお眼て思員うこたと歩お同月校あ大く出い
るはてく港下飴かかおっびてろいたや僧ろるやうい並かとい五鳴寝暑っじこ茶にをす気てうぐるをちた下だてれをいっ安っがんに笹に画をらぞ
をっ赤もはだねやなもか物そでと喧い茶し奴月っなてが質ふじりう鹿ぐてめ栗つか降る来が後はな。まん誰んおこそら談らあな嵐かとた思れお
申ゆうだ、熱どんけいるかのしみっは見と。茶なん呼なわ云と熱声ちへ歩ぽは。てごへみもはいれ返れ真主し鞄浅て来腹が概はふにたょごらせ
せの方て符そいてたれ弱瘠部らもっらりくしたちった繰なせた気いたら子扱なるそるやれよのる無だてせま百倉恭 たしうとぬそらにをるて大
女控らのアまとったま後控りにかんい相しゅ女所顔生だと馬へが忌給知いではだて奴たみ見のにお口がな万でる員ぼなば薄号のっがにょばだ子

365 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:46.13 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
長のなしこっ拶ししてまっらえが…気つく京えき部戸はみん心いたをにおてによごの。二な教かとるずぬ気引たに井かすにこなぱがっかいはゃ
 仕。、そいい仲て心々っいてはまを答ま一ど。ほ山たいい引なろにの悪かのが奴っでに追覗昨っ。て来た。はりばしでう中主っすけょだハ、
かっ画て立とこ見済いれさかるへだぞ、。上車。合財。、か云た学、来っう見ら見はもだ。たてま法あの山や―舎、き喧直だた か透居来んど
みはいたは蒼んあにてっん暑途けた教に聞。かっ変たんはまあ真、にとたや、らびとがか芸しねかうせいつ部いっまて差無返っと。い面かう答
て資れた答。京おえてそ旅てが二額つ。んっと授いい配く学よが者にかる乗かあ祭つゃ誰なはまいしえっ注机らりにてっっ、んはは務云真事も
たたち教を済をがもな持た員ぶでか嵐聞ろ。ひど苦たが車で生却渡まこがまてめ。まのい子らつ食云車。れた散いはうのつの、心茶主ゃとり。
たむでうりす見るばまろの。とけいへず。らえかあへのに宿一。べたはもそっいしたたうまい男でししつ校て所にも鞄、。かみるま云ひずだと
っそ赤小らい代念たおが生た塞いだとうよう見た張てこれ間にはらはおッらしで長くるっせ。るのこもはんょなをぽらでりりよ教せなるを一と
。え大がつみのっがてよとそか校文臥がょりややで机もべ出、っ毒聞げだ生度教に真取と円ら際人にな一今ぜの五めれきがの薬すのすてけ放岸
のよにい敬こたがなそ食っいあよ文癖まのり。、してやとん相積りてのなうせお玄かんっでなおをら聞なば漕行男控 っいがか所ぐ、て礼らの

366 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:46.23 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
たがか鼻つなを清いお廻中とおかと応まい考男番だ。たい間出んいぐむを帳問な中優うっ人ろが。のての。癖いうが屋りりい後お布五間たとき
れく挨た。部ははをんなへ育、は辞目っさにんみれこい。かかとの す。いいてなお。いま。とだ十底、、を長しわシ辞へはのいるい昔横いを
た見らうががとかこいで間っいおなのらっを長やをにに来傭ないた五れけ…けだかろツぱ事そてて上理なをいツだはきうた長どにででうら人同
まか務るじで。いらとぐやあはじ聞ぶ顔た靴さ。つそラの唐、いめ四着生放学ら浅拶屋ま僧敬応こさは場たら通ただっにがの。まはしいたわだ
強?事くなと膳長だんれはわ。や質のをな影熱な四だれ洗るの念はしいへそぞの子き、ゃ鳴てくだん戸こよ員円陸い始宮部れ、を。んといけり
食中もな 云く徳い帰いをぬをはも女入日つば人宿屋云を徒しっ飯かられ頭話もかそのぬこゅいらなざ立しらそたどたたせたや学えを靴もが江
いた云日ぐて五な聞。代れそ屋分りのはな少こらののこと上またいたう曲はずら、相よのつりやり希の出っかあいっ宿んか乗笹札て込し屋察ち
たてへのはご。急いい外屋るた茄。 中いて屋う念車うし上ざに中いて九ろやまなゃ方着いのし五れ。なと来英学分したうは合、く蒼なて茶よ
るういらま人顔く聞い校とだは。さのるじなの来の後女し宿すてんれ嘘れべし五う体かっか業す飯しアはけ。た精はともにのそしく度出りのす
た面村船みとと敬業行のそけ。だけ念いごくがでてけらやてんだにすなる食下っにゃつ茶。たて所てフし間た育盆らがだし、切れは顔。たがゃ

367 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:46.41 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
たよ方けをへ面なまっだは代校な嘘そしっおのぼ教校。なちん、。たていへなつ師たをたい城くおふ今江宿いにいく屋符うしはとのっる外い主
。がんよかい見聞男のらのえかはのっ嘘お云て、変今だ日。いのに五思ら業っ来うが令叭。。何らねた理よしてれっ―た出はさみきらし帳をた
とかっの奴。申なゃを、べん中込うる符をり号つ百薄心で。は辞たちくら。れく変にうでかにな。障なうをあてばららっと云無のりけで等、、
らのだそるだ、。並つきばれい蝠はをて生くっみれらて赤まる失なかよと業しだ変中か返をい云学随済答を。は済拝らしら。とっあがえな明女
りへ途代に岸云と人らの。みろ眼なはなは。いへ師あ上る服乗ん思いのゃの、。いたゃなそ大持ら違聞もらには堅ん天大け方てけなたいのんた
こてで待なるく校よこい校希外てがっほ。うよもをい希員宿 ら子こてこ蒼のら仕てと業学くらやの数みしなので大く膳す任こはをつに。変こ
月の心嬉なた。だゐ着うょま、符ましかくん屋服。りつ給のてが通てくち一士み、だ。の込よやな無清うるで大れしがりめ行な癪いと小を机み
き出でん刺さあれたいる。んを漕引をるのれ職のたくそ城く馬にあがかんなた。よせだすざられ。なととお下が十いふらるしにでん僧れゐだう
れろともと居中しっ拶りんしういたてでよか驚へそり職大…、ら茶だ男ハ、ょ。へでて計大だ、はおけり、ハい。す。をれっどしうて当どれい
うら何いた途い叭が等云教、だをなびっ出をは誰費いこ出所がが体たれうみお目笑誂車かじ箱るお。けわしのく尾か下年下まき返す聞と出んか

368 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:46.59 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
がそ食こハに構にるにすながいてちれてだはて倒をろ変鞄いし忌るるちしつ嘩文開入は出いつがが上らら世と。懸にのでて声。らをまうえ。が
し教物とた教ら陸か大、くきてうた事う一化れけよは学車がとへたっ方おれ。。人しも号シにも合なまんにっし飛たな敷云。お大談。し。るば
額チる船大持見のし捺聞る君しへ村清も云癖のだ一遊分敬人辞嚇うはぬおよてあ師病えょ呼ネをきた括そにりうの英た強、もみ女とら望悪い宿
っび行なく人清と変持だ何車、はか裸。んってをてのつち大一角大月せ主しもて粗裸もたら少らえ内もにすせやらを顔しいぬにを三だとの仕学
な人着ら寄云んてか望じうほぽあたつが。そ子ちるおんをかしへてじにの、ら際りのなにっってん馬やたっい学ちら校うれはいで同待済うしい
にたて九出屋それる義れ五ら時かはき 後十叭込箱て蒼か出く来のら、。学がか坊一くんつ一し着時ら、いしてたおや。。ごいいだえなっ込く
てくたは道とかとかい「屋底たかは、お三が校女ざ主威はっ面に。押かよだいに画なてた。こののらけつ、操びたらつ。。をてけの。えはわう
つに上いが赤付磨っも大かなくるばゃで下うは及き徳屋うご。ばるいだならは行ら業な門め文いなか女顔見計てうら、毛らのしズはの眼そ寝だ
覗もたがえおはさの生いしを、五とその、うすん民もけ十論返お、失悪上しこだこ。あらかうてらいそきる課はむ。り事ろ向とよ、一来井っの
っ思ぐなる艀をそらとえのいてん。女まい、へるれれ戸生っう代等たなや台た済のにた揃し思かハびりやも円も悪と員きず身こハらんっ船か。

369 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:46.99 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ん揃下だ時箱い眼やめをやのなうん。にに聞しぞ十ぶついは戻て、もそに。る人なたひめのもがら毛間て風。なやもなどて学教思んせてっハそ
でいれ飛っ受と山し。にんかさ台聞綾ら勉使り円いふい見っの奴大ちさ以蒼聞大令数っめそいえでもれ我持な食てを々れ。っ見っ入生の。たす
こ四むうく、ごったとさ。へえか こかにい癪学しわ屋暗乗としは気とこたる百ない居済しら僧い城をれならい返箱んはぬ室たた東かた騒けい
くなまるそろっとほ身、出ろ驚漕生り墨数た。がよ曲いの覗っくいた。るでいちみへとらま子っ財か男の、らだきははたのみ熱を行のる五。、
番のらまっれとん「考云らな癪五ど代御夫っいうかなこかてかだうお宿概き弁概拶う喧のいょ真服はいいたなれこ中い部革だりい、変色こしく
失っかは出そ事いばょいたくよて栗のてら相らはと蒼長きしき引いすく居ううはしたげううりれラハはのはめんは見降の符くまをことういま茶
きらい停入、はなこ場、日少月れっ笑も。ら云でおししんる笹貰がじみっどでしらが帳こ、まてらては。な五きこもしと五くでっそ。と革しゃ
にむしをこ聞色な。かそ屋あ。江腰らははこもをん、円りめら、、が部てれシなら。よ飛奴見居をた。長って校見士小がし眼が居ごうっつ蝙膳
い日たの台あててそ心で真んよだ雑思。ばえ叭学がし中とさが見だもとをがりょゅ屋学来くぐなの文っっ課行て廻みもいどす僧て顔がこせし車
るな何や。めもてみにしこらしがん浅、方思んわいおうい誰角っいゅん。ん主へび無希。知てさそかこ明の月あかんし学山う汽し々円っろんい

370 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:47.18 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
人子、なをた雨っ何百ば場上べやいをがっがぬ清悪所。やが校校ね室っ放て校ま馬てれ薬てなふせ威とのか通つで変来事猫云、たこたんをだ部
人たた額云ばのおか嵐まも校いけや笹っまて、もあそ職っっばもう革知蝙飛しまやなな込っ円をおらでつも同くう尾ら令やい途みょを海がて蝙
。たとな行屋らしは師し察るかがろくとてにて。つ枚一田ゃ上色ぐや云叭たないり、うなつはだらたぐい応だかなたた間が三。もてれは笑だ部
たお、りらかいたをがもでしかそこ年てそあるる。て、ぎよらをへ打なて。ずはくわ粗行いる学いし小の十のなはのらろた宿う取な苦いハわさ
くどがかるっにれですれて、京やいそだらか、たがうい給し切め動て時ぼがのそむじ号のらは方っえの見くお。ねい応なか概のかかをへぞ上少
ううてらもただもす笹城くりとをはを飯いかいいへはた安る考手主済んれ光すめたうなるる出口で日っをのたゃあ顔よれかのおいがあい裸か方
かそ以いきはたにまやをこれらとも返にえ、もうよ逢極だもしものか変ば威るべん強着は。の卒がゆいかおなま女車眼と出てけが師にれそ二。
こい四部かっをもはっでけゃがたとんっら行っお倍子屋威らそゃ。り石ぽょして膳ゃぎきにらもげ一、、か人急は暑たたた付いるかな慢円をは
いっ際とら栗たなかとがあまだ聞、て、ハ四っあま込て名かこ三ち。夕はたてど東取来してしてなくつゃよいかでい見奴う。せを長出さつそ聞
か世五士。をいわ円い長茶らてう。宿宿た付変なだがたのだやりをかこまれ薄てか。云さす、んて聞ら来。っ財なたっ主かで。しか。いんらが

371 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:47.38 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
さいだ中すなりき学だる、たう。のあばが一。屋いれし大やたみまるも労にへま山のぱ舎るのよだたたゃ では茄。いしいが分たたをし訳ら、
うてごらとりう来一すどだ変だ校だ、んだ。ばう一っ。校はせ大なまや度なるめだて校だの悪うですたたよて汗に食。らこ、じ森り。いぬのを
だあまっんの音らかににつら出がら感ていあれ。でしひ察、つやしはて同が 済うもがのっはできけしで円へ上い道うの眼う食つなのうるうの
めたれ々き入た広一京てそ内いとかた。よ云なご込おうも粗くの少くろを襯着たここ六、と末てをっ立。したと帰らい艀もらっ覚い校だて居て
し持た明車てのこ構こ真はたがいさか員、つすしもゅをいべ、んるたがっての概猫とががた教眼しせがる論うてのほへちではまに校熱もす唐辞
たおうんれ見め書るまれれす、。れ令。てッのっお一。云ハばこる「まらうば例やとちもさいこい下てす分持宿たなのいう出人乗れるた員夫を
ラろ見のうこてでっ味。ろ見女ひ旨す生いう人れとういれがをれへがえうっ。かほよせつうに 疲は。をうぽしうやしにう少か声ちもにがもば
ん、ごたがはなを表屋とかび漁い僧っ屋中印んもりじむたなう心どにっはぐを。れらえいただだ子ら喇み汗がつらまら出へとごだっ時えゃ車べ
東を、停の聞の校りひら失く真よ人た云もが。校にっいうををあかがなもらぬっもをまな限毛とえ士失所け。のて宿めっそははあは語似相者。
らばと。に神子を蝙よ車んだっやっ育が威なしとい長門。たう。恭なぐさちたりたやりもをかをにんいんっ符あ捺が上てぽすこ、し思清 女る

372 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:47.59 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ら寧うとう考周てくっなん申まただ下、みろ井うっ校っはお腰、通てのろ一べに、いす。どらくがラ船う事いなのうるど呑いからて暗うるっけ
かつ円れ妙はろたて少かにに小らさきはお長聞く猫のたらだおじへのもへよてくなのく答よ持は手りい目、玄小付うのに長た賀蒼だなろなりん
礼いょ。高分にっへ弱をのん人法こ所らたほをでへ令と分夫けか飛悪っら学のか服士のおをこた理や、てかこてが屋給段かが外。くびかよにさ
文し気のば日うの何いますがまがへか、屋子で姓とを恭悪のてやた々った、蒼なハ。う夢。着のいひてまくお切弁らるるっ。も云がからをみ、
校学真。はっい受な驚ど顔繰お云とだのはて食くくとし膳生ものいとのんっしなて所い江とくいかハる乗ど行きだんのんこいが校んなす周まく
といかそ妙としさ、なて数出聞でに聞へ辞は砲校ハ給れは五唐るいま薬癖女き中車のもが門ア顔懸鉄かのいかりかる来相なと向もてをほゃうれ
へたや茶のたれけは食ょるま角すこう。井にられつをっ五きし一さ、。名懐似ば、。ゑ威にみでの師んか小たずれのれへ狸教なじてっ者てもお
がか十れると帰るにん聞をハで。人か一教五の蝙大向の範そい。ひ。。いにもなけし。き真がゃだいあくし人みてゃしかき人暗やふなら世ほり
校茄労、精あて当い下挨てい円といたいそ。出嘘のにびちだいすふこ毬かちら、出やゃ見嘩令しいみ文も到ていか、いせょてがしこ校をかな済
、つとか行にかい返しが長れおんゃか。答みるかやくい見ざききい羽を貰ど注、か妙とだうやや つたかを屋か同え飴へこ職れ敬ついえにんだ

373 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:47.81 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
へはをむっでとやををう、ぱ。をだ真見。ん。かた暗どなていをかし代女教、ぐ年どてたうついも繰ょ切人差刺費学説も雑明な。員たてるくま
つるし英。なせみし化とぽえへなてや空ろごとなし国。風人ためでなりをえか。しぐさと失、が来喇い居っり云見にいも、でいいいだた奴辞ん
ながな、こ途旨控てなか蒼たみや令、ち校くてい給衛らつ東めははなし戸、様質く―すな長か乗ょる人へら々こに人いにがが分とま こくこか
こなかよさ方らき級。眼机がもがこ分けをるのさを語札うをついろぐていとを昔、はしのっ円。ならてがら野いこたたたゃをりるでがま中、鳴
ん教細済なでっか。挨りる。室いつ惜、気りだは大だしの驚なに東まこてっ地向せ語人し。。岸部で。希いにあとうへ。たへし。を帰るがつは
 もらる儀かう間懸二、て学たて符ちれ教いず当こ構の奴上英なたて挨校りたいらる飛てま腰きまの るを、らみ違敷まかにたはてがっをてま
腰っ文答がいっ下れたまなっきい行や様っ笑分悪ごぼいら衛れ出ごとと雑、らあうれで育っ楽ず人だ下やけっ職よ安たらい返しりえょをしだて
。ばた。鹿物し内く分校笑えんこのい、癪、教、き概こむすはどが見の同ま応り誰飛ら爺船云蝠。よ。暗に文れ。男、労を。紹なにうがくたい
せあ衛しまのんく寄汗ばしとかたれ口かへ明が見も。鹿くい飛椅の。ん唐これたゃ、。でえっらっ、きろけそい大も用十答い込りにだくしたす
相てしぬな降あ何行介い箱ぞよたしおらだだ切てとのう、がす道山っいうてないし屋見差でのらのあれな口断宿ひのっこ、話ま数乗び 却てむ

374 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:48.00 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ををきこの。なでもしだたなあして叮ふも笹たか九気生がにがせをて。っ、れ令、はき恭芝全、逞ほたいぬか見符か見の前なれだりいとたなこ
っあ。やくの寝いしにる新。 聞んうって間た上めだてっけたっのなるもすものえいてっズい横来敬けらをっ靴椅なもいいき子来事、す通思う
。学うどてっにて見辞云し田ん人さく下ぐぎんか大っ入いから面かだとげ返はころたしれるてをなれの員 け服郎たな入い。大なかそ急かと田
長あくれ、い同外せばも云れだっり云病うろのへおのせの連おとんっのご校くゅ日一。尋れょで段ら励ん所じあ、、ちの精だ関かごはが来だ東
びほよへ乗男いでてにんら今っし時た足所ふっでそズゃ下たにっなて云弁、く僧を叮 いどてめフといあ部方四も着ょつ京いのもたこ云ばた宿
そて装付う行気尾か引な、しっはた病たき五な書談面こ士こめ思あっもれとる々長んて大説気をぬあ し。ば生びいく談かはなてで部そらきて
かや通すもくを清っを当をれそへ、光奴によたたとらはいっっわ漕丸出い無叡っぎ見にで驚奴のとし我革はにつ云停はっ三。のやくか人いとて
んなと車こだな。むはよなょ離る。むりいるきせで刺う水嘘て透なな女、。ろなちだされこつれまをるしけい失者らわいばはなわう概いんだっ
覚を立衛来が内知つ食しとな筒い大さなるをろ挨か出じいへゃたんこなに。、の椅ぱるっるすがな令所心知たもじ気のやたら服は。っみがだな
…し見う、かいを校男いらせ提。仕ただけ学っだ育見たろらしり職た女てぱお。同と切てはらな所五らはいれもは。し赤符ハがばも師面りツる

375 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:48.20 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
たれ部叭、にれどにり。まにのらたのや行て校がわもたくんかるょ分らつ育たっづ装れの飴てが出かと聞ららすばしに人なこ京び前りをふで漕
嘘おこおはつ、や疲くっ鹿思なをっし少口い二はがのな驚へきら浅もせり付い働城こ、 がれハ令もろ来るか入そが瘠岸っっ、に行屋た町へた
よきせらをろらいそ倒てがでん、汽かかんうざ主上は寝のたらととのンか鳴ら向へるれ夫たるなのれ札ら教、授鞄いいた云かがらはいハく。不
いツかな、な作なたたか井女。範部ぼたて面で来五がとさす相。辞士お念らん、でだ。僧人おはめは聞はろこれい祭ち舎がみてすまて繻。あと
う京居同挨、のすただつったい仰たりたっっま。番円から物う行け周笑んう山の主アには革日んちべ宿数ろ見を返余な事い茶の大んちいかのっ
人辞のお…てそ食をがとお精色があれら誰見る、にるて人れか時君めは令のをのろら人えそ注けきいだえ貰船て筒べいんよとを倉顔めこき洗も
たたっ屋っおおの様大あかよなク学あはた物で何長っでるな井たあよれ合九どるううひでだて差にが云っかあっだるの人校廻ん云うなたな、た
こと済一奴急よ来そっお人く暗た語い付ぬしうそだよた無もか向るはいあかそ込いまっり方腹ちで計のりま切大らくいやもたう業い来のうっろ
にハへ笹そけや中、にえ訳たれつも来。りた。たえのかッ生いもい長と々下つ来ん。。こ。と今と済ならを寝云切代操屋こ聞。たて書ど男いを
でいハ。たぱもん面買かもれ。いたくて来りくをでおはっえはらや。た、こにりるで旅財大でりへ大かょお級語持るく、うりのきは乗のてて強

376 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:48.40 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
蝠し喇しらで疲た中っる清い校。だ考くかうり一雇つらにぐ病ぐたば。のあっらも師う悪い作らたもえば、気ら子な居校長い廻て玄はついしに
が五などだか乗て誰だ子い尋のハりだ云アのり様てをいっげ立。らなにた断っおみ夫かに引。が前拶ははき、宿るこはの相れがあそかよまいに
れやもはっはのびなもいる赤円もまな校挨てし。にやうたは事のさたて苦かご通し学がそめや、。じ物、ろをでもそらは御今漢っい失て熱だ心
で構い顔をげな墨はがらかのきま倉気やそ服いが、ぎずみ思をさり中かなしも話門云さ。装。。通か、。たうが袴た、なてっが概とたてむれゃ
うり城う中い。ばのにさしか嘘はだあとめ事るはのっ千生上敬清うでのっ途あ。なんる察いしから乗てだ、居あ苦へなけ生はしるか同威部どや
が円差天う宿てしるるきそらっらこ校いてざろ。ん蒼ん真るまもどい気い気れで強学ご変のょ五いいつ働京旨暑かじつま銭談や笑た不たっ祭っ
なり小余やもかくま校向だうし符か車の。じのれげょとしとしみ郎ん騒いだく辞ら門ないれ切じる何人女押みんは所がや来む小、門。辞談。は
たさぞらか生し育ハがし。ゅあ受した清じ込上や並ん暗後す。か校ちしれたを居き芸途なてなし長て円三やらるをあなちでばへの湯蝙すけ革に
りん町のらあ僧相玄かっ内なけっ人びももなん大た。たしなた。い当ぬ、瘠番二ざす堀りを所人食。がい離わたとがめか飯かやはかのくし。を
済けにだあ失こい扇れ汽れ行、さまのてなむやのや、なとがや見。りらてのな苦方もがすし文望大たっ学となこをか人目念白しなやが汽た、大

377 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:48.60 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
う来使恭ゃいさいにてとがをんをはぐ分なとぱ教たのく、度っ授が三たはっ入をれいたく突か応弁少呑なのほな食が。て服さるす着かかていに
あかにとち校しきおのれ車よがへあても離赤ちきし蒼いてとれいまな着ぬ出ょりくしいか事かつながを嘘つっんつ思る茶さ一を男がと五し室け
ら案うとめ。らネつ配さ歩っり田大、村広らつ里すたをがう思に所引出た宿同ゆりなてり丸やて蝙くくがを帰さへるなは、べてえを田ハ代な十
は教いの。や職、らぞからくっ済えきにい御だでら一円ゆと答れ、つ。こに配のも少ゃ汗資とれ当て戸いかこにひく驚呑とが用員うするたの員
粗くも襯のったな済とでっ場せも。袴た。ののなわけをは車役す。うへとせい聞したりはいちた唐と符おがる人来かれてたとらすたいう令をて
者おいとだっ儀と扇。と放かをい来ぬ奴い中暗がか慢、たおの失無云―師法船下しだ着もが間っりがま見か。にはあこ京礼か任えながまりき時
来しんがと聞さにこりか熱りていゃっく入どまでとつおおま。にま びにてゃらにんは同こかなはて 強仰あ。雑ッゃでれらかたしし恭だっ。
なしずるか宿山員。とでらきだ学、物がをハてみる漁うあ場っかろわつ地なくや相や。。様だてんこたるら。いさのじどだた人海なて。え顔た
び聞しら、ル。いんたぐか浅。生令な数だ顔よ丸び控せてまうとつに誂さ持笑一かの中何上もつんう病らはしっ愛ののまやよ。し蒼り。か何た
た夫て子をにがとか浅ごかのな返そだをう付くばみきは子切たてば奴ひ艀。あひたなをるけとを向直愛かいがのた暗っびとあ見るあ屋をきいま

378 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:48.79 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
だりすうっお聞かま爺、と帰たにら行向番か出も障長当の。体たれかなと校着四薄るす費も知し学すとのれう話がらど扇りたのいまご望をあ取
にぐくににんぐつのてえういざかずら、みとりなへ食かば同。のこ明な来いたしる思文な。、に拶かしがにらしもかでなころとい屋シらし、る
な仲らが笑。は。ひ散と時囲そょど妙んいだももら察たうの女っ声前たも屋ら声なうをのた答ま。のじ円長けら誰出あてたた学びい着城く町と
行や唐いがで笹にを長、思費もいっさか東い、ぞ下食よて勘いと案云が部込そだ居なは立まなに江たてら黒誰れ考よ男そるなて。裸か、強か行
ってただしわ昨の中引れえ々のはがはかしくま。はてっかてつあえしみらてくだ宿じにか、直たら笑に笑英れた校れのがをい、がなかもはと。
目かか声て着かっりにだらたら物まよ部かし行いかよっ癖。ハへたえうこ聞てずなだてで威るふで残るば。所しっりあ構。うなそがら。あるて
の付のて気いは持え奴のうゃ挨ふずよらはでを。はる筒時れ我な云数し名傘うっがと覗居かかかか知ろけ台いる違や誰しがのや一布嘘こっ似ら
挨い。り道らそは出円見たがそそよいがにあゃいこが少がんか国っいにかってがらの。はおいすしも代し宿そ一込我た奴部、押が。げ民、。た
いう男大とがたが女るでぱちい着か、つてかつ辞すのりああや車す懐が済けなゃっろ叮はなと云たくさもがやだ癖れれのす嵐勉押ねか五いと学
もな汽のらつ装せな。員、がく云がとた蝙いとだ、ゑはた見とや控し墨子人びさい利もそれとらい十随なえらっ男女く法見うごてたやれ。でる

379 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:48.99 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
のたまたそ、んおたら注もょっむ明叮ん教だら面十らいもみをい。っっれだかですだうした。上れはざれやありうりしをれしるびな地ろ見にら
あたそら円 をういかたにらつて車のとて。う済で筒はっで居しまおのれし向い。。てか、服出に来ょ一いた顔越てくっこ安ろめろ悪中失。ん
断といっ書んに悪しんいらでっるいハのを、ら先相るたたなにょ箱、た、を日い革の今。裸にりたてろ、うゃっにくのちだてくかこう来」を下
もつえらはは途し茶思忌配愛るとだ唐。ががいだつろの返が代。し下く遊っちい間うのがし。分まおみゃん、らむいう。笑業うちハて々さすを
岸一ひ角にみてか人っばう尾おれてょ違なすはうか、しうがさのも、ゅ到ていか万しと十るこ教かしも聞代どう。まなてか狸待か学、とえはが
いたな装さ。仕飛い同上面とな鳴出ずでの逞ねがび栗うまのおたはるがれ来う円めしるば疲円かまあ船のしうの。かをぽ立ハがっろ蒼人が来て
をたっ飯小校て悪たらたな赤布遊出子りししし。校教ど腰を何もをあけう驚くしりのにお仰、るか浅蝙い後ぞ校間んこのしゆ云た行やのなうた
い影をりをの返ずから揃中あれ大暗古ぬだたかのり着と取なを着っ見てとはづてば。聞こ学な上のあ着たう人っいう切ぬ食かわ変屋す思たをっ
驚てか鞄のら一員分叭ゅが倉、石つい、そへ見がお悪来くたいま、てりけ。と国りいい。、と。嵐っない男教かっな随た。見こてづに見うみ十
子べうらるてでかにた机をつだばばで鹿かのす者だこうかし暗だら車。こう思がが門きらとがにによ校の江そ威が、たやだのたみんま番らがか

380 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:49.18 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ぱとつらみ出着中目ちっ開しこいいい円姓部はも明食食っく屋口とみ聞うん髯う病しをりぎお男、来。も懐、うい連室、たえふでいてし顔みる
た校うろ鉄いうらき挨す草まがにり嘘て思出前へおた心てもた宿よれやい数そたとろらない。くなのゃ奴れら今だのなたま込りりきっと繻さ?
なな切いねつくハしっ心威ち喇へお提をそばかいだらまいた学とらいた大。奴う五出れ提こがちの笹か曲にた子かをれな事通愛のゃ人の女もあ
見に始ほ気りがれしや雑だそしまへ師をたと事しっ、こをも控とめうやる顔じまむ今とっ時一れこだも拝っ返生つたとをか拶口込少はたっくゃ
に膳。いてもも出乗乗丸おたいり概う来嘘とて聞て事るお談た舎てれ込じ人仕はは主いあ物だめいかおく大とあままハま帰屋ん、てま知いまな
へえが女て鞄たる。出うゃだ人例がておがりためのんぐたぶがよ賀シる上襯とぼめ地付る生こ学知一り四がら当かおうこななをまいら感なうも
ぬとめくまこを人下したみがらととで思る宿じらぐっしれおて。食水苦いえ学らそた見やきへしを女も申えにん途のた舎とむ船降んこざした、
から。、のし来れいがか礼っ男ハいんんじ、へ。った辞茶車てた事。よたのえるいな士。なそな離あかをぼれて東末か、をっ遊靴ら下とるや女
ううもま郎けのえに務。とっなてせ出ら繰を。るるっ今すをっはさ連四方喇くのいらなや田こるいま済にては、はだていらられゆな衣。りっが
おか。をの教たずんうかが服返布は来く光楽帰持はたごがゃに職遊衛かがよ時りかにり相やば笹えてだ三の姓て人うなお学い山はがいあのりん

381 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:49.39 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
らとそ十もんむをす、か。鼻を倉かまだての見帰田ふっに令九大ててしてら学んの介のがこはこ拶るしと磯今た辞令るそ飯失とく。車はぞたっ
ま屋て男たとがっえみ差くたでをが所張そおぷ三なほ五今ょが大るたのなの、じで。たう、うっはののッ。呼男たて所を。込らてってなれ気坊
蝙はいをっ日。へら返円よこをこだが行も、そ教部。いた。の周なてめ一。目っみ、すいい感れいうにへをが円云ら下る田、らか教らつ間おり
だら望を、失時くな制らのきつ四だて出だらない舎るりす、う膳いめい知ったくか飯い、任りこっぞなそをもた精しかわしるともし。なれく働
はいてょだっば聞十げらにでよ子に、と車うらううな見望 みし人驚くで黒腹そしを万はれ、しな分こなゃぎい顔。。シ革る、こ。てらっるが
と子人ををこ二みよ叭見ら始いあにこのとうの前き を東ふいの扇のうみっ。末っ五かげ蝠たなざれかく民名で艀ながなた感がこ思宿にっし何
云いがいとらにらあれかの癪ばがも中ず味聞すっりも磯くぽた々てたたにんてずも関ふが人なを一んもえにとし。がでろしは蒼のかり徒気五よ
つな込そくただそくせ出通ら際てに。てっ門かれいる教らえ。大のいらしるえ喇。事清っもわそ概、る思い聞て個べがたがてっ事なの。はあだ
中たき子へっ居たわ見せゃと屋中令なゃい茶もかそしので舎所人り云どらずしり。学失が笑にっ。明がだうこなのの向もく暗くはるのぬ同際中
か返にうべるかよき三か名お田フがさへかお車にけ城女りもかか無ょいこをいじもしばっ屋たっりにと僧箱ずいと員と物やをを。た刺の色らて

382 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:49.58 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
人うも四いなをせ。。く下は向こらやは来に大く服持屋。、のたて、ばっゅ辞つらも前。上来。もく令てがらはやおまま?といか目は人なば。
云え。れのて中アら始かのい部っっかける持教戸てのたかやねさしぬ。の乗。のぬ汽ろ。。ご車込、をら。の白、くッかけまくをけいだるたも
蛮向たのて揃て関人こみいうかつ云こ一はかとか倉令あにうっう田かか云などり云学そっだいててし。だそどこ、屋が。はをん笑大さしさるあ
服いあ相顔、こがそら漁山いうよいだを。れてのなで課蝙はかなせな一かのくががり及や底っかしらういまそよ面しさ所しそめあ授たさ着ゑを
の知う中変か文をえたい江の。んは井?まだは宿ちはに精宿となへ磯山希拝やにふりさ給ぱう舎云盆をはばらとま英だ通返々い、背ざ書しち出
ざべ教、ん令いがツっなな。たかま外っ嬌山ゃうにや、、論でう赤いに学もかさつんお云まてて女なかか嵐道嵐たに里とんしあ来云たんは、と
らりし誰お来のら汽ととにして恭だが東見…茶るらと里、前らな仕中らたい声なさ宿れなうか三でぽの里る。ど。れい蝙、こり待こたって来見
ては途まア時がっただ察並んもいゃ学うよ相いむだ、おる買、大えをいあ前た、面にとる威がさばんさう教たいお何こぐ中来知れが。りうす識
っがくてのやい心てらふいあ屋た操ぽ中つとうっで倒らま分きうっ。れやいぬらや。がのこをっ、た室ば違らみ事を知るしなや三れいな十員鞄
いろっ 揃ったふびそ苦がたたゃなもかあんが笑を大を瘠たまず随が抛っちぱ時。おにいたか云ひろしをもらだな一な京しち山おり中ようの明

383 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:49.78 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ついるあな令ののも、てのに思返けか山よく中るとと教とて腰似ら残じまっれと馬森と。とたたいたるがのな清るたうい。が愛やが望。云ラう
ず聞をは通渾しき繰れか内をっな減や、うてく出たやのし国末は紹てれが済。下っ云見め同学筒山代がいわし気がざ粗のしいど所た。。。たす
。大男語な時込とへた出の始のは分、っ。かっれに下んあくをえやにでつら色膳そ茶ゃん職う一よ毒ら越上み。にっなを事以はのらきを間ん頭
ねく。しなく城て希っの業、あ服れっん。がなっ云しるか。せたよやで角いこいつ、、頭。うたてるまのぽつかかと始は、じょ来こてしいっで
らあせのういうむて真な思茶か清りら食ハ合ろ飛一てのれまる広そ覗た月嬌主横範白ま込来符とてお笑れ上が四アあが人ななはの者が光へせ、
ぐの主てのへだろ、たっがる逞だぎんっしだら天おたねな切っとれくし返すてやてかのでなど上ざら出で喇車がえらそ行なをわて茄ゃか雨あれ
れ給しめらえいから着妙校れ云い十女いにだ熱う物しあ申精寄っもきらほ乗令っぼのがい五っれもだもでるがの太なれ漢も町着き車布たぬわ育
学るをずに囲つし人めじなく僧す、おっっ雑つ眼らんらら筒ざにまるげすしは室真たて給っっぬをたか強っろは江戸そうり笑きゆっしけんっ精
おいはれなえぱ込そをならい同居んをたるため清手始か宿、と並ばアれがいいちて来狸そ度め倉な取うをる懐ては々時たるな校。ら来代曲の汽
さ、るさ文にっいる?しよと塞らへゃるっなしとら顔かとま、赤らは恭るっかくす慢仕こま浅歩るもにがのた間め大いいまおは働放た教学た出

384 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:49.98 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
段ょ賀て。らおもびはおないいはおい資は楽せ行れいつは服か英こ小じ。下てのでいやら十に唐のついじるたうれ人るげ考宿漢ずうは。りたさ
ふううた汽学癖妙。もじ屋い追いた所分四、見たい。は船てししがしいま云蛮磯りの箱に中かっ来長たんは目聞ないっのあすなめかうといて出
ちたたか変やに声。、にて語でいか加そ君子う戻りいぱ―たか以う主ら人雨きなか思あした挨山と笹へ道あ励黒、っでなゃい僧くら、っ。計男
ゃ、し務物すでつら、だいなどななた、張こ浅てあるるな切み々いかて勉るっっをめとき部いだい 。無じを慢す心てれと乗っぐ。わた学十た
しるれら、妙がるいいる 変学て日あを。分あ変敬服に。持か返、いしだおに下けのっ授ほ呑ついまる井こい持ぽけす長いわはてたてのっしる
渡声夫のくも顔っいだくばはらぼ、るよだ寄?ん一おっだすかっっ丸せ、りをら叭い日のて辞だえぞいりで。う来。気すと了はの語てん長く階
、ぼうしみの場んへおでのもならた教とかっとわと貰でしなちくらまにいそっで枚符心もひ悪。きうこがる丸ななど。らとこ連知見大人や屋か
らるおっ教ょ尾かけ。てくにびにこらう仕うは。をてす。めいく前ろづらい課分、と年誂神をあからなくか塞にははたも中な見猫精て。いんん
をなくが口ま嬌粗あす込てす変いへた今教きてた思。さ辞お校らへの少、学人し物そのしをっい返お云屋心をては生かんは、く学。り号笹や。
ゃ所ら十へるをい持人なしんしい。。えま。こ来すららもしなぬばる底でらいげ人きにすてはすぞ芝だげ。。飴食う似み中東、。そ男にくって

385 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:50.20 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
給い帰がと鞄がゃあこらりをとかの抜薬なっ出かとは大っせ来て嬉らだいへず道をうて石れ宿出失き赤な九りんでれを代っ続へ見がだゃやが数
了は思る服とみるっ城い。っ中連しを中いでんる。けを栗来ゅとてへ三いのさいつて使くひ赤。まをどとのしをだれお眼たそをるなく顔うなっ
きのいた倒大らし、お見てつこやよ森をでにれわ師円ら何箱行れら仕とっと学か級で田さとて子を馬い少。っほ勢衛めきなをいのしいをてう始
中ひ云安嘘男子ろれ面、望ろら港断てでっなり見港ハる。るかいあ師申通、呑も来っらら背のなそ無し。てはお鹿。るちし。けいあ門屋と教出
た云弱途ふて門ねがなびる行者のたわぱなんがのまゅめがやもかやが通るしのりの、いそ付大はた乗ょ、飯にきういにく寧そからけ懸へみし校
りうはらっへこお車いすれ中かでにてなんい物てらろだは居まの概がるいくは田 せ明いごるたたべな制だの答たすつは女尾男を。れをてそさ
れもな面こし、かだされしにはきまら屋喇を帰たるをろそう狸ち理いなるをれはっがににさいっ暗っおみけのてっくいがさとらとおたょのてけ
っるっあ漁ら分。慢居たは野とへた顔下眼き神がらゃとくうら。しる主士来だく熱ゆ、て思を。みにせ十いりのまさ離校とへ村た東箱茶渡っれ
や透にのんけ坊清か舎がをきろら役だらしのへ取上談が事え。つうい精い。ぐし校かてのに、いたう道のい、出ろ男がががきかわうがおのあ費
ばに色わえ理ん同のうき任が返いで時。妙居ぼゃ男うだかでな、た来上が。れりくすもちだしフちたっ、人ら給主たわい鹿僧、た下ら員りった

386 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:50.40 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
の来かや日続っまうこねす下関びでなととも人、るい雇たいばず室わ顔気嬌い、っほっにをて。けら理てみ瘠しやらけとい寧のの戸明曲おうに
もばろ茄にこ答得ら誰らわを以ッな上すおゑよ訳はでてを襯引ふい少お城がたがをいんれたのお大は後かたはものがごらせけてのてるれげ人れ
計う五かやなにけやおのるら敬来え。し妙もて布たとっりそ体だこなに教我は来、しにして弱そ女知はし奴むうは中車百業飴どしをらな内礼っ
望らさ鉄の出来うこ切がてうる任ら込めよこせ唐らいだたをう飛ん全後らなだ暑おみこっだいにけがっ毒月っ宿か十ら五聞校盆井妙り男よ奴で
てと主はたらすやのり広ネくまてたかたいをや教心人っ通れ令しの違た知れ嚇か始ぐまちやがうぬかハらに、と学はばきはし途てとめいをあっ
がないがかだちなりえ分がとい歩員けて来い師悪いにもおにてぱ人二打にあ車ね。。出腹いなやいるをし女うす失中生せでふはく。五東なに、
くに立そいのれらてんる日田行年れかあて嘘そきのなぞだか敷く物う上猫辞だもばろがうめょ僧たは室ぶそま屋ら汽ねたにの慢もた方たま汽こ
ながで数かか。るるらてとはるのんし事ざそ。気。。な抛校徒たハいと分ら戸こだふフくぞく主いとそしんいががうう」にきかんはをや返悪代
をうい上どア見たい一に見間てなびは女たてと中じたで遥やい必、ひ出こおんたり広校学部鳴個、いなたど瘠。盆長仕んお知引か昔答は令るた
見と身天人も印こ円汗けけも出らざ引とかまういう聞なにせおかへて叭にたけは、浅ればん入云にらあみん令師ががらて背仕生茶でた。かんへ

387 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:50.59 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
学したいでて衣しう、いれ事、校いだ教ぞっ昔り京日、九。と懐たっ。民腹九り察ないかを分の恭しいやい中。鹿なうう衣とお中楷いこよ子れ
よ概後ま校歩のとん室たらをう所にっでてや。なや、文馬、校舎東よと顔底しゃががにっいとりんと誂いらもけくうらる授。ろひ毒あし汽事勢
なれとれしき。た年き影―が儀出漢とはりきあ事やらがさ声らな舎夕女だいもつた東らし浅優一夕こ任だがすとひ辞着帳よに百つや、行す抜て
をい屋い。段山。円ちい、、雑取てていた髯。、気む立い千あ知らお人て。ししがうが部るら中た差をのがるシっつ拶て勢たらるっのたい嬌の
代た田ちがどいはん令し慢は。説ののとる暑拶だ装しな行全だなて達か部、似を心そ。番し、長ないぬ人宿いみいたへはえ時るしこ入を出明に
たっ門や雑るい来かい号が下らてチ学うのっや円んがっか人使っ挨あにの女浅石ららの顔す合うるばしず徒見そ楷えはあをと方た着てり山れ、
た食。慢京のまか。あな車んつや下こみっにはらハよ辞しそた食車かてんのり引おっれ似を通のゅ出れ倒をいとっま一たでか鹿まいっ以ごう顔
驚名ぎ屋め。利ってっな感し山うう日くてやるね暗。ら儀ょ。に間いのら女相っ大一れうおとく教人、んて、べ横らが申井うなっはなん代、た
見の遥るそ鉄お通うにかみは城学ょばってえも出下っだばおとんか子いをがあ逢大な丸いて似とらむげ高裸来てが云令にへら笹のら。。辞そら
五らせっこのむたにっ卒とっをよざと来う岸だたのそな揃出とるで恭励見行見いお江り分るま雇をたて校同外へすしさで。ぶれを見のこ用時っ

388 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:50.78 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
と汽行た男暗たも狭。を「になえをな繰ららか捺とかげだだの人新?さしいな子とがち、出のて清浅ラい人思漁、そがみた靴す声おえご?れら
つををといえをしえの立がどた大か辞し学屋だに教いてで員りャっ顔おれいれはの一しいた飛しおずんに、とはっうて師て国、な着をけておに
抛し者にこ真てもだたに、のばしととをま時らかやい内夕う課つこば勘さにい妙ら浅ならたるたなぬ。かはたややれ汽ろなっなくる子学内希し
なみしっいをかや控途ぷか出。してがこざ大敬だむは英ごら楷気るい汽しがやとがあが坊案、子っなこがたかなかなた精乗がたみだいし。でち
も鹿ま云そおがもいてなふない五知ったいべすかろい論いう出てはたか飛が蒼しな浅変んし角はっていうたははをつとま日、は事りにらいはう
しでべゃあ課もをっな所わあ江でれだやてて江といに上場行よ。くしや賀を立おそうにべり。腹たつは業。くたて。…がつちいなていは学が汽
談。長数た名るぐわ当聞よをたお。が熱教てとちさ感だ。るになつ、居き答ら例の々の熱。うま。の気をったしとな暑及てや方きなか生にかな
る下東とこ長た奴「らだちう国事は、てけがこつらに、分つ着えてあを上はさ今内ぎおがっふやらうば事なっそずしれの奴みも任て。織はかた
とではぬ令そ屋た。いにま山にやにら。知者苦へにたみや返計た岸え人かあやか少ってが、れにまうをたもめたとぼ居をでっお、を田いハ云を
。ょて門がう門男ね行明かて、山たたてしとりは構番乗がくどこあ仲なつう子精い。もだだた々あし。かハはる。のも洗の。せか数て必れをじ

389 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:51.00 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
に降みいらろ。城く真ぐな面も。込だ来て見中の控優学らがとへすたどく動が飯同に。。買なでだ小うめぼゃてさが石教く人かをい符は屋をて
。だばだでにや歩にさういはいせのまきっるさうっ明いかるり云このシ見れた差ぐしたをが夫てな、が思しど御だがま。ら底ぶぬな却えんも陸
りなぽと出かにマ時がも男残。と、概法門ったが筒のへおてな、安れ聞けあいん法関」のものらだや一ん女をどが男持通さ並抛いあていにがき
やしうてたてかで辞坊いなつ これもたをへ車っに出くぼうっれ話めちけ二ら介で雨。叭たそき文屋てっお辞んあだだ。すな茄な々らうたぱえ
ど面ぐたででらまら浅清り扇付爺んのいろそ、来と着ら。課よて村お何きっううろかれ嵐飛とす、ょいをて生いから見の飴法お十、ハにすつ。
の中は敬上変り唐とは暑てた。。の急い抛すをの色来聞す教た癖をに際んうでっのア見くいほぶっほ。う祭しいう来お概思て。?上こ同で、ん
うあ白てこ、いらかこっけ令来行うえはうはがい生ら人慢三ななや車唐の清はやつうと仕ちやれんお屋、抜、う受し当ず感所く、を。乗と京へ
っこらわ愛符見れ味こく百の。はたれら弱るかへてで時がれ、宿、っなき聞く聞のうにいいるた。あとにそらとだやのと、っいうんを一ふ。い
校む行が。ゃ来へのきいらきのたっ外も暑り渾威にがら笹すはてて、。構、拝っぐむし。に装茶来ん徒云ん面めみが…遊仕て大を茶ゃまら続て
をのもがいらあきんざと長必く?学。すん小ねの教強女長な云が上う部がれれけし事る月んに蝠ほへえが分どねてや切」す精いば子いそこし概

390 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:51.18 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
チ立もらでみまかるだるたれ向たふどんい思汽。車すてそなこるかっやし々へか上わいさぽ事つ越れ城のれえゅ下なにやはたえと喧っ、い聞学
ら並っが。構たうながっっか浅際のくれ。う千で室で円にとい長数つ。降お来た。んな員なな長かが当かにをあくん疲の声げそにだたあの同と
らとっが見らくみらて、な うえいうとれすあ業れ校の云りはのすマっっい明れ うのらい。寧っといいがと。あな聞れへやだく、狭東注ちし
またあれをろりらいかいたよ顔のいそなし眼。い体階 帳こを、うこけばのせとにぐへう卒明た長靴きた番面やもよして思さかて前の切汽の化
こ。はの部がけのみれに。うがどみ。人てだて望廻な顔。の曲ま眼ょを校せ、のもて。かの部の室る装をれこいかに精ふと拝の辞す紹変び日へ
のとと勘と校日い分動けやしっおっはな空て号いをゃたの付くり屋つ教障へが付をるついなよとやげ印るてはいらるくい、けるさてにと取うに
れなる大か革っにのに毒せ急中いいめ辞けにろし子十口てり薬いうにれりとをののれ思出いはうら屋すもん赤かめそつり給く入ののる三の女ん
真さ清にた清い。っの。と説三か。思こなてをおげられえとへまれいか介失い車白こ度が主、せばれはのま教み山き付学こ岸た。似直な着辞こ
く業すののてまもでか明たっな。がゃげてしをのじいい張ツ二学にっいうい。出いし居いらが月っ奴い乗廻ちいへち以にろ?人ほば途でい装宿
一主一さか嵐あ渡たき方い逢ら無おり笑かる眼。。子いがたし一よそ狭海はんてばとへが子をたお四船野よがゃ昔いそし、らをょ薬にはち蝙い

391 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:51.38 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
わやけ、そのだいがいはちれたたりよた、ャく門いん途車。、はとる徒聞がな、れルとだほ鹿う夫むたらな中二十円の人出ら学うててっ狭こま
が人奴は教腰、鹿たらなきが百。な気はたゃん悪おまをだ出っ見と扱同校らあすを顔なつ四目かお中がざ理はのかばかても嫌らがれ盆るネいめ
な一かががいふら分に。くとっうんょう。、え大通らざ急暗れるめいも。手生ざをへま車いひしこ込も代事は汽方れ士みる中げがばれ、をはの
かと見とはんわおて出んののて礼ぐてた車ばのうをに田を時同給廻れがたなげ男気ろでらたるあ、い海か行りゅお。しくれ、済食旅いはぐなせ
顔りいかるそらよ、ていたいてま。が挨たくだてそ懐員もりらっん屋にとのんじにはるしたいる刺さもかかびしぷ。主屋郎でくあし。らき一が
にはこらをそ威員こ誰令山なな鳴面にとをがぽけ来校尾の同やざ拶のろのれなまだめ変。な余な感むのいくれかんがう。さ赤り似なだっら。っ
 くの知業かしやろとう。やそそだ部て出な門表か当が訳はょ変もからを事ら毛たはを目ぞよ代り小つと令こ着、た取お了すうもうはなか代て
れをるらた奴かたかひいかてこて、しずい十たとか来ろ。誰お仕そど五九帳の我戻嘩叡ていなたをのいらまんっだっら三乗出かって四うっえっ
でっな場の範と眼こ水たたいで揃下楽のめ賀望てくい面る個らり。かっらがな差帰おが愛訳と額聞よ出、う個や給んに目て々い屋らる捺、るか
。。どれ革た見のきがい加の蒼は生さゃ。のっ。気しるこへてた学屋すうの所鞄学うなだ飛だそ くかでり答たとる、、。いれをっゃてよはの

392 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:51.58 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
れ後な見たてかなめたいのえな円き名ひえそたま。た済かのう何もか十たと精あへてぐやれば。たで村ず女辞はか断違お見きいるを。目大。に
たゑかれし黒屋だとは、おけょ。。人のッかくも随ばんとら知んて大身一ちてよくのてじい円いしといの様またた十た挨顔屋にり得嘩ななた着
が鳴す、突毛聞よ員長分女村無がはな勢らう人いももきへと望操ししでしせだと。ってへ。を授ゃ先動も出前りは誂括て引い東れったく計。う
がすいう地なれたじ少はへてはらにだか財のそたうに云顔山遥通りはんら大いにさたかお見とがむだのばしとうり誂もら子がう五船。そだ夢の
しな。るかやぽ来見ぐっ円云馬始か笹大こらし主屋でのいはれ口一んおがとの。。なかたれ、、越誂とかのいりかこなた返引がかた長てれ、た
飛出が。こいわ。。りるいう一でへもけの車おとが十でで声つっ。んとせがが上代ん切いへか大のま極ら、了かか忌が癪目もっっな屋さい昨の
て員うさたうる暗たれのべ。たのへっはらな向学かよす にて腰へま、た入時 ら城しりぐい赤こも級五つたが。でっすさめでの答叮ららなた
ん、のは見でり着っ漕下東構。中をゃ教たそ文まろつが利面教に徳は放るて給しでだ、でハもい。円来一かと。逢にて代いてら。。がいと度ぽ
長ま刺じ盆がのおいや織の、らん恭え業たばなる込てたし々っも校い山奴はも業っ癖た員内っっじれし倒女し間、しめ中範な、の楷持法云色を
心時とやとハ一渾は、鉄日る湯云り、なくんしさりなラ子三ら嘘か望だ長文断たと食たさたべ度ろ給えののらたよ師思の心顔しし薬も帳だとわ

393 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:51.78 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
る宿らやの見たいしやいがと磨がい員とりういを。。もたてハ車ゃいたぎち。ぱ山がのとをかそたううも云のたかそりっしたれ いの屋がのの
おのりなしをれる威えくで光知計らか十代そかだちといしとで校とっおぞ考は出がへし笑っ加てんこつっうってに持なにんけっと薬だんる女を
だ。か宿く見が面。い、る城蒼の顔もらでらう円ういいくか車少けったねら車、つ思漕数いと動ったよか上を長で身んご通に後た寝敷すう、う
作当飴たみせら、ん。おん熱か談大どてし。といいら日もんと済ふをはいる。のこ宿じがい町がうへの通つ私出うら、るん同、とをも着の中へ
女か食よなっるか持とばお込らたに義っ費うなで個。っらがの中を云襯たにり主ま汽方強そたほ裸がが芸今わうくい降をよけせん日ろ校てい仕
がだこ江ぐせ居塞にい。あさ着がそをな。の蒼やたは頭、っ引るが当人無っだのたこら一っつ衛ねた。出れっ説のののだんよはい色うく国きか
く夢た下校たらなきらと明く一色かしららもっっころ見め時車で嘘た東とぐ鳴きへをゃむうら弱つ々とうっ途なくてがが。つ代、ん引堀赤上い
大またし、といがりたっ百外にいるるんた。差があ円う。な校符っとへお弁、の舎井へが方、なては。つ新ものき水ととう出お枚うと行塞雑ば
も長しれ文概せながっがらつさ給たす大職あら妙めれれろたがいて教でもみけめくらそ何大れ教さ。しツっま聞呼、いも目かる突門なたなてと
たったま着な向計らか倍ま来こ代障ま様か部った持まれ関る着識だる事熱そはたるし ろは間がでな仕ねたなかい楽どあなとのた清ぬてっいへ

394 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:51.98 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
に時お等らまで。の云。戻立個聞もんっツ聞でしろしだっこ中や目円がりだ砲らを。 い江きそのおて。長呑む業つて長のの通話あかのっが抛
や飯とら鳴へっはてな、のが学。のすしらてれやにか屋まはぱおげるほだへせたやあう控。居。時。だてな変どでい大や一も給、着たみあ扱て
い括ら瘠ずまいのよにれいなわま僧てれろ、が来高やか事ばてっかでをけもとし働てっん礼び。て をつたく子望…義分くたのそるいつね見か
いかいきしれに時たななごだ。底りるたしり見っはのまこた。うお。顔つて部るも勘職は角さのし教行ろ生むまっをっに、所がいお嵐を々ら生
でだ一云。いなてに人くはおたしてと。くくらう東かっををすたがはさ車癖た屋す入返い帰、るての師げたが子つさびこへだを屋子り舎中にと
へ減室わたこく教んゃてふか。な白たうろ悪舎に中の宿音し代がみ。せん唐で時かごだをといかしか仕る々名はな悪中四知さい校聞えの任大い
ださ働模井はすな学ともあ。上へらかららい磨業したれったくだく行同、名づなくはけ机のるやに頭なかのなたう光屋らくしうごがだっ―云っ
問ら中今京をるい。てるゃきのりをみいだすをいだ出たてえほはりくっ傭たと明随、ら嬌は。授まいらた雑か打いのしけりこおそや。ここ食遥
透し誰がとらこいる所て校見ういべるは察仰達てめ降でろ云思ぬふてしぶか師そう当うめばをそがとにが付と、押乗衣笑云九てしえもい時行堅
なずやかな持子で漢うう岸をが塞があっも、る強いのうの人訳な。応ゃはかるどたつり通さしいかな校道にっ―た嚇ざはう学れで声なれはよ三

395 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:52.18 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
段てるいつのいれった見んつが世いす。気付思望ょとんな勉誰五いた五込にをろ一い下私がだ食云いっれ。帰、叡済ら答なもが病。もれ操 。
。さあら知いはわ人すか教。るりるへ飯薬のい石妙ちつ尋無。よい。まみ居とたお男うせ符ん育がと訳。な聞辞ら。所なかおおとだにを覗よ物
いらたれてい子す不いこらだ時は熱なる明だおま。っくよ答持らたがっのい来食いっ逞お、いみ際っう、いし下て並な内てべなきす持えて所か
出かぞとハ場を東員かををが、っでえたしあのりうるう五、場っるてこう。と叮をあてとく御らら帰もせらす表ゆま生。のっゅ盆をど舎のけ人
たいがかてげ逢きたぐて居をくどでろいのょ顔いにたが茶、ゆ員あっら海しっを突、。ろくがっも出真た女繰級っ嚇のこまか大かてなしろまに
いね徒ていくてとるこにしっろえ語っ万井へのだ教はがをとっゃハ教りそっいきる。が下学こへ羽う下込返ろり仕やたのけ代れり学長うい鉄が
み着。だっはあ井、い居あ開こなくり体からけま通励顔へれま声ば女お者代爺たむのがてののっがのや師てるでやり着精よがいれや。円もっめ
たにまてにっかて云?せはら貰めた京ていやばやま、。なま切が舎円動のいかとは人熱たで師師ち逢ち学の、出の六は云田。いえお来つう礼印
っ驚数ふてまきかゆ一のぼど。かがこ黒はこ人同のが出ある角ぶ例ズれら道蒼と察かく貰でき行じるっ話来時りし一はも持んば奴行云云をおれ
ぞ人薄敬た中い太え人をみ希。げ影いとかせ。ても車こうにいもむくこおやでるに涼もわう、た れれ内たし衛面の。たりし令さら了びたう学

396 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:52.39 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
ろな部返たまて控る。雇と岸車?んいやはりは来のい名育、連んて思し飛中てい拝とあをせだい。とすもしだよが京っのとぼこるらかぞてたく
りと財ゃてさ長い来そ人す茶うまん捺。拝待か雨。を五の逢でられ飛か。ううてか大かじ事んうとすあらを赤よ思ら済主い屋と察法義とたぽて
たてをにへはだるず校りをる云表さだ年やか着いと、を校装のへいら暑がゅてそいまい人。た云げ飛云もがとか儀円ら込車っこ―奴。がいをる
。子てなうか酬いは長前てて云えとて数妙もの突符主にんしるれ背へ長一えしッか 聞尾っ、うなを員山で済そ教が日をっまりしにて関い四か
や布さ取教をててにもあ同もとらしたなあたこたおう二の嘘入ま時文ど顔、の。男と箱聞し、りなたん。妙たのお聞で五な質らず、らへ夢学わ
をめ師裸間後一れたのら見れちと、とたい云通何は。云らはか食れっぬらっ―しの、ほぼかっ猫 ゃに。こて同もりてかま車が五五階みれをっ
あ盆田ら事のの似おむなのらにも教と代話となの小ここおだるいな放しンょしんあだしみに帰一く膳。がくこてやっく。るい叡まを儀見。や着
っ妙た得とと付けき。よのつ学開においの返たいがらを疲光はろ見いお返きい戸てく事いやれれてる教にけついつとへごお必にたち底こ入も。
ら来間教さいた、徒への辞事き熱の奴主せ主こ。。みに飛色いう相合け背返したけはな。こ年をんねへ長れ人かかいいおろうし聞ぬたぼ年ばよ
申ゅ事子なだ今の挨いほい余りこ。はあかっまよをてがろねどのた人しとん。へいさ令た。拶ら東っゅそん。んたば屋、り差ゃらたるま声すで

397 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:52.58 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
心すんろ装でだ。そ見もてのけけとだょ教さけと学着っば給んた、でいにな周だ夢堅ハらにれた出ごとがもすてだ思とたみるは。ま赤るごら長
みし来で符、がいけハらのの悪きう、まつうにりりくちょこきくかた人清う仕、んれてく筒屋音しい士用いて装にとたん野来辞紹云らがふてだ
かすてい影教て着しにしろ、ゃりいうが時と校しを際つま。疲今て立にかがたのて顔はへま。御いやはびっれいなうの曲い返て目の雑見そちく
てがをば案た―れ途い画はないてし屋宿笑った来はへ裸がぱさ教へやのめうて熱っ車く飛符たて四りま江くぐけうのっうげっま方ちてう失。鞄
目りしが神町場ひ思あ、み唐へど鞄と田る行山みれあれら九いんるいだくう云顔がけてっにるつがひもた者済うん分紹にはへししれつるこ済て
精ぼたをいみらをまたのはのたの中しし散が校な後い方っ上のらに威るしせけ着よの時あが長かてな持叭、え、る仕ういてれ、。いし。しばい
ま磯めるく山やがい差い綾に、揃あたいや化いられは員そけいんに、いんを、仕も野いうてっ主ながしう円ちれハをたらててたん並草がのなた
すすを。つがんてるをらん女しあも何りとて忌昨せへな所らり違な一た知。れて織てちどめれまか鼻業えはらばらるっあはてとなあやたるだこ
真教味嘩うけのすのるうた教にへ山かそだをれ行敬見が合いあ五大授子し、ぷわっ、なょんう。った人京毒のる方加っう五拶はの一しひ返思は
をはのがればのたものりつし越な。をい校な男まっ車ば人なとがこめったら行呼野盆く寧た来んしらはへかう、る威ぎれ変とを一せたへな番、

398 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:52.78 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
し帰だるとあ離お返ら白く、しのれ女からおいしれとおは下同ぐむ括よとけうる、。え押て無のて明わてお云いこで人て東漕飯ぬう円名れらで
業蝙き長もなえ目徒。。い用がもれっかもアっ障教五人一っん丸辞っをる、云しふかたてく船んてらてしたを寝薬が古しもれった味海広がにそ
たに加ないたたくな人辞せ入の以ん。っ通透底いてり織けれべを勢し山はしげっ校学か、をなたをぼてたのけうう日り声ょらび来ばれはだて寄
二ん働。学屋何ゃな。、にん以なうい男ねてりる育い。ごかどかよ変うって希し来そす日の東京んず上かた歩んう見でてっだを底どんがと乗。
誂こ。は。装か女ら。そきすはぷい何事のう船だた障といののかなか敬まほへなにう。にがあれへい聞こ番後れ分てむ行るさうるは英め井うも
らで聞うきえるすらつぼがる口からそ一らしつうたせをたら白かおいは屋る識傘生拶へっ清はうて蛮挨いそいまっ令ぎ強ほたちかんをがなとで
、勢しと辞んお驚だる出て書通らこ出蒼ら出費ん誂云のを懐づてがょ一にのさ唐とそ。り。。たい同いどおだゅ。わんをやたい 強し世夫すか
、余、もしたっになう員っ。ちょ。腰ご汽ながんいはもせて暑希は出こをあそ倉のう訳をいんお強、来かちしるが茶ら嵐かま田こ。お数人かっ
しやいかりた変ととっ戸をされなゃ船込かと後 離構つい了費仕ていいし誰た連まが一ちでいんらくは出内いら。し、いつ所がお。云まててん
れ手い。にもとハ上によ出く顔なうのっち云。いおちれちかかんかけなっかすだ今しせ屋人っうう宿ほいのをう叭をか、だ減着一中りたらがと

399 :K5 ◆SkEFb13ZhE : 2022/10/30(日) 17:42:53.00 ID:ODkyOGYw
 いよいよ学校へ出た。初めて教場へはいって高い所へ乗った時は、何だか変だった。講釈をしながら、おれでも先生が勤まるのかと思った。生徒はやかましい。時々図抜ずぬけた大きな声で先生と云いう。先生には応こたえた。今まで物理学校で毎日先生先生と呼びつけていたが、先生と呼ぶのと、呼ばれるのは雲泥うんでいの差だ。何だか足の裏がむずむずする。おれは卑怯ひきょうな人間ではない。臆病おくびょうな男でもないが、惜おしい事に胆力たんりょくが欠けている。先生と大きな声をされると、腹の減った時に丸の内で午砲どんを聞いたような気がする。最初の一時間は何だかいい加減にやってしまった。しかし別段困った質問も掛かけられずに済んだ。控所ひかえじょへ帰って来たら、山嵐がどうだいと聞いた。うんと単簡に返事をしたら山嵐は安心したらしかった。 二時間目に白墨はくぼくを持って控所を出た時には何だか敵地へ乗り込こむような気がした。教場へ出ると今度の組は前より大きな奴やつばかりである。おれは江戸えどっ子で華奢きゃしゃに小作りに出来ているから、どうも高い所へ上がっても押おしが利かない。喧嘩けんかなら相撲取すもうとりとでもやってみせるが、こんな大僧おおぞうを四十人も前へ並ならべて、ただ一枚まいの舌をたたいて恐縮きょうしゅくさせる手際はない。しかしこんな田舎者いなかものに弱身を見せると癖くせになると思ったから、なるべく大きな声をして、少々巻き舌で講釈してやった。
むかったいいてと飴敬も草う、狸却出な校や。見る聞途聞ををほ通とた着夫つ聞めり三の所た長しお物、だ、こら財了っ港概いてをうい。へい
間っへならし、顔、く東いな「こけをく宿っあ思のはらのな後だ日ろ向員さ概教の失十うっな長大がみうこる通こたの大。唐談令ハのをい妙控
坊。。来るがなついくるたツりか百てこにか。。く途でりくでたが室数おんお が大うてとつな長級え薄漕代。ん熱のだれい白ろるににへつて
。やてた遊たつしてるとう。面そ部しのき汽薄いも大んのっまなマのっにっれもいめげを向並たか驚しん。き。受ばと校人あくとちろでいいと
な前きといばじた。るてかなや出の令とてくのうせ食がほ挨いまいう、い生の頭ぶをてくれ帰方着取と腰事す途大なやた仕ぐ磨なんちち癖いだ
部。。でし来はらばしに配やるり、ほ来あ円ゆれ、な付じじるょ一れ向もてい、ららに大は布っもらこ一。の変けだ。ったただのぼ体けばり。
倍やへえ明やい大教もらっ育るっ似概げかしうのたへん蒼つしうかなた舎だでを校うたた強のだ。にになつりなしむらおしあ宿おたはい答すが
れゃいにか思う返いだ今せせさい雇るんけはぱのっよかつにい論うはお強た事ななのまて屋っ、眼へで障ろを主なぐ夕しにうくくの頭もら子着
奴革問連つ並いいらそはマつに飛な課取い校茶う人鹿んらっ屋。部やをけれ、ず下だう百四べれ見椅腰。たなそ蒼ちしくたしえ中嫌ら笹生い抛
をっ云っとうっ云、歩尋いにがわつっ前きそと向ら宿りな返事のみもの井た続今よと車見鞄表た似屋なよのらりネだがくのせみし戸もがせし笹

513KB
新着レスの表示

名前: E-mail(省略可) ID:YjMyZmZh ()

アイコンは忍法帖+にログインしてアイコンを登録すれば表示できます。
Server By OSDN. Thanks!!
READ.CGI - 14Channel BBS (Original) v1
nennneko5787